七歩吟

ふえいすぶっくもハジメマシタ・・・あきらかに暴走です・・・

全体表示

[ リスト ]

三国時代の食べ物について少し書きましたが、「演義」や「通話」・「野史集」などから
食べ物にまつわるエピソードです。

「呂布」さんに追われたときの「劉備」さん、とある村に落ちのびた時のこと。
「劉安」という村人の家に一夜の宿をかりた。
「劉安」さんは「劉備」さんを誠意いっぱいもてなそうとしたが食べるものがない。
 そこで「劉安」さんはなんと妻を殺し、その腿の肉を料理して供した。
「劉備」さんは肉料理に大変喜び「珍しい肉のようだが、何の肉か?」とたずねたところ、
「劉安」さんは「狼の肉です」と答えた。
 翌日、妻の肉を供したことを知った「劉備」さんはまたまた感激し「劉安」さんに同道を求めたが、
 老いた母がいると「劉安」さんは断った。

ここでのお肉の料理法はおそらく羹(あつもの;肉入りスープ)であると思われます。
そして狼の肉は珍しいものということもわかります。

驚くべきは「劉備」さん。
「よくも人肉をたべさせたな!」と怒るどころかその忠義心に重きをおいたことでしょう。
ここら辺は日本人の感覚とはかなりギャップがあり、横山光輝先生も『 このエピソードは漫画にしなかった 』と、
後のインタビューでおっしゃられていました。

教訓

英雄になるには・・・




好き嫌いはダメ!
                         なのですね・・・・

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

日本人には理解不能・・・

2005/12/26(月) 午後 2:41 hir**i1974 返信する

顔アイコン

日本人には理解不能・・・

2005/12/26(月) 午後 2:41 hir**i1974 返信する

>Thumbling谷川さん、コメントありがとうございます。いくら忠誠をあらわすといっても人肉はちょっと・・・。怒らない「劉備」さんにもびっくりですが。

2005/12/27(火) 午後 10:21 まこっち 返信する

(≧▽≦;)あちゃ〜好き嫌い無くさないと(汗)

2006/1/17(火) 午後 4:07 [ lov**dead_b*ar2*0* ] 返信する

まあちゃんさん、過去記事へのコメントありがとうございます。そ〜です、ヒーロー・ヒロインになるには好き嫌いはだめですよ〜。

2006/1/18(水) 午後 8:33 まこっち 返信する

顔アイコン

お久しぶりです。訪問ありがとうございます。中世まで中国では立派なタンパク源で、お店で堂々と取引されていた様です。戦場の籠城で食料が尽きた時、人々はお互いの子供を交換して殺して食べたそうです。(平和な世の中で良かったです)

2006/1/22(日) 午前 10:41 [ センターりばー ] 返信する

>センターりばーさん、おひさしぶりです。私も「史記」などで、籠城したときに他人と子供を交換して殺して食べた話を読みました。いつの時代も戦争の犠牲になるのは庶民、とりわけ子供・女性・お年寄りです。

2006/1/22(日) 午後 8:15 まこっち 返信する

顔アイコン

演義や雑技、京劇関係、江戸大衆文学から架空の話が出来上がったことも忘れてはいけない。劉安とは架空の人物で、前漢の紀元前170年頃の皇帝の劉安とはまったく関係がない。 削除

2010/10/15(金) 午後 0:19 [ ときお ] 返信する

顔アイコン

とにかく架空の話であることは確かなようです。昔から、資料がほとんどないので日本で小説が書かれる時点で試行錯誤な仕事なはず。架空の話が大半である。登場人物が話したであろうセリフはほとんど創作であるはず。正史には人物の伝記として少しだけ記載があるだけにとどまっている。江戸の大衆文学的で昔ながらの「てやんでぃ!」を連呼する自分の悪事を隠したがる庶民的な江戸っ子が好んだ話が多いといえるのではないかと考えられる。 削除

2010/10/15(金) 午後 0:31 [ のりお ] 返信する

ときおさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり件の「劉安」さんは、架空の人物ですし、皇帝の「劉安」とも関係がありません。
誤解されたかたがいらっしゃったらごめんなさい。
横光先生の「三国志」では取り上げられなかったのは、日本とかの国との価値観の違いが大きいからと聞き及び、このエピソードを紹介した次第です。
今後もご指導くださいませ。

2010/10/16(土) 午後 4:22 まこっち 返信する

のりおさん、コメントありがとうございます。「ときお」さんにもコメントしましたとおり、架空のお話です。
ただ、あまりにも日本とかの国との反応が異なるので、そこがおもしろいなぁと感じております。
「てやんでぃ」といえば、「べらぼうめぇ」が思いつきますが、この「べらぼう」も見世物にされた異国人の蔑称だそうですね。
今後も忌憚なくご意見くださいませ。

2010/10/16(土) 午後 4:28 まこっち 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事