青と赤の日記帳〜猿江町のBA・FC東京日記

皆に皆、俺の東京!それでいいってことで。 mailto:m_ikeba@yahoo.co.jp

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
.
イメージ 2
.
イメージ 3

【思い通りのドラマが目の前で実現!!大久保嘉人の物語】

サッカーは他のスポーツと一緒で、「筋書きのないドラマ」。東京の試合を見てきて、理想通りに進まない
体験を何度も重ね、優勝を何度も逃してきて(あるいは無関係な場所から眺めてきて)、そのことを肌身に
しみて理解していたつもりだったのですが、この日の川崎戦に関しては例外で、事前にプロットが書きあげ
られていることを先週の大阪で確信していました。

それは「ユニフォームを足蹴にするという暴挙で批判を受けたが、古巣を相手に移籍後
初ゴールを決めてチームを勝利に導き、サポーターの不信を払拭して本当の意味での青赤の仲間、
トーキョーのヨシトになる」というものでした。これ以上大久保のゴールが先延ばしになれば、内外で
大久保への不信感が高まり、期待が高かった分猛烈なバッシングが起こることは容易に予想できました。
本人もチーム、サポーターも、または全てのサッカーファン(とまでは言い過ぎでしょうが)が、稀代の
ストライカー大久保嘉人の物語が台本どおりに実現し、ハッピーエンド(またはスタート)を迎えることを
願い、祈りをささげていたのではないかと思います(東京びいきの言い過ぎです・笑)。

試合前にサポーターが、いつもは歌わないスタジアムソング『スタジアムへいこう』を歌ったのは何かの
示唆だったでしょうか。「うまくいかないことがあっても、ここに来れば大丈夫」という歌詞、「そんなことは
実際にない」と分かった顔をしているサポーターの予想が覆されました。「そうなればいいな」と思っていた
筋書き通りのドラマが、現実のものとして目の前で実現したのでした。まさに魔法のような夜でした。

【ルヴァンカップでのチーム底上げで、攻撃陣が活性化】

試合は苦しかったです。川崎のパス回しの方が一枚上。三人目以降の動きについていけず(もっとも、
これは川崎の選手につきすぎないようにしようという事前の作戦通り?とのことですが)、何度も危ない
シーンを作られました。無失点で持ちこたえたのは、GK林の貢献が大きいです。この無失点を続け
られたからこそ、終盤で得点を重ね、試合を勝ちきることが出来たと思います。

攻撃面では中島翔哉と阿部の先発起用がチームに推進力を与えていたのと、何より・ウ
水曜日のルヴァンカップに続いて、後半途中出場でここ一番のお仕事。鋼のようなボディとしなやかさは
他チームの脅威になること間違いなしです。立石GM曰く「前線の連携が深まるのに時間がかかると
見越して、一人で強力なポイントになれる選手をもう一枚取っておいた」とのことですから、補強のポイント
としてもズバリ的中です。

【ウタカはトーキョーのエンジェル!】

に関してはあらゆるプレーで前線の起点になっていることに加えて、明るい笑顔と性格でチームに
「陽」の気をもたらしている点、またサポーターにもあっという間に愛されている点、とにかくいくつもの
「福」をチームにもたらしているエンジェルになりつつあります。その存在感、かのキング・オブ・トーキョー
ことアマラオを彷彿させるキャラクターです。これで得点王でも取ってくれれば、二代目キング襲名かと
期待が膨らむばかりです。

嘉人がゴールしてウタカが踊る、トーキョー2017モードもいよいよ本領を発揮してきました。ここで中断に
入ってしまうのが残念ですが、中断明けてホーム鳥栖戦、アウェー札幌、そして浦和戦へと続く道のりを、
しっかりと踏み固めて進んでいってほしいです。ここからがまたスタートです。

---
2017年3月18日(土)19時KO 味の素スタジアム
 3−0 
【得点】オウン・ゴール、
【東京】林、室屋・森重・丸山・太田、高萩・橋本・永井・阿部・中島、大久保嘉人
交代は永井→ウタカ、橋本→田邉、中島→徳永

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事