”まなのゆめ ”ブログ

インド占い【ヴェーダ占星術】の日々

今日の星宿★星の配置


・東京の日の出時間…… 6時30分
【東経139°45′北緯35°39′気象庁位置】

・天文学的に、日の出時間は、太陽の一部が

地平線上に顔をのぞかせた時です。

ですが、インド占星術の場合は、中心が基準

になります。なので太陽の中心がのぼるまで

地平線上に来た時なのでその差の時間の約5

分を、気象庁などで発表されている時間に足

します。

★修正の日の出時間…
  6時30分+5分=6時35分になります。

★Tithi……Krishna Paksh Trayodashi(28)
★Nakshatra 月の星宿 Swati(15)
 天秤座……16°09′

◎今日は、月が天秤座にあり、ラーフ・土星・水星と一緒にいます。
水星は、天秤座の29°34′の位置なので、今日昼過ぎには射手座に移ります。

月(心)は土星(制限)やラーフ(欲望)と共にあります。
そして水星は、一緒にいる星の影響を受ける性質を持っていて、しかも天秤座と、射手座の境目です。【日の出の時間でその日を判断した場合…】午後2時には射手座に移動します。

月も13時頃スヴァッティー(15)からヴィシャーカ(16)に移動します。
今日1日の状態をみるだけならば、日の出の時刻の状態で判断するのですが、月も、水星も、星座移動するので、午後から状況が変るかも知れないです。
気分的に重苦しい感じから一転して、気の抜けた様な、あらしの前の静けさと言う様な日になるのでしょうね。

午後2時のナバームシャとラーシの組み合わせは何と、まんべんなく星がちりばめられた、バランス良い配置になっています。

ラ―シでは月と土星が、天秤座に
ナヴァームシャではその月と土星が牡羊座に
そして、土星がナヴァームシャで減衰しているのですが、月と共にあり減衰をキャンセルしています。
まあ吉星になる事は無いのですが、良い方向に働きます。

月と土星は、修行者の証しです。心が制限と戦うのです。そしてそれに打ち勝ち修行の成果を手に入れます。

ナヴァームシャと共に照らし合わせてみる事で、面白い一面を垣間見ることが出来ます。

その他の最新記事

すべて表示

ようやく落ち着きつつあります。

2011/5/25(水) 午後 10:30

先月末頃に私に取ってとても大切な方がこの世を去りました。 私はとても悲しく……。 そうでは無くて………。 あらゆる事に対する気力を喪失し 内なる力が湧いてこなくて、何をしても脱力感に苛まれていました。 そして、今思う事は私に鑑定の依頼をされる方のお気持ちは、 ...すべて表示すべて表示

カルマについて

2011/4/19(火) 午後 1:49

カルマについて…………③ 私は、手塚治虫の【ブッダ】が大好きです。 そしてその【ブッダ】には物心共に(?)随分助けられました((笑)) お金が無い時、あのブッダ全巻を、まだブックオフ等の無い時代の 古本屋さんに行ってお金に変えたのですが、思った以上の高額で引き取ってもらう事が出来て、神に仏にとても感謝した 事を今でも覚えて ...すべて表示すべて表示

バクティーについて。

2011/4/6(水) 午前 2:48

【バクティー】と【 ジュニャーナ 】について 私はインド哲学の先生(インドの方)から 『 全てのサーダナの後に自然にバクティーがやってくる』と教わりました。 まず知識・叡智【ニャーナ・ジュニャーナ】にて 内的器官を清める 【アンタカラナシュッディー】ことで、 ゴーピー達の様な最高のバクティーを得るとが出来るという事で ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事