ここから本文です
旧 〜鉄道・交通・風景その他〜 阿武隈の郷(さと)から
ブログを換えても基本はTwitter→https://twitter.com/AT8116

書庫全体表示

笹川流れ 廃隧道群

最近(とは言っても10ヶ月くらい前からですが…)、「廃道(はいどう)」「廃隧道(はいずいどう)」にハマっています。隧道とは、トンネルのことです。
廃道についてはこちら(ウィキペディア)をご覧下さい。




昨年(2008年)の12月29日のこと。
親戚の人に、笹川流れという名勝地にドライブに連れて行ってもらいました。
(笹川流れについてはこちら

そんな景勝地の笹川流れには、海岸線スレスレの所まである断崖絶壁を克服するために幾つものトンネル   (隧道)が掘られています。




イメージ 1
この写真のように。
ここに見える左側のトンネルは国道の、右に見えるのは羽越本線の下り線のトンネル。いずれも現役です。が…

この付近(笹川流れ)一帯には、今はもう使われていないトンネル……廃隧道が幾つもあります。
ここから取り上げるそれらは、村上市街から越後寒川にかけての区間に存在するものです。
前々からその存在がとても気になっていたので、それらの廃隧道を見ることも兼ねてドライブに連れて行ってもらいました。




イメージ 2
これは、村上市街から来て一番最初にある廃隧道。
封鎖されていて面白くありません。




イメージ 3
そこからちょっと行った所にある廃隧道。
この写真は、カメラのズームを必要最低限に使って撮ったもの。こうして見ると何の変哲もありませんが…




イメージ 4
この廃隧道、こんな恐ろしい所にあります。
簡単なバリケードで閉じられていて通り抜けは何とか出来ますが、チキンな僕は怖くてこの辺までしか近づけませんでした。
赤線で示したのが僕の身長だとすると、ここがどれほど怖い場所かがいくらか分かると思います。




イメージ 5
ちなみに、現在の道(現道)はここを橋にして克服しています。
(余談ですが、この日の日本海は大荒れでした)




更にその先には…
イメージ 6
こんな廃隧道があります。


イメージ 7
覗いて見るとこんな感じです
奥にもう一つ穴(廃隧道)があるように見えませんか?
いえ、実際にあるんです。ここでは廃隧道が二つ並んでいます。

ここを通って向こう側に行こうかと思いましたが、手前に柵があったので諦めました。




イメージ 8
二つ並んでいる廃隧道の反対側。
こちらは入れそうだったんですが、時間的な都合で諦めました。




最後に…
イメージ 9
これは温海側から撮ったもの。これには難なく入れましたが、気になったのは天井に亀裂があった事ぐらいでした。
ちなみに、この奥にはもう一つ廃隧道があったのですが、やはり時間的な都合で見ることが出来ませんでした。




余談ですが、この日笹川流れ付近でトワイライトエクスプレスを見ました。
時刻表を見ると、その頃には琵琶湖の辺りを走ってないといけない時間だったので、どうやら前日から続いているダイヤの乱れで大幅に遅れて走っていたようです。













おまけ



レッドサンダー 桑川通過
桑川駅で撮りました。本当はこの時間にいなほが来るはずで僕もそれを狙っていたんですが、なぜか貨物がやって来ました。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事