ここから本文です
蔵の街とちぎのきもの屋 丸萬のブログ です
時間がゆったりと流れる街のきもの屋の日常を綴ってます

お洒落は首元から…

お洒落は首元から…、

今回は「刺繍の半衿」のご紹介です。

半衿とは、、、下のお写真を参考にご説明すると、
首元のすぐ下にある白地の箇所になり、着物の下に着用している長襦袢に縫い付ける衿のことです。
イメージ 1

一昔前は、白の無地の半衿が多かったのですが、
現在ではほぼ100%近くの方が刺繍の半衿を付けられています。

刺繍の半衿の色や柄は様々ですが、当店では古典柄の振袖に合う品をメインに品ぞろえをしております。
イメージ 2
着物の雰囲気を邪魔することのないよう、地色は真っ白ですが、刺繍の柄部分は優しい色味と雰囲気の半衿が人気です。

イメージ 3
左の半衿は地色がアイボリーで少しだけ個性をプラスしたい方にオススメです。
右は地色が白で刺繍箇所も白。白×白の半衿ですが、適度なボリューム感と豪華さがでます。

ご紹介の他にも、地色が真っ赤な半衿や、優しい水色の半衿など豊富にご用意しております。

例えば、お母様やお姉さまの振袖をお召しになるご予定の方も、こういった小物を変えるだけで、また違う雰囲気になりますね
少し変えるとグッと変わる、ここが着物の楽しさでもあります!


丸萬ではただいま、秋の振袖展『古典柄コレクション』を開催中です。
ご来店お待ち申し上げております。
イメージ 4

この記事に


紅葉の便りもだんだんと聞こえるようになってきました

さて、ただいま開催中の秋の振袖展『古典柄コレクション』。
たくさんのご来場、誠にありがとうございます。

前回は帯のご紹介をさせていただきましたので、
今回は、振袖のご紹介をさせていただきます(ほんの一部です)。

イメージ 1
こちらは新潟県十日町は『青柳』の振袖です。淡いというよりかはしっかりとした水色の振袖です。手染めと手刺繍が施された格式のある振袖です。

イメージ 2
こちらも新潟県十日町は『吉澤』の振袖です。人間国宝吉田蓑助シリーズの純古典柄の振袖は、鮮やかなグリーンが他にはない色目で珍しく入荷させていただきました。

イメージ 3

イメージ 4

その他多数の振袖を豊富にご用意しておりますので、ぜひ足をお運びくださいませ。

イメージ 5

この記事に

昨日まで暑かったと思いきや、今日は肌寒い、、、そのような日々が続く毎日です。体調管理には気を付けましょう!

さて、今回は、素晴らしい帯をご紹介させていただきます。
それは、『となみの帯』。

イメージ 1

『となみの帯』として名高い、『となみ織物』さんは京都西陣の老舗帯メーカーです。
確かな品質丁寧な手仕事重厚なデザインは着物業界では、『帯のルイ・〇ィトン』とも言われるほどです。

京都西陣で織られる帯には、そのほとんどが「証紙」というナンバーが付けれられています(無いメーカーさんもあります)。
『となみの帯』は、452番
イメージ 3
現在は、西陣織の組合に登録しているメーカーさんは、何千番台という数字が振られているので、452番というのは老舗の証、信頼の証なのです。

イメージ 2
純古典の重厚感のある帯、モダンな柄と色使いですっきり感のある帯と様々で、振袖を引き立ててくれます。


お客様によっては、「この帯にあう振袖を選んでほしい」というリクエストをいただくこともあります。
帯ひとつで、全体の印象がガラッと変わります。
今も昔も「着物一つに帯三本」と言うほどで、着物はそのままでも帯だけ変えれば雰囲気はガラッと変わり、そのお洒落を楽しむことができるんですね。


丸萬では、お着物ももちろんですが、豊富な種類とデザインの帯を取り扱っていますので、振袖コーディネートの際、お客様に迷われてしまいます
イメージ 5
プロのスタッフが、お客様の雰囲気に合わせてご提案させていただきますので、一緒にい迷って、悩んで、振袖選びをさせていただけたらと思います



丸萬では、ただいま秋の振袖展『古典柄コレクション』を開催中です。
イメージ 4

たくさんのご来場、お待ち申し上げております

この記事に

久しぶりの更新となってしまいましたが、、、

丸萬ではただいま秋の振袖展『古典柄コレクション』を開催中です。

イメージ 1

振袖の柄は大きく古典柄とモダン柄に大別されますが、
丸萬をご利用いただくお客様のほとんどが古典柄をお好みになられます。
(古典柄とモダン柄の説明はコチラをご参照ください)

今回は振袖、帯、草履・バッグ、小物等々、古典柄のみを一堂に揃えました
商品ラインアップはブログにて近日中にご紹介させていただきます。


この記事に


9月に入りました。
カラッとした暑さとなりましたが、まだまだ残暑が続くのでしょうか

さてさて、今回も当店ご利用いただいたお嬢様の前撮り撮影風景をご紹介させていただきます。
イメージ 1

白地の振袖に大胆な牡丹が描かれています。
刺繍の半衿は赤にしメリハリを利かせ、少しだけ個性的なコーディネート。
ご身長がスラーッと高く、まるでモデルさんのようなお嬢様でした


丸萬では、ただいま夏休み新作大振袖展を実施中です。
お陰様でたくさんのお嬢様、ご家族様にご来店いただいております。
ご検討中の方はぜひ足をお運びくださいませ

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事