MarrySuzanneのブログ

白衣の天使なんかウソ!命を守るなんて口先だけ!お金や生活のためバカでも取れる看護師資格しがみつくDQNな人々や世界の実態とは?!

全体表示

[ リスト ]

 
看護学生の皆さん!看護師の皆さん!または、看護師に係る皆さん!
 
「看護師は命にかかわる仕事だから厳しいんですよ。」って言葉、絶対どこかで聞いたことありますよね!?
 
この言葉を聞くと、何だか納得させられるようなしないような・・・一瞬、確かにそうかなぁっと思わされてしまう。
 
でも、もう一度繰り返し頭の中で唱えてみると、まぁなんとも尊大で、自己満足がにじみ出ているなと。
 
そして、この言葉を隠れ蓑にして、やりたい放題やっている人が多いなと。
 
考えれば考えるほど、「看護師は命に係る仕事だから厳しい」って言葉には、うんざりさせられる。
 
じゃあ、なんで尊大で、自己満足がにじみ出ているかっていると、
 
看護師は確かに命に係る仕事だけど、命に係わって仕事するのって看護師だけじゃないよね!
救急救命士だって、栄養士だって、高所で電線張ってるおじさんだって、原発の作業員だって、他人の命や自分の命をかけて働いている。命にかかわる仕事なんて、世の中にたくさんあるのに、あえてそれを言うというのは、”看護師は特別なのだ”っていう意図が伝わるよね。そして、命に係るから厳しいってのも、”厳しい仕事をやっている私たち看護師って偉いでしょ”っていう意図が見えるのね。ホントにこの言葉きくと、すみませんが、仕事するってことは、程度の差はあるにしても、みんな厳しいよって言いたくなる。
 
2つめの、隠れ蓑にしてやりたい放題についてなんだけど、
 
看護師の離職の理由の統計結果第一位は、「人間関係」だよね。
また、看護学生や新人看護師は、教員や先輩から理不尽なことは必ずされてると思うんだよね。
私は、ある先輩看護師から「きつい口調で言われたり理不尽なことがあっても私は耐えてきた。」っていう話をされたんだよね。また、別の先輩からも「この仕事、何が大変かって、人間関係が一番ね。」ていうことも聞いたんだよね。
つまり、看護師の仕事の”厳しい”原因は人間関係にあると思うのね。
人間関係が厳しいなんて、それって、働いている個人や組織の問題だよね。
確かに、人間関係良好にするよう、個人的に努力したり、組織的に研修を実施したりと、問題解決を図る動きはあるけどさ。
でも、統計結果が示すように、先輩看護師が口ぐちに言っているように、人間関係が厳しいの確実なこと。
よって、「看護師は人間関係が悪いから厳しい」と言った方がいいんじゃないかと思う。
相手に理不尽なことをして、嫌悪感を抱かせておきながら、「看護師は命を守る仕事だから厳しいんです」なんて言葉は、だーれもなーんにも納得できるもんじゃないよね。
”厳しい”っていう理由を「人間関係が悪い」ことじゃなくて、「命に係る仕事」という理由にすり替えているようなもの。すり替えることで、「人間関係が悪い」という本質が隠れ、『何だかよく分からないんだけど、この辛い気持は、「命に係る仕事」だからなんだ』などと、誤解を生みかねない。このような誤解を持ってもらうことが、理不尽なことや、ハッキリいうとパワハラも平然と行うことができる。なぜなら、理不尽なこともパワハラも「命に係る仕事」のうちだから。
 
「看護師は命に係る仕事だから厳しい」って言葉、ホントはさぁ、
看護師は、患者さんの急変に対処したり、効果の強い薬の投与をしたりと、緊張を強いられることが多く、失敗も許されないよっている意味があると思うんだけどね。
 
でもいろんな場面で、軽々しく登場するこの言葉、
「看護師は命に係る仕事だから厳しい」
意味を取り違えて使われすぎているようでならない。

この記事に


.


みんなの更新記事