満天の星Lovelyのブログ

新橋演舞場シアターコンサートで55周年がスタート!

全体表示

[ リスト ]

                             舟木一夫コンサート2013 
                  中日劇場
 
              2013.7.27(土) 昼・夜
 
     第二部続き
 
      今回も「WHITE」から2曲が選曲されていた。 
      そのアルバム「WHITE」について、舟木さんご自身は・・
 
 
                                                                   イメージ 1
 
   ” 大体、オレが書いている<WHITE>系
   というのは、あくまでステージ用に書いて
   いるから。〜 〜 ステージ用に作って
   るんだから、ステージでは映えるよ。
 
   あるステージの構成があって、" ここで
   1曲、ほしいよ " という発想とかね。
   例えば、こういう想いの歌を・・・・とかさ。
 
   さぁ、そうなってくると、置くところへ置くと
   目立ってしまうわけだ。
   オープニングとかエンディングにきたら、
   そのままストーンといっちゃう。
   でも、それは決して〜〜作品のレベル
   じゃなくて、ステージで唄ったときの
   質感。 〜〜 ”
            (密着写真集「愁」P20)
    
                                                                         
 
        そうはいわれても、
      舟木さんが、ご自身の想い、願望、苛立ちをあるがままに、時には
       穏やかに、時には叩き付けるように表現した自作アルバム「WHITE」
      シリーズには、舟木一夫ではない、その頃の ”上田成幸 ” が、溺れる
      海で必死にもがき、息を吸おうとしいる姿が見えてしまう。
 
      だから、ステージで歌われる「WHITE」の曲に、舟木さんを重ね、自分
      を重ねて聴き入ってしまう。
      ステージ用に作詞・作曲されたとは判っていても、その赤裸々な詩の
      心象風景と、それを表現する歌唱力に心は捉えられ、又しても舟木
      さん虜にされてしまう。
 
 
        今回の♪ 浮かれ笛 、 ♪ 斜/me/節 もやはりそうだった。
      特に、♪ 浮かれ笛は、新橋演舞場千秋楽でお聴きしていたこともあり、
      中日劇場コンサートで一番深く胸に沁みた曲だった。
 
      
                              「浮かれ笛」   (WHITEⅢ)
 
                                                                    イメージ 4
   −むかしのことなど 忘れろよー
 
  ♪  信じすぎちゃった 
     お伽ばなしをさ
     お前も俺も 浮かれ笛 
     はしゃいで堕ちたよ
     いいさ  
     むかしのことは もう忘れろよ
 
     たとえ花火でも 
     恋は命だよ
     お前もそうか 淋しいか 
     飲むだけ 飲もうよ
     だから
     あいつのことは もう忘れろよ
          
                          ♪  指をおるほどの 過去じゃないけどさ
                             お前も俺も 少しだけ せつなくなったよ
                             だけど むかしのことは もう忘れるさ
 
                                〜 〜 〜 〜 
                                        〜  〜 〜 〜
       
                          「斜/me/節」   (WHITEⅢ)
 
                      ♪  たかが恋ひとつ  別に死んだりしやしない
                たかが涙だろ  さわぐこともない
                生まれた日から 男だよ
                女はつらいはやりうた
                ひとりの俺に 似あうのは
                つっぱり 1/2(ハーフ) 斜/me/節
                くやしいね あいつ気がかりだよ
 
イメージ 5 
     ♪  たかが過去ひとつ ふえただけだよ平気だよ
                  たかが未練だろ 飲んでそれまでさ
                                                         〜 〜 〜 〜 
                    〜 〜 〜 〜
 
        くやしいね あいつ気がかりだよ
        あいつ気がかりだよ
 
      
 
 
            
             七色のライトがすべてピンポイントで舟木さんに向けられると、色が重な
      りあって、舟木さんの身体は、そのまま薄いシルエットになってしまう。
      しばらくしてライトがほどけ、それぞれの色に分散してステージを照らし
      出すと、舟木さんの全身が再び現れる。
 
      こんな照明での演出がこのステージで数回あっただろうか、そして
      ♪ 浮かれ笛 のとき、舟木さんは(多分)グリーンの照明の中、それは
      それは素敵に アカペラで
      
              ---   むかしのことなど  忘れろよ  ---
 
      と、深〜く入っていかれた。
      もうこれだけで一気に、一瞬にして舟木ワールドに引き入れられて
      しまった。
 
      ♪ 斜/me/節 にしても、
      思いっきり一人を気取り、強がってはみたものの、悔しくて、淋しくて、
      そして思いっきり恋しくて、、、。
 
      舟木さんは、昔のことはどんなことだって、もうみんなOK!とVサイン
      を出しながら、「WHITE」に馴染みのない方のための曲を用意された。
 
 
 
      ★ 今歌うのが一番難しい曲、、、若さには勝てない!
                ♪ 高校三年生
                      ♪ 修学旅行
                         ♪ 学園広場
 
 
        ★ 涼しさを感じる曲をどうぞ
                ♪ 絶唱
                      ♪ 夕笛
 
                     ラスト♪ 初恋 
 
                       
イメージ 2
                               
      
 
       舟木さんは、バックに大きく広がる満天の星空を背に、「初恋」 
       をラストソングにされた。                            イメージ 3
 
       ル〜ルル〜ル ルル〜ルル・・・・
 
  (3番)   わがこころなき ためいきの
         その髪の毛に かかるとき
         たのしき恋の 盃を
         君が情に 酌みしかな
 
 
    最後の ” 酌みしかな 〜” の旋律は、
    上にあげるアレンジで、、。
 
       
 
       島崎藤村の「初恋」を、すっかり舟木色に染め上げて、文豪の詩
       臆することなく、堂々と歌唱する舟木さんの貫禄見事だった。
 
       平成の世では、「初恋」が日本の叙情を伝える歌い手により、こんな
       にも大きなスケールの曲となってコンサートで歌われている、、、
       藤村がこの光景に遭遇したなら、さぞかし驚き、且つ頬を緩めること
       だろう。
       
            
       ♪ 絶唱 、♪ 夕笛 の西條八十氏に続いて、藤村の ♪ 初恋
       で、舟木さんの ” 叙情の世界 ” は、又しても私たちの心をしっとり
       と潤してくれた。
       そして、涼やかな、心地よい満足感は、アンコールの♪ 恋唄まで
       繋がっていった。
 
       オープニングからラスト、アンコールまで、一、二部連続して、合計
       28曲もの舟木さんの曲とトークで、しっかり楽しませて頂いた。
       舟木さんや、アバウト9の皆さんに、ごく自然に
       ” 楽しい時間を有難うございました ” と、出待ちに並んで感謝の気
       持ちを伝えたくなって来る。
       
       帰り、19:57名古屋発のぞみ の車内で、アバウト9のメンバーの
       方々をお見かけした。声は掛けられなかったが、” これからも舟木
       さんをよろしくお願いします ” と、心の中で何回もつぶやいた。
       
       
     

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事