丸山徹の裁判員制度徹底解明

司法、法律について実践的知識満載

全体表示

[ リスト ]

2009年の1審死刑判決

第6章 あなたに死刑判決が下せるか


09年の裁判員裁判に死刑求刑事件なし

09年の裁判員裁判は50地裁(8支部を含む)で138件行われ、被告人142人のうち110人に実刑判決が言い渡された。この中に全面的に無罪を争った事件はなかった。部分的に無罪を争った事件は1件あったが、結局、有罪と認定された。裁判員裁判で裁かれた死刑求刑事件はなく、死刑判決もなかった。最も重い刑は、本欄でも取り上げた和歌山地裁の強盗殺人事件の無期懲役刑。したがって09年にあった死刑判決は、すべて裁判官による裁判(3人の合議制)である。

 2009年には合計14件の死刑求刑事件があり、このうち8件9人に死刑判決、6件6人に無期懲役刑が言い渡された。以下に掲げたのは、2009年に1審(地裁)で下された死刑判決の一覧である。


大阪・強盗殺人2人殺害(大阪地裁)
被告人 加賀山領治
量刑理由 身勝手な動機。不合理な弁解。更生不可能。確定的殺意があった。強盗致傷罪前科。

坂出・祖母孫姉妹3人殺害(高松地裁)
被告人 川崎政則
量刑理由 身勝手な動機。計画的で残忍極まりない。幼児殺害には人間性のかけらもない。完全責任能力。(広汎性発達障害ではない)。

交際女性ら2人殺害(神戸地裁姫路支部)
被告人 高柳和也
量刑理由 ハンマーで殴り殺し、遺体を解体して海中に投機したのは凶暴、残忍、非道。更生の可能性は乏しい。

闇サイト1事件1人殺害(名古屋地裁)
被告人 神田司 堀慶末
量刑理由 利欲目的の動機に酌量の余地なし。無慈悲で残虐な犯行。社会の安全への脅威。(共犯の川岸健治は自首減刑で無期懲役)。

あきるの市資産家姉弟殺人(東京地裁立川支部)
被告人 沖倉和雄
量刑理由 冷酷非道で残忍この上ない犯行を主導。共犯は従犯として、仮釈放なしの無期懲役刑。

親族ら7人殺害(神戸地裁)
被告人 藤城康孝
量刑理由 冷酷、残忍で史上まれに見る凶悪な犯罪。完全責任能力(情緒不安定性の人格障害。検察側の鑑定採用)。

個室ビデオ店放火殺人=16人死亡(大阪地裁)
被告人 小川和宏
量刑理由 自殺目的で放火したのは身勝手極まりなく、犯行は残虐。反省もなく最大限の非難に値する。

土浦連続殺傷=2人死亡、7人負傷(水戸地裁)
被告人 金川真大
量刑理由 死刑になるために人を殺したという動機は身勝手、酌量の余地なし。犯罪史上でもまれな凶悪重大事案。極めて残忍、計画的で、無差別殺人への強固な意思がみえる。社会に与えた衝撃も大きい。更生の可能性は乏しい。完全責任能力。(自己愛性人格障害)。


 ▽死刑判決の共通点


 いずれも凶悪、残虐で極悪非道の犯行である。闇サイト事件を除いて、いずれも2人以上を殺害している。犯行の態様も残虐、執拗であり、社会的に大きな衝撃を与えた事件であったことも共通している。精神状態が問題とされたケースでは、精神鑑定で完全責任能力があったとされたことも共通点だ。

「あなたに死刑判決が、くだせるか」書庫の記事一覧

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事