槇じいの日々

北の大地の日々を綴りま〜す。

全体表示

[ リスト ]

じゅんび

ビニールハウスの中の雪も融け中の凍結もなくなったので
昨年の茎をかたずけ、
秋に通路に入れた堆肥を畝にあげたところ
 
 
イメージ 1
 
次に、肥料を散布します
苦土石灰です
今年は少々多めにいれます、秋の土壌診断結果は石灰がもっと必要と出ました
ハウス栽培のアスパラは水を大量に散布します
毎年入れているのに、水溶性の石灰は流亡するのでしょう
そのため今年は粉状ではなく粒状にしました
理由は、効き方がゆっくりになるから
 
イメージ 2
次はペレット状の発酵鶏糞
これはちょっと匂いがする〜
 
イメージ 3
あとは、カリ肥料が少し
微量要素のマンガンと、ホウ素肥料
今年はリン酸肥料は入れません、土壌診断の結果、十分にあるとのこと
米ぬかも降る予定なのですが、入荷が遅れ少し待ちます
まだありました、もみ殻も播きます、土の物理性の改善のために
 
イメージ 4
米ぬかを播いたら、攪拌して、
ポーリを立て、フィルムでトンネルをして加温します
それは数日後
今年もたくさん収穫できますように
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

親父がほんの半反の家庭菜園を作るのに、
自転車で肥料の大袋を買って来ていたのを
思い出しました。
土から作らないと、良い物は出来ないのですね。

2012/3/18(日) 午後 4:29 鶴丸@仁山郁良 返信する

顔アイコン

仁山様
土は、農家の命
まさしく、健民健土
健康な土から健康なものができ、そしてそれを食した人が健康になる

2012/3/20(火) 午後 4:02 [ 槇じい ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事