満天の星Lovelyのブログ

新橋演舞場シアターコンサートで55周年がスタート!

全体表示

[ リスト ]

                   舟木一夫シアターコンサートin新橋演舞場
          2013・12・25(水)  14:00  18:00
 
 
         (続き)
     今日は一部のほうを、雰囲気的にゴージャスな感じにまとめてみようと思います。
      なんとなく、ぼやっと楽しんでいってください。
 
 
イメージ 1    「あゝ りんどうの花咲けど」               「夕月の乙女」
  昭和40年6月               昭和39年1月
   作詞:西沢 爽                  作詞:西沢 爽       
    作曲:遠藤 実                作曲:遠藤 実
 
 ♪ さみしく花に くちづけて        ♪  面影淡く  しのばせて
    君は眠りぬ 永遠(とこしえ)に         ポプラに掛かる 夕月よ
        あゝ りんどうの                 この丘でいつの日か
     うす紫の花咲けど               野薔薇の歌を歌ってた
     高原わたる 雲淡く                              君いずこ 君いずこ
                                                       白き墓標は 丘の上                            夕月乙女
 
 
       当時の私たちって、こんなに乙女チックな歌を歌って舟木さんに胸を焦がしていたんだ。
       舟木さんは今でもとても丁寧に歌ってくださるし、声は渋い大人の男性の声になったが、
       ステージで69歳の歌い手が、50年近く前の歌を何の違和感もない雰囲気で歌っている、
       というのは本当に考えられないことのように思える。
                                                                                                                                                                                                                                                                                イメージ 8
       「あゝ 荒城の月かなし」
       昭和48年
        作詞: 石本 美由起
        作曲: 遠藤 実
 
       ♪  やくそくもない 恋ならば
          また逢うことも 叶うまい
                      幸せいずこ    荒城に
          春高楼の       唄かなし
                                                
             〜〜〜〜         
                  〜〜〜〜               月日は移る   人の世に  
                                       かわらぬ姿  月ばかり
                                       待つ人もない 荒城の
                                        草笛さびし     恋かなし
 
 イメージ 9        
   この曲の音源は、昭和48年発売の
   LP 『オールスター・演歌の花道
         =石本美由起作品集=』
   だった。
   演歌のLPを手に入れることなど思いも
   よらなかったが、ステージではあまり
   歌っていただける曲ではないので、
   仕方がない。
                                           しかし、比較的簡単に入手できた。
        おまけに、「旅情」という曲まで収録してあった。
 
        《曲目解説》   
        有名な唱歌『荒城の月』は、作詞の土井晩翠が故郷、会津若松の鶴ヶ城跡の、作曲の滝廉太
        郎は、故郷大分県竹田の岡城跡の、それぞれのイメージを歌にしたそうで、その両方に現在
        『荒城の月』記念碑が建っています。
          石本美由起は、むしろ後者の滝廉太郎の立場をとり、「どちらかといえば竹田城跡のほう
        が、いかにも荒城という名にふさわしい風情がある」その詩づくりのよりどころにし、遠藤実は
        「われわれが子供のころから親しんで来た名曲のイメージを大切にしながら」間奏にも『荒城
        の月』のメロディの一節をあしらいつつ作曲をしたといい、ともに快心の作ならしめました。
          特に舟木一夫のために作ったというのも、やはり彼が名曲『荒城の月』のイメージに
       ぴったりだからなのかもしれません。
                                                        (斉藤 茂)
 
 
        舟木さんの感想
      このメロディはいいよねぇ。遠藤先生にしか書けない、
                           これぞ遠藤メロディという」
                                                (密着写真集『瞬』P28)
 
 
        「あゝ 荒城の月かなし」は、石本美由起氏と遠藤メロディによる、「舟木一夫の荒城の月」。
         舟木さんもお気に入りのようであり、 何回かステージでお聴きしている。
 
 
                                               イメージ 2        
    「一葉舟」     
     昭和52年1月 15周年記念盤
     作詞:鈴木 晴彦
     作曲:浜 圭介
 
          ♪ やわらかに 水をたたえる 
            名もなき里の 細き流れよ
              ほとりでひとり 夜を待てば
                わすれろ月が 水面にゆれる 
 
 
 
        大阪での1ケ月公演が二日前に終わったばかりで、本当はまだ疲れが残っているところ
        なのですが、12月3日に初日が開いたときから、千秋楽は今日と決めていましたから、
        どうということはありません。今月で69歳、60を過ぎてからは1年があっという間に過ぎる
        のを感じます。これも現役で仕事をさせていただいているからなのでしょうが、約70前と
        しては、過分な幸せです。あと5年はやる、と自分で決めたのですから、お客様とご一緒に
        歌とお芝居を楽しんでいけたらと思っています。
 
        さて、ここで単独に置いたのは、20歳くらいの時レコーディング以来、一度もステージでは
        歌っていないので、48年ぶりに歌うことになりますから、間違うかもしれません。
        当時のEP「新語十番勝負4曲入り」の中に入っています。
        色気のある歌で、レコーディングしたときも、もう少し先のほうがそれなりの雰囲気が出る
        のかな、と思っていました。 中年を過ぎて老年に入ってから、ざらっと歌うと色気があるか
        と思って、今日引っ張り出してきました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                イメージ 3
       「ふたつちがい」
     昭和41年11月 NHK「若い民謡」
       作詞:万里村 ゆき子
       作曲:船村 徹
 
      ♪ ふたつちがいは ふるさとのひと
         川の流れに おもいをこめて
                   そっと別れを 告げた夜
            郡上の八幡 出てゆくときは
            雨も降らぬに 袖しぼる
 
 
        祭りばやしに うかれた夜に             ふたつちがいは ふるさとのひと
         月と一緒に 踊ってたのは                 待てばまたくる 二人の祭り
        君のたもとの 萩の花                 やぐら囲んで 手拍子とれば
            踊ろ踊ろうよ 祖師野の宮で             唄もつづくが 踊りもつづく
            四本柱を中にして                    月の明るい 夜もつづく
 
                       
        軽くていい歌でしょ。
        これくらいのアレンジで落ち着いて歌ってみると、非常に色気がある。 
        ♪ 月と一緒に踊ってたのは、君のたもとの 萩の花   なんて、今ではこんな詩
        なかなか作れません。
 
 
        舟木さんはレコーディング以来一度も歌っていない曲、48年ぶりに歌う曲といわれ
        たが・・・さて、どんな歌なのだろうと興味しんしんだった。
        でも、「ふたつちがい」 なら聴いたことがあった〜”舟木さんゆかりの江戸巡り”を
        していたとき、「新吾十番勝負」の音源がほしかったので、入手していた〜
        だから確かに聴いたことのある曲で、「ふたつちがい」がレコーディング以来初めて
        歌われる曲だとは知らなかった。確かに、言われてみると、歌詞がほんとに艶っぽく
        思えてくる。
 
        舟木さんは、こんな歌を一杯お持ちなのだろう。若いときより、今歌うからこそ艶が
        出る歌。こんな歌を掘り起こして今楽しむことを、舟木さん自身がとても楽しまれて
        いるよう。だから私たちも、文句なく楽しい。
 
        この後、
        下駄の話、、、お孫さんやひ孫さんには身体のバランスをとるのに下駄は非常に
        いい履物なのでぜひお勧めすること、
        着物の話、、、若いころ着せられていた着物の柄は桜が満開だったり、身体中に雀が
        飛んでいたり、、、俺は竹藪じゃないぞ、、流行歌手はあんな柄の着物を着るものかと
        着てはいたが、21歳、「絶唱」を歌うときから ” もう選ばせてくれ ” といってあの和服
                  になったことなど、衣装の裏話が一杯。今日の和服は、男の子の普段着なのだそう。
 
        さて、つのる想いのある「初恋」から3つばかり、、、
 
 イメージ 4
    「初恋」
 
   ♪ まだあげ初めし 前髪の  林檎のもとへ見えしとき
 
       〜 〜 〜
                                                                      「夕笛」   イメージ 5
                                                   
 
                                                                   
                                                           ♪  ふるさとの 
                                                         蒼い月夜に 
                               ながれくる
                              笛の音きいて
                              〜 〜 〜
 
        「恋人形」     
                                                       (舟木さん自作曲)
 
        ♪  薄墨の 空はつれない雨模様
           帰るあてさえ ない人に    
           いくつ折鶴 恋心                                                   
           滲む吐息の もどかしさ        
                      
イメージ 6 
     ふるさとは 風の香りの秋化粧
   落ち葉しぐれる 白壁に
   揺れてやつれて ほそぼそと
   辛いうわさが 気にかかる
            
                  
                        
            薄紅の 目元やつれて 恋人形
            あやめ一輪 咲く折に
            隠しきれない あの夜の
            いのち重ねた 夢のあと
 
 
 
 
    
      この歌も音源なし、従ってレコーディングなし、ステージでのみ歌ってきた曲です。
      そういえば、若い時分に出会った歌、「たそがれの人」も、20歳のときレコーディングしながら
      ” この丸い二十歳の声で歌っても 〜” と思った記憶があります。
      男の声が割れて、本当に男の声になるのは45、そのくらいになって響きが良くなってくる。
      上手い、下手の問題ではなく、、。
      (詩や歌の中には)なくなってしまった日本の四季〜非日常の世界においてでも、こうして
      面と向かって歌を聴いていただくことの大切さ〜(入場料はいただきますが、、、)そうしないと
      歌が可愛そうです。 新曲を出して、キャンペーンをする。やがてキャンペーンのために新曲を
      出しているようになる。新曲を出せばいいというものではないですね。
 
      西條八十先生は、非常に野口雨情さんを尊敬されていましたが、雨情さんの作品から、、
 
 
 イメージ 10                                                             
                         「旅人の唄」            
          作詞:野口 雨情
         作曲:中山 晋平
 
 
                   ♪ 山は高いし 野はただ広し
                     一人とぼとぼ 旅路の長さ
 
                     乾く暇なく 涙はおちて
                    恋しきものは 故郷の空よ
 
                            今日も夕陽の 落ちゆく先は
             どこの国やら  果てさえ知らず
 
 
   平成18年8月 新橋演舞場
   第10回記念公演  舟木一夫特別公演
  野口雨情ものがたり 船頭小唄 パンフレット 
 
                                                                                             イメージ 7
           「浮世まかせ」
          平成14年5月
            作詞・曲:上田成幸
       
    ♪  花を枕の 盃に
        紅の香りの 舞う午後は
        好いた惚れたに 酔うもよし 
        浮世まかせの 春の宵
 
 
      
          転調して ♪ いいさ そうだよ  のところで ステージ全体が真紅にぱっと切り変わった。
          舟木さんは鮮やかな赤に埋まり、赤をを背負い、 再びぐるぐると回り出したライトの中で、 
                   ♪ 人はみな 浮世まかせのかざぐるま〜  と  深みのある男の声を響かせていった。
 
 
 
                                                                                                      〜 続く 〜
  
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

「69歳の歌い手が、50年近く前の歌を何の違和感もない雰囲気で歌っている、というのは本当に考えられないことのように思える。」
本当にそうですよね!。
何より舟木さんが楽しんでいる様子がとても嬉しいと思います。
今が良ければ、その間の事もみんな良し・・・。
舟木さんが云われていたように思います。
器の大きな人ですね!。
そこに人間的な魅力を感じます。
満天の星さん 今年一年大変楽しませて頂きました。
本当に有難うございました。
どうぞよいお年をお迎え下さいね!。

2013/12/30(月) 午後 1:48 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

いつでも夢を♪さん こんばんは
最近の舟木さんは、ますますご自分で歌を楽しんで歌っておられますよね。だから私たちもとっても楽しませていただけるのだと思います。過ぎたことは全部OK,OK!として”歌が好きだから歌う”という姿勢を貫く生き方に、みんな惹かれてしまいます。また来年も舟旅をご一緒に楽しませて頂きましょうね。どうぞよいお年を!

2013/12/30(月) 午後 7:51 満天の星Lovely 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事