人生楽しく行きましょう!!

歩道のある道路でも、自転車は基本的に車道の左端側を通行。

AK

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

ロシア軍 の AKクリーニングキット

   久々に、AKライフル用のクリーニングキットを入手しました。
       銃床へ収納されるので、コンパクトな作りです。
イメージ 1
             輸入元が云うにはロシア軍放出との事だったので、ロシア軍の
             なんでしょうネ〜
 
イメージ 2
  中身は↑こんな感じです。                       Russian AK CLEANING KIT
  左から、ケースと蓋・ピンポンチ(下)・トリガーアッセンブリーピン(上)
  ブラシ・ジャグツール・コンビネーションツールと他共産圏のキットとほぼ同じ
  内容です。
 
           ただ、今迄入手したキットのジャグツールは一体成型だったのですが
イメージ 4
           この固体は、黄色い部分から上が別パーツで、クルクル回るんですヨ!!
           この方が、布を巻く時などは楽ですネ〜
 
 
そうそう、キットケースからツールを出したのは良かったのですが、いざ収納する時に 入れ方で迷う時って有りますよネ〜!?
適当に入れると、一部ツールが入らなかったり、中でカタカタ音がしたりするんですヨ〜(笑)
 
と云う事で、収納方法を調べてみたら(正式かどうかは不明ですが)、次のように各ツールを入れてましたゼ〜
イメージ 5
                まず、ケースですが 側面に丸い穴が2つ開いてます。
                大きいの(左)と小さいの(右)が有り
     小さい穴の方を上向きにします。↓
イメージ 6
 
 
      次に各ツールの収納。
      初めに、ジャグツールを入れます。
イメージ 7
 
 
     次に、ジャグツールの右側へブラシを入れます。
イメージ 8
 
 
        その次に、トリガーアッセンブリーピンが有る場合には
        ジャグとブラシの上に乗せケース下部に落とします。
イメージ 9
 
 
      そして、トリガーアッセンブリーピンを入れた同じ位置に
      コンビネーションツールをサイトツールが上になるようにして入れます。
イメージ 10
 
 
      最後に、ピンポンチをジャグとブラシの間に細い方を下にして
      入れて終わりです。
イメージ 11
 
 
         上から見て、↓のようになってればOKです。
イメージ 3
         蓋を閉めたら、収納完了ですゼ〜!!
 
電動ガンやガスガンには直接関係無いものですが、AKマニアだったら持っていたいアイテムの一つですネ〜

この記事に

開く コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

モシン・ナガン ライフル用 スリング

ZETA-LAB製のエアコキ モシン・ナガン カービン M1891/44に装着するために、ソ連軍・実物のスリングを入手しましたゼ!!
 
そこで、エアコキ・ガンに付属していた ZETA-LAB製レプリカ・スリングと実物のスリングを、比較してみました。
 
イメージ 1
こちらは、実物。
 
イメージ 2
ZETA-LAB製レプリカ
 
パッと見、レプリカも実物と思う位 良い出来ですネ!?
しかしながら、細かく見て行くと・・・やっぱり違いますヨ〜
 
イメージ 3
スリングに縫われてる革ですが、実物は太めの糸で丁寧に縫いこまれてますが
レプリカは、イマイチ頼りない雑な縫い方に見えます。
 
イメージ 4
金具の比較。 実物は艶消し処理されてますが、レプリカは銀ピカ・テカテカ仕様。それに ZETA-LAB製の金具は角がカクカクしてます。
 
イメージ 5
スリング付属の革ストラップ。 レプリカの金具はこちらもテカテカ仕様、実物よりも若干長めで 穴の位置にも違いが見られます。
イメージ 6
こちらは革ストラップの裏側。 実物にはスタンプらしきものが押されてます。
革の折り返しを止めるカシメの取り付け位置に違いがあり、レプリカは裏が荒れていて安ポイ革が使われてるのが分かります。
 
 
イメージ 7
革ループの比較。レプリカも良い出来ですが、実物とは逆に付けられてます。
 
イメージ 8
スリング本体生地の比較。 レプリカも実物の質感を良く再現してますが、少々固めな感じです(これは使っていれば、柔らかくなるかナ!?)。
 
イメージ 9
実物には、↑このようにスリング本体へスタンプが押されてますが、レプリカには入ってません。
 
細かくみると、違いはありますが 実物に拘わらなければ、レプリカ・スリングも良い出来だと思います。
 

この記事に

開く コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

モシン・ナガン ライフル用 クリーニングキット

モシン・ナガン ライフル用のクリーニングキットが到着。
 
麻布製ポーチに入ってます。
イメージ 1
 
開封してみると、紙に包まれたツール類が入ってます。
イメージ 2
 
紙包みを開けると・・・ツールが出て来ました!!
イメージ 7
 
☆同梱ツール
Combination Tool (コンビネーションツール)-整備時に必要なマイナスドライバーやスパナなどが装備されてます。
イメージ 8
   こちらは反対側
イメージ 9
 
Brush (ナイロン・ブラシ)-バレル内の汚れ落とし用ブラシ
イメージ 10
 
Jag Tool (ジャグ・ツール)-ギザギザの部分に布やペーパーを巻きつけバレル内を拭き上げる時に使用。
イメージ 11
 
Punch (ピンポンチ兼クリーニングロッドハンドル)
イメージ 12
 
Crown cap (クラウン・キャップ)-バレル掃除時にロッドを通して銃口に装着。
イメージ 13
 
Rod Conector (ロッド・コネクター) - クリーニングロッドの端に取り付け、握り用にパンチを装着する時のコネクター。 
イメージ 14
 
下記が、バレル掃除パーツを組み合わせた時のイメージ。
(クリーニングロッドは、ライフル本体に付属してるのを使います)
イメージ 3
これをライフルの銃口に突っ込んで、シャカシャカするとバレル内が綺麗に!?なります(笑)
 
 
メンテナンス時は、オイルも必要という事で
ソ連軍 鉄製 シングル オイルボトル です。
古いタイプですが、モシンナガン ライフルだけでなく、SKS や AK47 AKM 初期頃までの整備時に 使われたようですネ〜
イメージ 4
イジェフスク造兵廠(イズマッシュ)のマーク入りですヨ!!
イメージ 5
キャップを開けると、こんな感じです。
 今だったら、ボトルにアマニ油などを入れて 長物の木製ストック処理に使っても良いかもしれませんネ〜
 
 
 
エアガンには使えないですが、コレクションとしては欲しい一品ですナ!?
イメージ 6
 

この記事に

開く コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

AK ライフル用 スリング

ポーランド軍のAKライフル用スリングが、届きました。
イメージ 1
薄いグリーン色のナイロン製、金具は艶消しシルバー。 特に印字は入ってません。
 
序でに他のAKスリングも紹介。
イメージ 2
ロシア軍のAKライフル用スリング。
黄土色したコットン製、金具部分は反射防止の為かOD塗料にて塗装されてます。
イメージ 3
裏には印字が入ってます。ロシア文字?か何かで不明ですが、1976年製のようです。
 
イメージ 4
中国人民解放軍の五六式自動歩槍(AKライフル)用のスリング。
他国と違って、先端が金具でなく革タブで装着させるので、ライフル携行時のガチャガチャ音が鳴り難いようですネ!?
 
あと、特別参加 !?の東京マルイ製のAK用スリング。
イメージ 5
よく、ロシア軍のスリングと似ていて見分けが付かないと云われてるので、比較してみました。
イメージ 6
先端部・良く似てますが、フックが付いている“Dリング”の形状に違いがあります。
また、スリング本体の生地にも 違いが見られます。実物は目が細かく固めのコットン製ですが、マルイの方は目が粗く 柔らかめで ズボンのベルトに使かわれているような生地です。
 
イメージ 7
スリングを重ねてみた所、実物の方が幅が若干広いです。
 
イメージ 8
コキ(金具)の大きさに違いが見られます。 マルイ製の方はスリングが細めのためか太くて縦長、何となく 人民解放軍の“五六式自動歩槍”スリングで使われてるコキに似てますネ?
折り返しの縫い箇所もマルイの方が長めになってます。
 
イメージ 9
スリングに付いてる、革輪。 実物は細身ながらもしっかりした作りです、マルイ製は太めの革が使われていて、少々安っぽい作りです。
 
 
パッと見は確かに似てますが、こうして並べてみると やはり違いがハッキリしますナ〜
 
 
 
※おまけ- 最後に各スリング・先端部の比較です。
イメージ 10
 
他にも、東ドイツ軍・ブルガリア軍・ルーマニア軍のスリングもあるのですが、また次回?という事で。

この記事に

開く コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック

ポーランド軍 AK 用 クリーニングキット

ブルガリア軍に続いて、ポーランド軍のAK用クリーニング・キットを入手。
イメージ 1
                                                                                                      Polish ak 7.62 cleaning kit
 
イメージ 4
 
イメージ 5
中身は、こんな感じ。
他国のキットとそんな変わりはありませんが、工具類の色がシルバー系です。
 
イメージ 6
    Nylon Brush − ブラシは、AK47 や AKM などの 7.62mm用なので
                               太めに出来てます。
                               ライフル付属のクリーニングロッドに着けて使用。
イメージ 7
    Jag Tool - これは、布などを先端に巻きつけ クリーニングロッドに
                        着けて バレル内を掃除します。
 
イメージ 8
     Punch Tool - ピンポンチ。 ライフル本体の分解やシリンダー整備時に
                             使用。
 
イメージ 9
     Combination Tool - マイナスドライバーとフロントポストの調整工具。
                      横のくぼみは、バレルふきあげ用工具をロッドへ
                                        装着する時と外す時に使用。
 
イメージ 10
     ライフル・トリガーピンのスペアらしいけど、詳細不明。
 
イメージ 11
    キット収納具の蓋。バレル掃除時にマズルへ装着します。
イメージ 2
     クリーニング・ロッドが太い為か、AK74用に比べ 穴も大きめ。
 
イメージ 3
 
工具類は似ていても、収納ケースが 国によって色や形がちょっと
違ってたりするんで クリーニングキットだけ収集しても面白いですヨ〜

この記事に

開く コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事