お家で鎌倉

さようなら湘南モノレール「500形」.

いまほどニュースで知りました。
湘南モノレール「500形」本日26日(日)でラストラン。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


鉄ちゃんたち、乗車、撮影、イベントにたくさん集まったみたいですね。

最近、WOWOWで「湘南爆走族」やっててつい見ちゃった
冒頭で湘南モノレールがちょっとだけ登場してたけど、
あら。
「湘爆」は1987年に公開された映画だから、
あのモノレールは500形の前の型だったんだわ…
なんて思いながら、ぼんやりニュースを見ていたウトい私

7月31日(日)再放送があったのでチェックしてみた。
イメージ 6
「湘爆」の冒頭の1コマ。
登場したのは300形でした。

昭和45年3月開業と同時に登場。
昭和50年2月に3両編成が運行開始。
平成4年に引退。
マイルドな揺れと丸みを帯びた滑らかな車体のラインが好評でファンも多かった。
とのことです。ふむふむ。

この次に登場したのが400形ですね…なるなる。


そんな私が初めて湘南モノレールに乗ったのは…
2008(平成20)年6月7日のことでした。
イメージ 4
☝乗ったのは、もう見られなくなる500形。
おつかれさまでした。
イメージ 5
☝これが2004(平成16)年に登場した5000系ですね。
これからはこのタイプのみの走行になるわけか…


この記事に

開く コメント(4)

「円覚寺跡」


ゴールデンウィークに沖縄本島観光に行きました。
同行した母が初めての沖縄ということで、那覇空港からまず向かったのは首里城。
私は2000(平成12)年以来、16年ぶり2度目になります。

イメージ 1

首里城公園の一角、首里城の城壁のすぐ下に、
初めて首里城を訪れた時には気がつかなかった「円覚寺跡」がありました。
イメージ 2



鎌倉五山第二位の「円覚寺(えんがくじ)」と違って、「えんくじ」と読み「か」に濁点がありません。
※琉球語では「ウフティラ」。
イメージ 3

かつて首里城周辺には仏教の寺院や御殿(王族や家臣の建物)等が多数ありました。
そのなかでも寺院の代表的なものが「円覚寺」です。
イメージ 4

同じ「円覚寺」だけあって、鎌倉の円覚寺にならった禅宗七堂伽藍をもつ琉球随一の寺院でした。
イメージ 5

鎌倉の円覚寺(えんがくじ)の創建は、鎌倉時代後期の1282(弘安5)年。
琉球の円覚寺(えんかくじ)は、それから約200年後、1495年頃の建立。
1495年といえば日本では室町時代(明応4年)のうち戦国時代(1467年(1493年)〜1590年)。
主なできごととして、北条早雲が小田原城を奪取した年です。

200年以上経って鎌倉「円覚寺」が遥か遠く琉球に…。いったいどんないきさつで?

開山住持、京都南禅寺の芥隠禅師 ※とは、どんな人物だったのでしょうか。
※解説文の最後に出てくる「円覚寺」のリンク先が鎌倉の円覚寺になっています。
芥隠禅師は、円覚寺(えんかくじ)が創建された年に琉球で亡くなったようです。

そして1988(昭和8)年、国宝に指定された円覚寺伽藍、見てみたかった!
沖縄戦で破壊された後、☟総門(県指定有形文化財)と左右の掖門は、
1968(昭和43)年に復元されたものです。       注☞コチラの方向に山(三)門がありました。
イメージ 6

ふと足元を見ると、瓦の欠片のようなものがあちこちに落ちていて、
これは在りし日の伽藍に使われていたものなのかなぁ…と思ったりして。
イメージ 7


1967(昭和42)年に復元された放生橋(重要文化財)。
橋の勾欄羽目(こうらんはめ)の彫刻は精緻を極め、沖縄の石彫美術の最高傑作だそうです。
イメージ 8


再来年(2018年)には三門が復元される予定だそうです。
往時の円覚寺(えんかくじ)の画像は…ウィキペディア「円覚寺(那覇市)」に。

円覚寺総門前庭の円鑑池に弁財天堂です。
イメージ 9


天女橋を渡って弁財天堂に行ってみます。
天女橋は中国南部にある橋に似た琉球石灰岩を用いたアーチ橋で、
全長9.75m、幅2.42m、欄干は細粒砂岩で造られています。

イメージ 10


航海安全を司る水の女神を祀る弁財天堂。

イメージ 11


1502年、朝鮮から贈られた方冊蔵経を納めるために円鑑池に堂が設けられ、
観蓮橋という名前の橋が架けられたのが始まり。
1609年、薩摩藩の琉球侵攻で堂が破壊されて方冊蔵経が失われた後、
1621年、新たに堂を建て弁財天像を祀って以来、 弁財天堂と呼ばれ、
観蓮橋も天女橋と名前を変えて呼ばれるようになりました。
1945年、沖縄戦で弁財天堂も破壊され、 天女橋も大破しましたが、
1968(昭和43)年に弁財天堂が復元され、翌年に天女橋も修復されました。
※参考資料:このサイトさん
    
この位置、なんか、すごく沖縄っぽい景観。
イメージ 12


☝ここには鳥居がないんだけど、「池に浮かぶ島で弁財天を祀る聖地」という共通点から、
鎌倉鶴岡八幡宮境内の源氏池に浮かぶ弁天島の旗上弁財天社をちょっと思い出しましたゾ。
イメージ 15



もとい、那覇です。

円鑑池には水鳥の親子が浮かんでいて、ぼんやり眺めているだけでのどかな気持になります。
イメージ 14


「あ、スケキヨ!」
イメージ 13
誰かがつぶやいた。
なるほどね〜

以上、沖縄旅行(那覇)で見つけたプチっと「鎌倉」でした。
後日関連記事をもうひとつアップする予定です。
場所は今帰仁村(なきじんそん)の運天(うんてん)…ではでは〜

この記事に

開く コメント(8)


本格的行楽シーズンを迎えて鎌倉が舞台の映画
去年2015年6月13日公開された『海街diary』が、
フジテレビ「土曜プレミアム」で本日地上波初放送。
とのことで、リアルタイムで観ています。
イメージ 1
日本アカデミー賞4部門(作品賞・監督賞・撮影賞・照明賞)受賞作品。

主演の女優さんをはじめ、出演の俳優さんが良いので
映画は映画でまたで〜す^^

放送時間はあと1時間半あまり。
どんなお話になっているのか…最後まで観ようと思いま〜す

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事