ここから本文です
ラジコンドリフト漂流記
今年のメインシャシーはXXX-Dにします

書庫全体表示

今日(というか日曜)に少し時間があったので、ホームコースと勝手に決めたサーキットに行ってきました。

驚いたことに今日からコースレイアウトが変更になっており、周回方法も逆周りに!
今までなぜか近場は反時計回りのコースばかりだったので、時計回りはまったく対応できず・・・

慣れるまでに等速のTA05で3パックほど走る必要がありました。しかもぶつけまくりです。
今までの反時計回りの時とぶつける側も逆になるので、バランスが取れて良いか(をぃ)


で、今日は1.5倍のFCDギアを入れたD-MAXでケツカキ初体験してきました。
ブラシレス5.5Tなので、空転してるリヤ側でジュータンのカス?粉?出しまくりです。
その分カーペットが劣化してるわけですね。店長ごめんね〜ごめんね〜。

イメージ 1


こんな雪道走行の後のような感じに粉が付着(携帯で撮影)


初ケツカキの感想としては思ったほど不安定ではなく、非常に走らせやすいです。
等速の時はあまり感じませんでしたが、ケツカキにしたらとてもコントロール性が良いですね。

スリッパーを緩めてるのが利いてるのか、それともRC○ールドの記事が極端なのか、
まともに直進もしないなんてことは無かったので一安心。
結構穏やかでTA03Fの等速と結構似た挙動に感じます。
その分カウンターも「フルカウンター」ではなく「ややカウンター」みたいな感じでしたが。

4パックほど走らせて感覚がつかめてきたところで時間終了。

もちろんうまいドリフトには腕も必要だと思いますが、
こうやっていろいろなシャーシを乗り比べると

イメージ 2


って感じもしますねぇ。(練習用ボディのリアウィンドに貼ってあるステッカー)


普通のドリパケにFCDギアを入れた時との違いを今度比べて見ます。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事