野良猫◆画像館

ただ今「オペラ対訳」・・・などをやってまして、こちらはしばらくお休みします。m( _ _ )m

猫折り紙(お雛様)

[ リスト | 詳細 ]

折り紙で、猫の雛人形を作る説明です。
(私のオリジナルです)
折ったものを、写真に撮ってブログ等で公開しても結構です。
御自由にアレンジしてお楽しみ下さい。
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

            折り紙で猫の雛人形〜まとめページ

イメージ 1

折り方の説明、記事の順番が逆になってわかりづらいので、目次のページを作っておきます。

まず最初に、男雛の作り方を見てください。
これがすべての基本になります。
写真付きの猫耳の作り方(すべてに共通)も、男雛のページで説明しています。

男雛の折り方
  ★ 女雛の折り方・・・女雛は男雛の後半を少し変えて作ります

三人官女の折り方
  ☆ 五人囃子の折り方・・・五人囃子は、三人官女の後半を少し変えて作ります


猫耳の作り方を、図で説明するとこうなります。 ↓↓↓

イメージ 2


なお、無理して猫耳にしなくても、人間の雛人形としても飾れますよ。 ↓↓↓

イメージ 3

猫耳にしない時は、頭を出す分量を少なめにしましょう。
顔は小さい方が、品良く見えます。

******** きれいに折るコツ ********

● 最初は練習のつもりで、普通の15センチ折り紙で折ってみましょう
● 対角線の折りすじは、正確につけます
● 角と角、フチと折りすじ・・・などは、きちんと合わせて折ります
● 折った線は、上から押さえたり爪でしごいたりして、しっかりと折り目をつけます
● 堅くて平らな場所で折りましょう (テーブルクロスの上などで折らない)
● 途中で間違えたり失敗したら、新しい折り紙で最初からやり直した方が良いです

何回か折って、手順が頭に入るようになると、自然にきれいに出来上がるようになります。
折り慣れたら、小さい折り紙や和紙、中裏にして2枚重ね・・・など、工夫すると楽しいですよ♪

この記事に

開く コメント(8)

           折り紙で猫雛〜右大臣・左大臣を作ろう

折り紙で、猫の雛人形を折る方法を紹介しています。
(私のオリジナルです)
今回は、いよいよラスト、右大臣・左大臣です。

イメージ 1

右大臣も左大臣も同じ折り方なので、適当に折り紙の色を変えて作りましょう。
上の写真は、チェック模様のプリント折り紙を使ったものです。
なお、表裏を何度もひっくり返すので、間違わないように注意してください。
(表裏をひっくり返す時、上下までひっくり返さないように)

折り紙の表を表にして、対角線に折りすじをつけたら、折り筋に合わせて両角を折ります。
(写真は折り目が浮き上がって、折りすじと合ってないように見えますが、左右をぴったり
折りすじと合わせてください)

イメージ 2


表裏をひっくり返します。
対角線の折りすじに合わせて、両側を折ります。

イメージ 3


再び、表裏をひっくり返します。
もう一回、中央に合わせて両側を折ります。

イメージ 4


上の細い尖がった部分を、手前に折ります。
(15センチ折り紙で、2センチほど)
下の、表が見えている三角形の部分を、後ろ側に折ります。

イメージ 5


表裏をひっくり返します。
上に折りあがっている三角部分を、根元を少しだけ残して、下に折りさげます。
(つまり、小さなジグザグになるように)

イメージ 6


折りさげた部分のうち8割くらいを、折り上げます。
(下に少しだけ余りを出します)

イメージ 7


頭部分が上に残るようにして、下半分全体を手前に折り上げます。
(頭の下に、折り紙の表部分が少し見えていることに注意・・・もしそうなっていない時は
戻って、三角部分のジグザグの折り方を調整しましょう)

イメージ 8


裏が出ている胸の部分を手前に開いて、表が見えるようにします。
左右とも同じようにします。

イメージ 9


両肩の部分を、後ろに折ります。
男性に見えるように、肩幅は少し広めがいいと思います。
立てて飾れるように、下部分も後ろに折ります。

イメージ 10


男雛と同じ方法で、猫耳にします。
形を保つように、適当にのり付けして出来上がり♪

イメージ 11


男雛・女雛よりも小さい紙で折った方が、バランスが良いですが、最初は練習も兼ねて、15センチ折り紙で
折ってみてください。

12人(匹?)並べてみました〜!

イメージ 12

でも段飾りって、あと3人オッサンみたいなのがいますよね?(笑)
よくわからないので、それは省いてしまいました・・・でも、猫雛の12匹飾りは超珍しいと
思います。
折り紙の本をたくさん調べましたが、こんなのはどこにも出ていない!(爆)

猫耳にするのが難しければ、そのまま人間に見立ててもOK。
後は飾り付け次第で、色々と楽しめると思います。
素敵なものが出来たら、ぜひブログの記事にしてみてね〜♪ =^ ^=

この記事に

開く コメント(5)

             折り紙で猫雛〜五人囃子を作ろう

折り紙で、猫の雛人形を作る方法を紹介しています。
今回は五人囃子(5ニャン囃子?)です。
自由にアレンジできるので、少しずつ違う5人が出来るのがミソです。
(もちろん、全部同じに折っても構いませんが)

↓↓↓グラデーション折り紙で折った例。

イメージ 1


五人囃子は男の子なので、青・緑・紫などの折り紙を使った方がいいでしょう。
途中までは、三人官女と同じなので、そちらを御覧下さい。

三人官女の、★印のところまで折ります。 ↓↓↓

イメージ 2


表裏をひっくり返します。
頭の部分が上に残るようにして、下部分を「手前に」折り上げます。
(三人官女は「後ろ側に」折り上げたので、それと反対)

イメージ 3


で、手前に下向きの三角形部分がありますね・・・ベロみたいな(笑)ものが。
ここは自由にアレンジしましょう。
適当な向きで2〜3回折って、先を隙間にはさむとか。
5人分折るので、1つずつ折り方を変えるとベターですよ♪

イメージ 4


両肩の部分を後ろに折ります。
下の部分も後ろに折って、立てて飾れるようにします。 ↓↓↓

イメージ 5


男雛と同じ方法で、猫耳にします。
適宜のり付けして、形が崩れないようにしてください。
これで出来上がりです。 ↓↓↓

イメージ 6


同じ大きさの折り紙で作ると、三人官女とほぼ同じ大きさになります。
ただ五人囃子は子供(子猫?)なので、もう少し小さい方が5人並べた時に、バランスがいい
かもしれません。

イメージ 7


小さ目の折り紙(自分で切って小さくするか、あれば市販品を利用)を使うといいですよ。

こちらは三人官女が 11.8センチ(標準の15センチより小さ目・・・100円ショップ商品)の折り紙
五人囃子が、7.5センチ千羽鶴用グラデーション折り紙で折ったものです。
ちょうどいいバランスです。 ↓↓↓

イメージ 8

7.5センチは小さく折りづらいので、普通の折り紙で慣れてから作りましょう。
特に猫耳にする時、少し難しいです。
でも小さい方が子猫っぽくて可愛いので、ぜひチャレンジしてみてください。

いよいよ最後は、右大臣・左大臣です♪ 
こちらをどうぞ。 ↓↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/mareluna1052/59173390.html

この記事に

開く コメント(7)

            折り紙で猫雛〜三人官女を作ろう

折り紙で、猫の雛人形を作る方法を紹介しています。
(私のオリジナルです)
今回は、三人官女(3ニャン官女?)です。

イメージ 1

赤・濃いピンク・濃いオレンジなどの折り紙を使います。

裏を上にして、対角線に折りすじをつけたら、角を折りすじに合わせて折ります。

イメージ 2


表裏をひっくり返します。
中央の折りすじに合わせて、両側を折ります。

イメージ 3


もう1回両側を折ります。

イメージ 4


白い方(頭になります)を上側に持ってきて、細い角を少し(15センチ折り紙で2センチくらい)
こちら側に折ります。
下の赤い三角形の部分も、折り上げます。
(★ 五人囃子もここまで同じです)

イメージ 5


表裏をひっくり返して、下の赤い部分を、白い頭部分の「後ろ側に」折り上げます。
頭は、15センチ折り紙で1〜1.5センチくらい出しましょう。

イメージ 6


角の部分を、着物の袖に見えるように手前に折ります。

イメージ 7


男雛と同じ方法で猫耳にし、立てて飾れるように下の部分を後ろに折ります。
座っている三人官女は、折る分量を多くします。

イメージ 8

適当にのり付けして、形が崩れないようにしてください。

男雛・女雛と同じ大きさの色紙で折ると、少し小さ目に仕上がるので、丁度良いバランスに
なります。 ↓↓↓

イメージ 9


続いて、五人囃子はこちらです。 ↓↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/mareluna1052/59162014.html
途中までこの三人官女と同じで、後半少し変えるだけで、可愛い猫の五人囃子が作れます♪

★ もしよくわからない箇所がありましたら、遠慮なくコメント欄でお尋ね下さい。

この記事に

開く コメント(14)

              折り紙で猫雛〜女雛を作ろう

折り紙で、猫の雛人形を作る方法を紹介しています。
(私のオリジナルです)
ではいよいよ雛祭りの主役、女雛を作ります。

イメージ 1

赤系の折り紙や千代紙を用意します。
途中までは男雛と同じなので、こちらの記事を御覧下さい

ここまで折ります。 ↓↓↓

イメージ 2


裏が出ている部分を手前に折り返す時、いっぱいに開いて折ってください。 ↓↓↓

イメージ 3


次に、角を後ろに折って肩を作る時、首の近くからなで肩になるように折ります。
以上2つが、男雛とは違う点です。
立てて飾れるように、下の部分を後ろへ折ります。
この時、先に作っておいた男雛より大きくならないように、背の高さを調整しましょう。↓↓↓

イメージ 4


こんな風になりましたか? ↓↓↓
女雛は、全体が三角形になる感じに作るといいです。 (男雛は台形ですね)

イメージ 5


男雛と同じ方法で、猫耳にします。
また、後ろに折った着物の裾に当たる部分、裏が見えて気になる方は、適当に折り上げてください。
これで出来上がり。(適宜のり付けして、形が崩れないようにします)

イメージ 6


男雛・女雛ともに、千代紙を使って折ると可愛いですよ♪
千代紙は和紙よりも普通紙のものの方が、裏が白いので向いています。

イメージ 7


両面折り紙を使う、小道具を持たせる、顔を描く・・・など、色々工夫もできます。 ↓↓↓

イメージ 8


2枚の折り紙を中裏に合わせて折れば、両面色紙にはない配色もできます。
(ただし、折るのが少し難しくなりますが)
左の男雛は、グラデーション折り紙と合わせています。↓↓↓

イメージ 9


薄手の和紙(百円ショップのもの)2枚合わせの例・・・↓↓↓

イメージ 10

和紙は表裏同色がほんどなので、違う色のもの2枚を重ねて折ると素敵です。
できるだけ薄い和紙を選びましょう。

続いて、三人官女の作り方はこちらです。 ↓↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/mareluna1052/59140506.html

★ 良くわからない箇所がありましたら、遠慮なくコメントでお尋ね下さい。
★ 素敵な猫雛ができたら、ブログでご自由に記事にしていただいて構いません。

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(3)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事