毎日ヶ春新聞

9月20日から青森で過ごしていますが、とにかく空気のきれいさにマイッタ!毎日深呼吸してます。

全体表示

[ リスト ]

厳冬の青森へ雪かき帰省(その10;谷地温泉へ)

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/d4/c0/mainichigaharu/folder/445337/img_445337_64802704_0?1330356483 ▲JR東北バスは蔦温泉バス停で10分休憩。また雪が深くなったみたい。

 2012年1月31日、谷地温泉へ。

 十和田湖温泉郷バス停で無事「おいらせ93号」から「みずうみ705号」への乗り継ぎに成功し、国道103号線へ入って北を目指します。

 十和田湖温泉郷を出ると次の停車バス停は蔦温泉。3日前に来たばかりですが、たった3日間でますます雪が増えたような気がします。

 蔦温泉には15時頃着いて、15:10の発車時間まで10分ほど停車時間があります。このバスで青森駅まで行くとすると冬季の東八甲田ルートであと3時間もかかるので、蔦温泉の売店で飲み物などを調達することができ重宝します。

 蔦温泉の敷地内にはもう一台バスがいました。またも「はやぶさ」カラーの新車です。青森駅発十和田湖行きの「みずうみ702号」ですね。乗客が乗っているかどうか見忘れましたが、蔦温泉での停車時間を終えて、ゆっくりと発車していきました。

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/d4/c0/mainichigaharu/folder/445337/img_445337_64802704_1?1330356483 蔦温泉でバスの行違い。

 こちらも15:10に蔦温泉を発車です。

 蔦温泉を出ると、約12分で谷地温泉バス停。我々はここで下車です。もはや道の両側の雪は壁のように高くなり、バスの車高の半分よりは高く積もっています。しかもふわふわの新雪。新雪の雪壁は美しいですが、しかしやはり寒い!

 道はここで二手に分かれていて、今しばらく西へ向かうのが国道103号線、それから分かれて東へ向かうのが国道394号線です。国道103号線は笠松峠を越えて八甲田を南から西側を回り込み、城ヶ倉温泉、酸ヶ湯温泉、八甲田ロープウエー駅、雲谷スキー場などを通って青森市内へと入る道。国道394号線はそのまま行けば七戸十和田駅へ抜ける道で、途中から県道40号線へ入って田代平、八甲田温泉、雪中行軍後藤伍長像を経由して萱野茶屋の手前で国道103号線に合流できます。

 国道103号線はこの谷地温泉ゲートから酸ヶ湯温泉ゲートまで冬期間通行止めになるため、路線バスも国道394号線から県道40号線を経由して国道103号線に合流する東八甲田ルートをとります。東八甲田ルートは冬季は夜間のみ通行止めです。

 そんなわけで、我々が降りたバス「みずうみ705号」も、大きく右にハンドルを切って、国道394号線へと入り、雪の中へと姿を消していきました……

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/d4/c0/mainichigaharu/folder/445337/img_445337_64802704_2?1330356483 谷地温泉バス停到着。

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/d4/c0/mainichigaharu/folder/445337/img_445337_64802704_3?1330356483 右に大きく車を回し、

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/d4/c0/mainichigaharu/folder/445337/img_445337_64802704_4?1330356483 国道394号線へとサヨウナラ。

 さて、取り残されました。バスの去った道にはただひたすらに雪が積もり、道の両脇には雪壁がそそり立ちます。物音一つない静けさだけがそこに残り、しんしんと雪が降っています。

 そんな深い雪の中に埋もれながら立っている看板を見つけました。谷地温泉の看板です。ゲートが閉ざされている国道103号線でもなく、バスが走り去った国道394号線でもなく、もう一本、除雪がされている道がありました。ここを歩いて行った先に、谷地温泉があるらしい。こんなところで遭難したくないな……とちょっと不安な思いを抱きながら、その道を歩き始めたのでした。

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/d4/c0/mainichigaharu/folder/445337/img_445337_64802704_5?1330356483 バス去ってあとは雪だけ。

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/d4/c0/mainichigaharu/folder/445337/img_445337_64802704_6?1330356483 ▲雪に埋もれるように谷地温泉の看板。ここからまた歩かねばならないようだ。


 

閉じる コメント(2)

顔アイコン

バスが去った雪道、、、こんなに寂しい風景だったのかと改めて思いました。
また、真夏のパプアでこの画像を見ると、一段と寒そうに見えます。 削除

2012/3/9(金) 午後 7:38 [ パプ本 ]

顔アイコン

パプ本先生>真夏のパプア、さぞや蒸し暑いことでしょう。青森の冬景色の写真を眺めて少しでも涼しくなってください!
これだけ雪が降った青森にもようやく春が近づいてきているようです。青森市内の積雪は3月24日午後4時現在78cmにまで減りました。道路はもうアスファルトの路面が出ていると思います。冬期間封鎖になっていた八甲田十和田ゴールドラインも4月1日の開通目指して現在除雪が進められています。春はもうすぐそこですよ(^^)。

2012/3/24(土) 午後 5:16 mainichigaharu

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

よしもとタレントがコンテストに挑戦
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事