ここから本文です
Hidden side of the Moon
Nothing ventured, nothing gained.

書庫全体表示

Can Spring be far behind ?

昨日、1月11日は、鏡開きでした。
(地域差あるらしいですが)

例の鏡餅は、昨日、美味しくいただきました。

お正月の飾りも、鏡餅も無くなってしまうと、お正月気分も完全に無くなってしまって、ちょっと寂しい。。。が!
そろそろ深大寺で節分の御札と福豆が売られ始めるはずだ。早く買って来て飾りたい。もうあるかしら?


と思って、行って来ました。ありました。(笑)

イメージ 1

イメージ 2

さっそく飾った。
とても、いい感じである。(自己満)

豆には、魔滅(まめつ)、魔を滅する、の意味が込められているとも言います。


お護摩にも行きましたが
節分にちなんでの話もしていましたが、「仏教では『悪いものは何処から来るのか』というのは、『自分の心の中だ』と言っている。良いものも、自分の心の中にある。仏の心になることもあるし、鬼の心もなることもあるし、いつも変化している……」ということも言っていました。

で、どうやって仏の心を出し、鬼の心をなるべく抑えておくように出来るか?
「脳科学の研究によると、怒りがわき上がって来たとき、とりあえず6秒我慢すれば興奮が落ち着いて、より良い考えに切り替えることが出来るようになると明かされているそう」です!
頭に来てもとりあえず6秒だけ我慢!


ググってみると。。。ほんとだ、いろいろ出て来た。

6秒です。六波羅蜜の6と覚えておこう。忍辱波羅蜜。
6秒我慢出来なくて、「やってしまった」ら、六道輪廻です。ww


イメージ 3

山門の看板も、「修正会」のものから「節分会」のものにチェンジしていました。
しかし、


おととい東京で梅が開花ということで、深大寺はどうかな〜と思っていたのですが、釈迦堂も山門も不動堂も、まだまだ、一輪も咲いていませんでした。
深大寺寒いもんな(笑)

うちの近くでは↓これだけ↓咲きまくっているのですがw(今日撮った写真です。)

イメージ 4

香りもサイコーです
皆さんのところではどうでしょうか。


こうして梅が咲いたり、節分が近付いてきたりすると、「春は遠くないなー」って思いますね。(実際は遠いとしても。)

この記事のタイトルは、イギリスの詩人・シェリーの詩「西風に寄せるうた(原題:Ode to the west wind)」のラストの一行「If Winter comes, can Spring be far behind ?」から取りました。

冬が来たならば、春が遠いということが有り得るだろうか(直訳)

「冬来たりなば春遠からじ」という和訳がめっちゃ有名です。
訳者誰だろう?
この和訳が有名になり過ぎているおかげで、もとが英語の詩だと知らない人も結構いるのではないだろうか。
わたしも日本か中国の古典かと思っていましたから




ともあれ、確かに春は遠くないです。

この記事に

  • 今日は満月が超きれい

    [ はる ]

    2017/1/12(木) 午後 5:35

    返信する
  • こんばんは(^-^)

    帰宅して車から降りたらかなりの月の明かりで満月かな?っと。
    綺麗ですね(*^^*)

    節分ですね…流石即行動ですね。
    こうやってみるとお寺も次から次へと行事があるから忙しいですね(^^;

    6秒我慢か…成る程、覚えとこ。

    [ しろにゃんこ ]

    2017/1/12(木) 午後 10:42

    返信する
  • > しろにゃんこさん
    こんばんは〜。

    節分が終わったら、3月はお彼岸、4月は花まつり、と、休み無しです(笑)

    気になる行事は要チェックですね

    今年最初の満月。
    天気に恵まれてとても見事ですね

    [ はる ]

    2017/1/12(木) 午後 10:49

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事