ハクナマタタ☆☆

あけましておめでとうございます。2012年 素敵な一年になりますように。

お正月 2012

あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします。
 
 
定型文のようなありきたりな新年のご挨拶。
 
こういうありきたりなことって、その「時」を感じるのにとっても大切な役割があるんだな〜と思った今年のお正月。
 
冷たい静かな空気の中、ご〜んと空にも心にも響く除夜の鐘。
大して楽しくないけど見ちゃう紅白歌合戦。
私の中でははずせない「行く年来る年」。
ピンっと張り詰めた元旦の朝の空気。
正月しかたべない、おせち料理とお雑煮。
やったら太い元旦の朝刊。
年賀状。
人いっぱいの中、並んで参る初詣。
スペシャルばかりで楽しくない正月テレビ。
などなどなど。。。
 
これぞ日本の正月〜って思い噛み締めながら、エルサルバドルでの年末年始を思い返した。
 
海に上る初日の出を見て、ボディーボードして、プールで遊んで、ハンモックで寝たり、本を読んだり自由に過ごした昨年の1月1日。
 
ふと感じた。エルサルバドルでの1月1日はお正月とはちょっとちがう。単なる1月1日。今年日本での1月1日はまさにお正月。上手く表現できないんだけど。。。
 
大晦日、お正月、元旦って日本を表す日本独特の響きと雰囲気があるんだなと。
やっぱり私にはこの「お正月」が1年の区切りとしてはしっくりするな〜と。
やっぱり日本人なんだなと思った。
 
そして、年末年始6日間をゆっくり家族と過ごしたのはいつ以来だろうと思うくらい久しぶり。
満喫。満足。ただ…
「一年の計は元旦にあり」
っという言葉を聞いたことがあるが、それがホントなら大変だ!!
究極にダラダラしてしまった。昼夜逆転。食っちゃ寝生活。
 
何はともあれ、2012年は「自分の目標・目的を明確にする」ことを目標にしていこうと思います。
今は宙に浮いている感じなので…
 
さて、どんな1年になることやら☆彡楽しみ♪
 
昨年の初日の出。今年は…夕日同様見ていません。。。。。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

大晦日 2011

きづけば、2011年も残すことあと1時間…
 
エルサルバドルから帰国して何気に3ヶ月。ヒイ〜
ニート生活満喫させてもらってます。
旅行したり、岩手にボランティア行かせてもらったり。テニスはじめてみたり。
 
この3ヶ月もこの1年も、早いような長かったような。
 
時の過ぎる感覚って不思議で、今の時点で時の経過を考えると早く感じるけど、1つ1つ振り返ってみると長い。いろんなことあったな〜って。
 
去年の年越しは〜、海でボディーボードをして海に沈む夕日を眺め、路上ディスコに行ったりしつつ、ハンモックで波音聴きながら過ごしてたっけ。日本製のカップそばをみんなでまわし食べして、心の底から美味しいって言ってたような。
今思い返すと、今とかけ離れすぎてて、たった1年前のこととは思えない。
 
今年は、掃除をして、年越しそばの夕食を家族と食べて、紅白歌合戦を見ながら久々のブログを書いてみたりしている。
机の上にはみかん。
 
特に予定ないのに「紅白歌合戦」を見ない選択はないし、だからといってのんびりじっくり見るほどでもない。
なんてったてほとんどの歌を知らないし、そのためか昔ほど歌を聞きながら今年一年をしみじみ思い返すことができない。だからといってエルサルバドルで毎日聞いてたノリノリの音楽を聴くのもちょっと違う。
 
なんだか、この時間の経過が日本の年越しな気がしないでもない。
 
エルサルバドルで9ヶ月、日本で3ヶ月過ごした2011年。
 
いろんなことがありすぎて、盛りだくさん。
 
心の底から、幸せだ。もういやだ。ありがたい。さびしい。たのしい。って思うことが多かったように思う。
 
エルサルバドルで支えてくれた人。日本で応援してくれ、帰国してからもあったかく受け入れてくれる人。
みんなありがとう。ムチシマス グラシアス。
 
良いこと悪いこと含めて、いい一年だった。
そう思える乗って周りの人のお陰だろう。
 
2012年。自分がどんな風に過ごしていくのか想像もできないけど、きっといい年になる。
 
誰もがきっといい年になる。
 
ではでは良いお年を〜
来年もよろしくお願いします。
 
 
 2010年去年の大晦日。海に沈む夕日。 最近、夕日をゆっくり眺めていないなあ〜
イメージ 1
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

青年海外協力隊の2年の任期が終了し、エルサルバドルから日本に帰国して、気づけば3週間が経ちました。

遅くなりましたが、無事に帰国していますhttp://img.mixi.net/img/emoji/50.gif

とにかく生きて帰れってこれたこと、2年の任期を全うできたこと、エルサルバドルを好きになって帰ってこれたことに感謝。

こうやって感謝できるのは応援してくれたたくさんの人、私とかかわったたくさんの人のおかげhttp://img.mixi.net/img/emoji/66.gif
ありがとうございました。

エルサルバドルでの2年間http://img.mixi.net/img/emoji/106.gifほ〜んといろんなことがありました。

納得しがたいこと、理解できないこと、悲しいこと、怒りをどこにぶつけたらいいのかわからないこと、ふがいないこと、くやしいこともいっぱい。
でも、うれしいこと、ありがたいこと、幸せを感じたこともいっぱいあって、濃い〜2年だったことは間違いない。

自分が何ができたか、JICAのボランティア派遣の目的を担えた?か、自分の目標を果たせたか?良いのか悪いのかはさておき、すべての経験が出来事が自分にとって大切な経験で良い思い出になったことは確か。

9月25日にエルサルバドルを発ち、9月27日15時前に日本に到着してから今日まで、エルサルバドルのことを考えなかった日は一度もない。
はっきり言って、エルサルシックhttp://img.mixi.net/img/emoji/56.gif
でも、日本で過ごす時間も心地いい。

そして、毎日いろんなことが新鮮。

日本ってやっぱりすごい〜って思うこといっぱい。でも、なんかさみしい、怖いって思うこともいっぱい。

どこにもいいとこと悪いとこがある。見方を変えればいろんなとらえ方ができる。よく聞く言葉。
まさにその通りhttp://img.mixi.net/img/emoji/76.gif

トイレで用を済ました後、使用済みティッシュの捨て先に戸惑うことはもうなくなりました。(エルサルでは詰まるのでごみ箱に捨てていた。)
でも、まだ日本社会に適応できてないって思うこともいっぱい。
実際、日本社会に適応するってどんな感じだろ?よくわかんない。
無理せず、生きにくくない程度に適応をしていこうと思いますhttp://img.mixi.net/img/emoji/205.gif

そして、やっと携帯電話の契約をしました。

エルサルバドルにいるときには日本に帰ったらすぐにでも手に入れよう、持たなきゃだめって思っていた携帯電話。
が。。。この3週間、携帯電話を持たずに過ごしていましたhttp://img.mixi.net/img/emoji/74.gif
携帯がない生活…、予想に反し快適で、そこまで不自由感じなかった。

でも、いろんな場所で場面で、
他人「携帯電話番号を教えてください」
自分「持ってないです」
他人「ええっ....」
っていうやり取り…、何となく感じる周囲からのプレッシャー、親からいい加減持ちなさい。と言われたこともあり、重い腰を上げ契約してきました。

これから、頑張って使いこなしていこうと思います。そして、携帯電話に振り回されないようにしていこうとも思います。

これから、しばらくニートです。
会えるのを楽しみにしています。よろしくお願いします。

エルサルを経つ瞬間…                        日本で出会ったエルサルの国旗と民族衣装☆
イメージ 1イメージ 2

この記事に

開く コメント(4)

保存したままだった過去の日記http://img.mixi.net/img/emoji/44.gif

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お兄ちゃんがエルサルバドルに来てくれたら絶対に連れて行こうと思っていた場所が2か所http://img.mixi.net/img/emoji/67.gif

赴任時に1か月間ホームステイをしながら語学研修を受けていた「スチトト」って町と、任地近くの落ち着く場所http://img.mixi.net/img/emoji/233.gif大好きな海の「エルエスピーノ」http://img.mixi.net/img/emoji/49.gif
スチトトの中心にある教会                   エルエスピーノのどこまでも続く砂浜
イメージ 1イメージ 2

 
いきなり私の任地はちょっと体への刺激が強すぎるから、比較的涼しくって、エルサルの中ではまだ観光地化されている場所がいいと判断して、4月22日エルサルバドルに到着して最初の目的地は「スチトト」http://img.mixi.net/img/emoji/72.gif

4月22日はイエスキリストが亡くなった日で、どの家庭も家先に祭壇?みたいなのを設け、きれいに飾り、道には米屑とかで絵が描かれていたり、教会は町中を行列で練り歩く行事があったりとにぎやか。
せっかくタイミングがあったキリスト教の行事を見たり、語学学校に行ったり、町中をうろうろ散策して、私のホームステイ先だったお家へ。
イメージ 5イメージ 6
 

 イメージ 7
 
同い年でほんとに優しく「Hermanita~(姉妹)」って呼んでくれる娘と、いつも大きな体で包み込んでくれるお母さんと、優しく見守ってくれてる感じのお父さんが大歓迎でお兄ちゃんと私を迎えてくれた。       
ほんと、いつ行っても落ち着く場所〜http://img.mixi.net/img/emoji/61.gif

そして、エルサルの名物料理の「ププサ」づくりhttp://img.mixi.net/img/emoji/20.gif
お兄ちゃんは喜んで作って、絶賛して食べてくれた。


そして、「エルエスピーノ」http://img.mixi.net/img/emoji/226.gif
活動先の保健所の看護長、カウンターパートの一家が連れてってくれた。

ハンモックでのんびりしたり、火を起こして網で焼いたバーベキュー昼食を食べたり、ココナッツ狩りに行ったり、砂浜を歩く牛に興奮して写真撮ったり、ちびっこと荒波の海で遊んだり…http://img.mixi.net/img/emoji/209.gif
イメージ 3
イメージ 4
 
衛生的に??ってなってたけど楽しんでくれたようで一安心。
連れてってくれた看護長一家もいろんなことお兄ちゃんに知ってほしくてテンション高めでいろんなこと勧めて、食べさせて、話してたhttp://img.mixi.net/img/emoji/72.gif

お兄ちゃんに紹介したい場所と人々。つまり、私が行きたくって一緒に過ごしたい人。
一番楽しんでたのはきっと私。

観光地的なものはあんまりないエルサルバドル。
100万人当たりの殺人件数世界第一位http://img.mixi.net/img/emoji/246.gif
でもいいとこだよhttp://img.mixi.net/img/emoji/72.gif

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

小学校で日本紹介

基本的に日記はワードに書いてから貼り付けてる私。
なぜかって??
ネット環境はあるけど、かなり不安定。
つまり、何度かせっかく書いた日記が消えるというどこにぶつけたらいいかわからないイライラを経験して得た対策http://img.mixi.net/img/emoji/67.gif
ただ…、何件か保存したままの日記が…

ちょっと前の記事載せますが、気になさらず…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本から家族や友達が遊びに来てくれたら、首都と地方都市、そしてUrbanoと呼ばれる私も住んで生活している各町の中心部だけでなく、Cantónと呼ばれる田舎の地域もぜひ見てもらわなきゃと思っていたhttp://img.mixi.net/img/emoji/67.gif

エルサルバドルをより知るために。

どこの途上国もだろうけど、なんてたって格差がすごい。

土埃舞う未舗装な道、今にも崩れそうなキャンプよりもひどいと思ってしまいそうな家。粗末なトイレhttp://img.mixi.net/img/emoji/54.gif
これだけ書くと最低な場所だけど、舗装されていない緑が生い茂る土の道。牛のいる畑の景色。山の景色。私的には結構好きな景色に出会えるCantón。

どうせならかわいい子供たちと触れ合ってほしい。そして、子供たちには日本というか異文化をちょっと感じてもらえたらと思って、よく活動に行かせてもらっているCantónの学校へお兄ちゃんとhttp://img.mixi.net/img/emoji/80.gif

いつもは衛生教育関連で行っているけど今回はそういうことはなにもせず、お遊びで。
前から折り紙教えてって言われてたから校長先生ともすんなり話もまとまった。

対象は5・6年生。でも、なぜか校長をはじめすべての先生(って言っても4人)が参加してたため、他学年の授業はなく、その子供たちは教室に閉じ込められていたため教室は動物園状態http://img.mixi.net/img/emoji/206.gif

日本の新聞紙で兜を折ったり、自分の名前を日本語で書いたり、折り紙で花を折ったりhttp://img.mixi.net/img/emoji/66.gif

先生も含め作り終えた兜をかぶりながら花の作成中☆    お兄ちゃんも子供たちと折り紙
イメージ 1
イメージ 2
 
おにいちゃん、子供たちともに最初はどうしようかなって雰囲気だったけど、お互い言語的コミニケーションは無理だけどしっかり意志疎通をしている姿をみるとなんだか世界は一つ〜なんて思ってみたりhttp://img.mixi.net/img/emoji/205.gif

子供たちも先生たちもお兄ちゃんもみんな楽しんでくれたようで、私もとっても楽しかった。子供も先生もまた来てねって言ってくれるとうれしくなるhttp://img.mixi.net/img/emoji/61.gif
イメージ 3
イメージ 4
 
スペイン語はさっぱりのお兄ちゃんと、あやしいスペイン語を理解してと訴えながらしゃべる私。

子供たちの適応能力は高いなあ〜。
 
イメージ 5

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事