プレシャンブルーの風に抱かれて

地球と共に進化し、人類が共生の道へ歩むことを願いつつ。

全体表示

[ リスト ]

「アメジスト紫峰の輝き」さんから

大麻と麻薬の「麻」の文字は本来違っていた!

今日は久々に大麻に関しての話題ですが、ちょっと興味深い話題を見つけましたのでシェアします。

大麻の「麻」と麻薬の「麻」という漢字は、本来は違うものを使っていたのですね。

戦前は、麻薬の麻は  という字だったのです。
戦後「当用漢字表」が出来てからは、麻の字が宛てられたことで、現在のような誤解の生まれやすい事態になってしまったのではないでしょうか。。。

とは・・・つまり「痺れる・麻痺」の意味の漢字で、けして麻(アサ)本来の意味をあらわすものではなかったのに、戦後「」の字をあてたことで、一般大衆は痲薬のイメージに繋げやすくなってしまったということなのです。

以下の記事を読んで、そんなことを感じました。


麻の総合利用研究センターの記事
大麻の「麻」と麻薬の「麻」〜似て非なる文字の巻〜
http://www.hemp-revo.net/report/0611.htmより


●麻といういう文字の由来 

麻という字は广に林であるが、この林は「ハヤシ、リン」の意味ではなく、アサの茎から右に左にと、皮をはぎとっている姿を2つ並べて書いたものの意味である。

刈りとった麻を水にさらしてもみほぐし、こすって繊維を取りだすのであるが、おそらく小屋の片隅で作業したところから小屋を意味する广をつけたとされる。

同系語の「摩」「磨」なども「こする・もむ」などから派生した文字である。 


よく混同されるが、大麻の「麻」の字と麻薬の「麻」の字は本来別の文字である

「麻」は古来から植物の「アサ」を意味する。

他方、戦前までは麻薬は「藥」と書いていた。「」は痺れる・麻痺(この語も旧来は「痲痺」)する、という意味で、植物の「麻」とは似て非なる文字である。  

戦後、1949(昭和24)年に定められた「当用漢字表」に「」の字が含まれなかったため、字形のよく似ている「麻」の字があてられたのである。


●麻酔の由来は「麻木不仁」

ごく普通の日本人の感覚では、大麻=麻薬となっているため、大麻のマリファナ効果が麻酔のようなものだから麻酔の「麻」にも使われていて当然!と思われている。
なんら「麻」という文字が使われていても違和感がない話になっている。
しかし、歴史と科学的事実は全く異なる解釈を与える。

麻酔という字は、解体新書をつくった杉田玄白の孫の杉田成卿(せいけい)が1950年に無痛状態になることを麻酔と命名したのである。
このときの麻は、古代中国の名医華佗の「麻沸散」の「麻」に由来する。

これは、古代中国の代表的な植物の大麻草は、動物と違って感覚がないことに起源をもち、麻や木のように感覚がないことを意味する「麻木不仁」から名づけている。
 
古代中国の大麻草は、繊維型の品種であり、マリファナ効果のある薬用型の品種でないことは、九州大学名誉教授の西岡五夫が明らかにしている。
また、薬用型の品種であってもマリファナ成分であるTHCには、麻酔作用はないことも明らかになっている。
よって、大麻=麻酔作用ではなく、麻木不仁→麻沸散→無痛状態→麻酔という順序で用語開発が行われたのだ。

麻酔の意味で使われた「麻」は、植物の麻とは異なるため、前述の戦前において「痲」の字が使われた。
痲は、痺れる、麻痺(この語も旧来は「痲痺」)という意味であった。

ちなみに麻薬の語源は、第二アヘン条約(1925年)締結後の国内法を制定するときに、痲酔薬からヒントを得たNarcoticの訳を痲藥とし、1930年にできたのが麻薬取締規則である。 
それと、大麻に「大」という文字がついているのは、胡麻【ごま】と区別するためである。

古代中国で、胡麻は大宛国【だいえんこく】(中国の西方中央アジアの古代国家)すなわち胡(西方諸外国の総称)から、油の採れる麻の種子を手に入れ栽培するようになり、中国在来の麻と区別するために胡から来た麻(胡麻)と名づけた。
そして、大きく成長する在来の麻を大麻としたのである。


●漢字の由来は面白い

現代科学では、大麻草には、繊維型と薬用型があるということが一般常識になっているが、漢字の由来にも繊維型と薬用型があったことが大きな発見である。

繊維型・・・小屋の中で繊維を取り出す姿が由来・・・麻
薬用型・・・「麻木不仁」から、感覚がないことを意味する言葉へと派生・・・痲

麻薬、麻酔という単語をみるとき、麻と人のつきあう歴史の長さがいろんな意味へと派生したといえよう。
それだけ「麻」という植物は身近な存在だったといえる。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


麻薬の「麻」とは、本来の植物の麻とはまったく関係の無い「痲」だったのです。!

この歴史が物語っているものは、やはりGHQによって大麻取締り法が制定されて、大麻が麻薬というイメージを与えられてしまったのと同じ構図ですね。

それまでは「藥」と書いていたものを、戦後、麻薬という漢字にしたというのは、GHQの指令による「大麻=麻薬」ということを刷り込みたい意図的なものが背後にあったのではないかと思います。

そのことによって、大麻に含まれるTHCは麻薬成分ではなく明らかな薬理効果のある成分なのに、あたかも痺れる・麻痺といった麻薬効果をイメージさせるような印象が生まれてしまったのではないでしょうか。。。


そんなことを考えると、戦後制定された「当用漢字表」も、実はそんな効果をいろいろな方面で生むためのGHQ占領政策だったのかもしれませんね。。。

もともと漢字も言霊・形霊を持っています。
やたらと新しい漢字に置き換えてしまうことで、本来の意味が変わってしまいがちなのも問題ですね。

そういえば、旧仮名遣いのとかも、復活させて欲しいという声もありましたっけ・・・

でないと表現できないものもありますものね。





必見

大麻まんが 「よのあさ」
http://www.scaramouch.jp/asa/asa2.html

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事