満天の星Lovelyのブログ

新橋演舞場シアターコンサートで55周年がスタート!

全体表示

[ リスト ]

                       舟木一夫コンサート2012
 
               〜 習志野文化ホール 2012.4.6 〜
 
  
イメージ 1
       
イメージ 2
                                           (習志野文化ホールHPより)
 
 
     客席数1,500席ほどのホールなので、2階席はなく、後方に行くにつれ座席は高く
     セリ上がっていく。 後ろの席でもステージの舟木さんは、比較的近く見えそうである。
 
     今回の席は17列の中央よりは少し左側。
     Pたけさんのピアノが丁度隠れる位置になってしまったのが残念だった。
 
     通常のコンサート会場では緞帳があるので、オープニングもそれらしく決まる。
     アバウト9の演奏が始まり、緞帳が静かにするすると上がっていく、おそらく1分にも満たない
     わずかの時間。
     この何秒間こそ、これから始まる夢時間への期待が最高に高まる時なのだ。
     この先には、にこやかな笑顔の舟木さんが、きっと待っていてくれるはず。
 
     緞帳が上がりきってやがてスポットが当たり、期待通りににこやかな舟木さんの笑顔。
     ゆっくりと”学園広場”のメロディが流れる中、舟木さんが丁寧に三方へ頭を下げられる。
     そうそう、これこそオープニングだ。
 
     2012コンサートバージョンは、3.8国際フォーラム50周年記念コンサートが基本の
     構成になっている。
 
      静かな学園広場メロディから、一転して音が炸裂。
      「 さ/ す /ら /い」 が始まる。
 
      歌詞を知りたいと思うが、オリジナルは外国曲のようで、舟木さんの音源が無く判らない。
      舟木さんがご自分で作られた歌詞なのかどうかも、、。
      その昔、どこかで歌われたことはあるのだろうが、舟木復活ファン新参者は、このあたりが
      致命傷となる。
 
 
 
       ♪ この道の夜の深さを〜            ♪   生きることの全てを〜
          この胸に秘めた昔を〜                 ただ歌に託せば〜
             ほろ苦く                                          さすらいの旅に心は震えて
             〜     〜       〜                    遥かにどこへ〜          ♪              
         今旅を行く 夢を求めて〜 ♪
 
 
     
       ほんの少しだけメモしてきたが、このまましばらく50周年コンサートの構成で続けられるなら、
       もう少し判っていくかも知れない。
 
                                                 < 松島アキラさん「湖愁」 >                     イメージ 6                              
     コンサート2012では、普段なかなか歌ってもらえ
     なかった「湖愁」と「青春の鐘」、「残雪」を歌って
           貰える。
     これが今年の楽しみである。
 
                      
イメージ 7                            
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
  
    
   「残雪」は本当に聴き易くなった。
    歌い手の舟木さんも、聴かせてもらう私たちも、
    いろいろな思いが交錯してあまりに辛すぎる歌         だったから。
 
       もう、あの胸を締め付けるような悲壮な哀しみに
    身を浸さなくてもいいのだ。
 
    この曲はステージでは聴けないものと思っていた
        から、50周年コンサートで取り上げられて本当に
        嬉しい。
    
 
      今回、中央より少し左手の席だったから、よく見えたこともある。
 
     「学園広場」のワルツのアレンジで、ギターの林さんが3拍をずっとチャチャ チャチャ チャチャ        と正確に小気味よく刻んでいた。次の曲「君へ心こめて」のために、他のギターに持ち替えるこ      とになった林さん 、ここでギターの刻む音が途切れることになった。                             イメージ 3
     あれ、途切れちゃうよ、どうするの?と思うまもなく、
     林さんが取り替えのため刻めない何小節か分を、隣の
     達ちゃんがチャチャ チャチャ チャチャと刻んでいた! 
     なるほどね〜。 曲によって楽器を替えるときは、
     こうして音が途切れないような工夫をして、曲を
          続けていくんだ〜。
 
イメージ 4
    
      通常コンサート以外にもステージごとに構成が変わり、
      アレンジが変わるから、舟木さんの曲を支えるバンドの
      皆さんも大変である。
     
      「夕笛」も、今は林さんのギターから始まるアレンジである。
      林さんのギターは、舟木さんにとって歌いやすいのかな、と
      思ってみたりする。
      いやいや、アバウト9の皆さん全員の舟木さんを思う気持ち、
      支えようという気持ちが、舟木さんの深いヴォーカルを引き出し、
      客席にいる人たち皆の胸深くに届く歌となって、会場全体に
      広がっていくのだ。
 
      舟木さんも ”何があっても大丈夫!助けてくれるバンドだ”と、
                    アバウト9の皆さんに絶大な信頼を置いているのがよくわかる。
                    習志野のステージだって、「4小節短くしてしまったよ〜」とか
                    「歌詞間違えちゃったよ〜」なんてご自分で言われてた。
 
 
     こんなだから、舟木さんのコンサートは暖かい。又すぐに次のコンサートに行きたくなる。
              ・・・・「哀愁の夜」の口笛が健在なのを確かめたいばかりでは無いのだ。
 
 
      さてギターも替わって、「学園広場」から もうラスト曲「君へ心こめて」となっていく。
     さっき始まったばかりなのに、もうラストソングがきてしまったという感じだ。
 
     この曲は、いつも舟木さんから直接届けられるメッセージのように受け取って、聴いている。  
                  イメージ 5
        
  
        「君へ心こめて」
 
              作詩、曲:上田成幸   
 
    ♪ 悲しみを悔みを  抱いて生きるな
       何よりも君には  それを願う
       俺が心こめる   歌の一片 
               春を告げろ    君に届け
 
               春を告げろ    君の空に  ♪
 
 
 
     アンコールの「明日咲くつぼみを」を        待つまでもなく、もうこの曲でじんわり      と、暖かさに満たされていく。
  
     舟木さんに、こんなに素敵な歌の数々を届けてもらえたことを感謝するとともに、「自分の周り
      の今ある大切なものを、大切なものとして慈しんで暮らしていこう」 という想いを新たにできる
      曲でもある。
 
 イメージ 9
                3.8国際フォーラム50周年記念コンサートのあと、
                早くも2012コンサートの始まり。
        5月の日生劇場。
        9月の新歌舞伎座「浮浪雲」1ヶ月公演。
 
       新曲「明日咲くつぼみに」の売れ行きは如何に?
 
 
       あれこれ心配しながらも、舟木さんのお仕事が順調
       なのは嬉しいし、早速次のコンサートの予定を立てる。     
       舟木さんがこの舟旅を続けられる限りは、(アバウト9         の皆さんでは無いけれど)
       ”何があってもご一緒させていただきたいです〜” と。
           
 

この記事に

閉じる コメント(12)

顔アイコン

満天の星さん
舟木さんのコンサート情報をありがとうございます。
そうなのですね。15周年の残雪も素敵ですが今の残雪をぜひ聞いてみたいです。9月中日劇場でおやりの浮浪雲なのですね。
8月ではないので少しは過ごしやすいでしょうね。
素敵な情報を朝からありがとうございます。

2012/4/9(月) 午前 6:52 [ - ] 返信する

顔アイコン

花のめるへんさん
「残雪」も15周年での新録音があるのですね。高峰雄作作詩ですから、舟木さんも並々ならね愛着のある曲なのでしょう。何もかも乗り越えられた今は、重くなり過ぎず、余裕で本来の舟木ワールドが展開された歌唱のように感じられます。9月の新歌舞伎座は昨年のような真夏の1ヶ月公演ではないので、体力的に少しはお楽でしょうね。2009年、中日劇場で上演された「浮浪雲」は、是非拝見したいと思っていました。9月を楽しみにしているところです。

2012/4/9(月) 午前 9:44 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

初めまして…こんにちは『さ/す/ら/い』の歌詞はその昔後援会紙『浮舟』に掲載されました。調べる事は可能ですね。『残雪』は全く仰る通りの感想です。通常コンで(繰り返し)聴く事が出来嬉しいですね。『浮浪雲』は再演か新作か不明ですけど、これからの舟木さんは『銭形平次』『浮浪雲』を続けるのも良いと思います。 削除

2012/4/9(月) 午後 3:12 [ ナタリー ] 返信する

顔アイコン

今晩は
満天の星さん、大フアンの思いが主たる幹から枝まで
お若いころの思いと今の思いを2軸からなるベクトル
にされた素晴らしい内容になっているように思います。

分かりやすく配置されました画と文言は
几帳面さも溢れている様にも思われます。

神戸公演も後わずかになりました。
この紹介を参考に楽しみたいと思います。
ありがとうございました。

2012/4/9(月) 午後 8:02 kazuyan_hm 返信する

顔アイコン

ナタリーさん
初めまして、舟木さんの長いファンの方からコメントを戴きましてありがとうございます。ここ2年ほど前からの復活組ですので、舟木さんとの空白の時代のほうが長く、今懸命にその空白を埋めながら舟旅に加えて頂いているところです。ずっと舟木さんを支えてこられた昔からのファンの方には脱帽しかありません。これからもご存知のことがありましたら、どうぞ宜しくお願い致します。「さ/す/ら/い」はこれから50周年のコンサートで繰り返し聴くことができそうで、楽しみにしています。「浮舟」に歌詞が掲載されたことがあるなんて初めて伺いました。『銭形平次』はもちろん、『浮浪雲』とも舟木さんの持ち役として演じられたら、これからうんと私たちは楽しませていただけるように思います。初めての情報をお教え頂き、本当に有難うございました。

2012/4/9(月) 午後 8:20 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

Kazuyan hmさん
神戸公演を楽しみに待っていらっしゃる、その前にコンサート内容を
書き過ぎてしまったかと、はっと致しましたが、思い直しました。実際の舟木さんのライブから受ける感動には、少々の活字など及びもつかないものがあるのだからと。学園ソングも、抒情歌も、青春歌謡もいっぱい歌って下さいます。どうか、舟木ワールドを存分に堪能してきて下さいね。まったく、几帳面さとは程遠いところにおりますのに、このようなコメントを戴きまして有難うございました。

2012/4/9(月) 午後 8:35 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

コンサートの様子がいろいろ想像できて、満天の星さんの文章を読んでいるだけでも幸せな気持ちになりました。とても期待できそうな50周年コンサートのようですね。待ち遠しいです。

2012/4/9(月) 午後 9:35 ゆふぎり 返信する

顔アイコン

ゆふぎりさん
50周年コンサート、楽しみにしていて下さいね。舟木ワールドが堪能できる構成になっていますよ。舟木さんが深い歌声の中に届けてくださる、たくさんの想いが、きっと私たちのエネルギーに変わっていくと思います。それなのに、すぐに又次のコンサートに行きたくなります。舟木さんのお気持ちがあまりに暖かく、心地いいからでしょうか?阿波の国に来られる日が、本当に待ち遠しいですね。

2012/4/9(月) 午後 9:51 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

この記事コメントし辛くて(笑)

ziiziiは残雪の重苦しさが好きで(^_^.)
明るい曲調より暗いものが好きなのです。
ですから舟木さんの歌でも軽いノリの歌はあんまり歌いません(^_^.)
松島あきらさんと舟木さんとのことは本当に知りませんでした。
でも松島さんの湖愁は大好きで良く口ずさんでいました。
先般の国際にもお見えになられていたとお聞きしています。
こんなziiziiでも舟木さんのフアンと言えるのか(^_^.)

2012/4/9(月) 午後 10:03 [ 貝殻の歌58 ] 返信する

顔アイコン

満天の星さん
習志野文化ホールに来られたのですか!
私は6/20千葉文化会館に行くつもりです
満天の星さんのレポートから
国際フォーラムの熱気が思い出されますね〜。

2012/4/9(月) 午後 10:10 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

貝殻の歌58さん
「残雪」はみんなが重すぎると感じている、と思い勝ちでしたね。生きてきた(背負わされた)道程により、曲の響き方の違いがあることに想像力を働かさなければなりませんでした!もちろん単純に好みの問題も含めて。悲しみには悲しみのみが寄り添える、力になりうる、ということをziiziiさんのコメントから学ばせて頂きました。3.8国際フォーラムには客席に松島アキラさんもいらしたようですね。松島さんも50周年に「湖愁」を歌っていただけて、お喜びだったのではないでしょうか。お二人の関係が本当にいいですね。
ziiziiさん、これからもご一緒に舟旅を続けましょう、ヨロシク!!

2012/4/10(火) 午前 0:12 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

いつでも夢を!さん
総武線津田沼は比較的近いので、行って来ました!近郊でコンサートがある場合は、聴けるときに聴く、行けるときに行く、をモットーに
なるべく舟木さんにお目にかかるように致します。千葉はちょっと遠いのですが、6月20日、是非楽しみにしてお出かけくださいね。
こうして皆様と2012コンサートのことをお話していると、そのまま50周年国際フォーラムコンサートのあの熱気が蘇って来るのです
よ。まったく、皆様とあの空間の感動を味わったことが、宝物の幸せのように思えてきますよね。舟木わーるど、もう一度たっぷり堪能してきて下さい。

2012/4/10(火) 午前 0:25 満天の星Lovely 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事