ここから本文です

書庫全体表示

こんにちは。国府勇太です。

いよいよ今週からサマータイムです。
平日のNYCLが6:55→5:55になります。雇用統計やNY証券のオープン時間も1時間早くなるのでご注意下さい。

余談ですが、まだ夏じゃないけど夏の到来を予感させるような「サマータイム」という響き、好きです。

では、FXのお話

さっそく先週のドル円の動きを振り返っていきましょう。
見るのは日足です。

イメージ 1


先週を一言で表すと「115円超えるも上値が重い」です。

先週3月6日(月)には、113.90円でスタートしたドル円。
月曜は結局始値(はじめね)とほぼ同じ113.89円でクローズしており、様子見ムードでした(この足の形寄引同時線といいます)。
続く火曜以降は陽線、そして水曜もADP(民間が行う雇用統計です)のかなり良い結果(予想18.9万人→結果29.8万人)を受け上昇し、木曜にはとうとう115円間近まで上昇しました(NYCLギリギリまで115円超えるか超えないかという攻防を繰り返していました)。

その後金曜日、朝から早くも115円を達成してその後はしっかり115.50円まで挙げました。
そして夜は注目の雇用統計、「これで雇用統計の結果もよければ一気に上昇か?」とも思われました。
結果は以下でした。

NFP(非農業部門雇用者数変化) 予想20万人 結果23.5万人
失業率 予想4.7% 結果4.7%
平均時給 予想0.3% 結果0.2%


NFPの予想よりも結果が良かったので普通であれば上昇する場面ですが、やはりADPを受け期待が高すぎたのか、逆にドル円下げてしまいました。
その後はNYは時間にかけて115円を再び割り、114.76円でクローズしました。

雇用統計発表前後も含めた1時間足はこちら

イメージ 2


雇用統計への期待で115円を超えたのに、結果を受けいまいちパッとしない動きとなりました。
思っている以上に上値が重いです。

今週の見通し

ラインはここです。

イメージ 3


115円を超えてもあっさり下げてしまったので次のラインは115.50円です。

このライン近辺を損切りラインにショート推奨です。特に先週10日の足の形が上ヒゲが長い陰線なので、短期でみると下げやすいと思われます(前回2月15日と同じような形)。

こういった相場では「勢いにのってのショート」というよりも「反発したときなるべく高値でのショート」をする方が有効です。

とはいえ、深追いは禁物です。
ファンダメンタルも含めた長期の見通しはあくまでロングですので、無理な短期トレードはしないようにしましょう。
特に115.50円を超えたらしっかり損切ることをおすすめします。

最後に、今週は15日(水)27時(日本時間木曜午前3時)にFOMC政策金利と声明発表があります。
市場参加者は「確実に利上げをする」と見ていますが(僕も含め)、実際の発表でマーケットがどのように動くのか注目です。

最近の動きを見ると、利上げをしてもなかなか上がりにくいマーケットですが、それでも油断は禁物です。

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。
また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。
これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。
投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事