komebunnkamaのブログ

ナチュラルアメニティーの体感

全体表示

[ リスト ]

日本のカジノ法案、年内成立なるか? 米大手サンズ創業者が期待 長期戦になるとの海外報道も

 日本でもラスベガスのようなカジノを解禁しようという動きがあり、既に法案も国会に提出されているが、今国会での成立は無理だろうと海外各紙は見ている。
【カジノの市場規模・経済効果】
日本は世界でもカジノが未発達の国の1つ。ウォール・ストリート・ジャーナル紙(以下、ウォール紙)によれば、カジノリゾートは低迷する日本の観光業界に火をつける手段と考えられている。シンガポールでは、2010年に2ヶ所のリゾートを開設してから観光客数が約6割増加したという。
 証券大手のCLSAは、日本のカジノ産業の潜在規模を、年間約400億ドル(4兆円)と試算している。昨年65億ドルのカジノ収入を生み出したラスベガス・ストリップ(ラスベガス大通りのカジノ地区)の6倍以上の規模である。
【解禁の見込みは】
ウォール紙は、カジノ解禁法案が国会における今週の議事日程にも載っておらず、30日も原子力問題調査特別委員会の審議が優先される予定である、と報じる。
 カジノ推進派は、当該法案は審議・採決さえ行われれば成立する見込みが高いとみていた。しかし、この数週間の間に、長期戦になるとの見方が推進派の間でも広がった、と同紙はみている。
【安倍首相、シンガポールでカジノ視察へ】
米カジノ運営大手ラスベガス・サンズの創業者シェルドン・アデルソン氏は28日、ニューヨークでの投資家会議で、今国会会期末(6月22日)までのカジノ解禁法案通過は難しいかもしれないと指摘した(ブルームバーグ)。さらに同氏は、次期国会で再び取り上げられれば、9-12月の可決が可能となるだろう、との見通しを示したという。
 安倍首相は、30日に、シンガポールにあるアデルソン氏配下の「マリーナ・ベイ・サンズ」リゾートを視察する予定である。同氏はこの時、首相にカジノ解禁を推進するよう求めるとみられる。
【コナミが事業化】
また、アミューズメント機器やゲームソフトの製造、スポーツクラブの運営などを手掛けるコナミは28日、4兆円規模と見込まれるカジノ合法化をにらみ、カジノ運営会社に出資するための子会社を設立すると発表した。
 コナミは海外でスロットマシン等のカジノ用機器を製造・販売している。同社の山口憲明取締役相談役は、「マシン製造業者としてのネットワークを生かし、(ノウハウを持つ海外の運営会社と日本企業との)コンソーシアムに出資する意向だ」とロイターに語った。ーーーNEWSPHERE 5月30日ーーー
筆者所感:
 4年前に約1年かけて君津市を調査した時にやはり、一番興味を引いたのが鹿野山だった。この鹿野山には神野寺があり、昔から訪れる人がかなりいたようだ。特に江戸時代には訪問客が多くなり、神野寺の片隅で賭博もなされていたという話を君津市の海側の人見神社の住職さんから聞いたことがある。
 明治期に入って欧化志向が高まりの鹿鳴館の時代、この東京湾内眺望の素晴らしい鹿野山のなだらかな山頂付近に悠々館という社交場館が建てられ、東京からのお金持ちが馳せよって利用し賑わったという。しかし、いつの時代頃かそのお客は伊豆・箱根の方に取られてしまったそうだ。
 現在、この鹿野山の近隣で著名なゴルフ場だけでもロイヤルスター、上総モナーク、ジャパンPGA他5つもある。この近辺車で30分ぐらいのところに神社仏閣もかなりある。もちろん清和の森というフィールドミュージアムもあり、花、果樹園、自然の樹木も豊富である。いわゆるリゾート地としては最適な環境を保持しているといえる。
 さて本題だがこの鹿野山の東側にマウントビザという民宿があるのだがこの近辺は企業の保養施設がかなりの広さでかなりの数がまとまってある。筆者も2、3度訪れてみて、管理されている方に聞いてみたが(4年前の話)今は企業も手放したがっている。安く買えるかもと言っていた。
 ここをホテル、カジノ、アミューズメントセンターを市民全員参加で創設したらいかがだろう。そして、その原動力となるエネルギーはバイオマスを使うことである(熱、電気エネルギー両方生産)。鹿野山へ入る東側の入口のところに県の森林管理事務所があるのだがそこの課長さんに聞いたところ(4年前)、あれだけの杉山がありながら間伐もままならないという。それは所有者が不在のところがあったり、伐採後の搬出に手間暇がかかるということだった。そして、バイオマスの場合、一箇所で生産し、効率的なエネルギーロジスティックが必要であるとのことだ。それなら、そのアミューズメントセンターの近くに生産工場を作れば効率的な運用を出来るのではなかろうか。
 森を大切にするため、樹木を立派に育てるためには間伐が必要である。その間伐材を上手にエネルギーとして使用し、再生エネルギーを上手に利用しすれば自然と人間を朝はしたモデルコンパクトシティーとして、見学者も呼べるであろう。
 筆者はカジノを毛嫌いするのではなく、市民の力で市民の為の街づくりに大いに利用することは決して子々孫々において非難されることはなかろうと思う。
 当然市民全員参加といっても行政、政治の力は大いに発揮してもらねばならない。特にこの件は政治家の必死の努力がなければ不可能かもしれない。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事