Monologo di Mammo

暫く、休止いたします。訪問が出来なくてすいません。

全体表示

[ リスト ]

 先日、恒例の詩吟の発表会があった。発表会といっても、小規模なもので、
町内会の集会所に20人あまりのお客様をお呼びしてのものである。もう
少し大人数を呼びたいところだが、先生の友人が賛助出演し、舞を舞うので、
そのスペースを十分に取らなければならないので、ほんの一部の人にしか声
を掛けられなかった。

 私の吟は、「大田道灌 蓑を借るの図に題す」である。詩の作者は不詳。

 弧鞍 雨を衝いて 茅茨を叩く
 少女 為に遺る花一枝
 少女言わず 花語らず
 英雄の心緒乱れて 糸の如し

 語釈
  弧鞍(こあん): 単騎(1人で狩に出かけていた)
  茅茨(ぼうし): あばら家
  遺る(おくる): 贈る

 大田道灌は、室町中期の武将で、江戸城の築城者、そして歌人として有名。
若い時に1人で狩に出かけ、にわか雨にあった。一軒のあばら家に立ち寄り、
蓑を請うたところ、出てきた少女は何も語らずに、山吹の花を一枝差し出した
だけだった。立腹した彼は、帰城後、少女が「七重八重花は咲けども山吹の 
実の一つだになきぞ悲しき」の古歌(天明親王)に託して、蓑が無いことを
諷したことを知り、自らの無学を恥じて心は糸のようにもつれた。これが
きっかけで、その後、道灌は歌道を志すことになった。

 テーマは夏には決まっていて、約4ヶ月間、繰り返し繰り返し練習した。
練習は、家の中でやると、家内や近所の人に迷惑が掛かるので、専ら散歩中に
行う。以前は声量が乏しく、先生から「四畳半の吟」とからかわれていたが、
最近は練習のせいか、少しずつ声も出るようなって来て、『八畳間の吟」に
格上げになった。

 腹から思い切り声を出すことは、「歩くこと」、「よく咀嚼すること」と
共に脳の老化防止になるという。これからも、自らの健康の為に思い切り声を
出して行きたい。

 

この記事に

開く コメント(4) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事