考えるブタ

私たちはほんとうに現実を見ているのか?

全体表示

[ リスト ]

選後右翼は民族派右翼が登場するまでは思想的には一つ二つの例外を除いて大きなものはない。むしろ政財界の依頼を受けて表沙汰にできないトラブルに介入して調停するようなフィクサーの役割を演じてきた。欧米では裁判にできないようなトラブルを調停する役割として大物の弁護士がやるような仕事を日本では右翼が担ってきた歴史がある。

その筆頭は児玉誉士夫だろう。彼は右翼の笹川良一の紹介で海軍の嘱託になって上海に児玉機関を作り、航空機に必要なレアメタルを集めるような仕事をしていた。戦後種々のてずるで集めたかなりの資金をもって帰国した。彼はA級戦犯になったが、反共に使える男として釈放されCIAに協力するようになった。A級戦犯で巣鴨プリズンにいるとき、笹川や岸信介もいっしょだった。

彼がもっていた資金は釈放の見返りにCIAに渡されたとも言われるが、鳩山民主党に提供されたとも言われる。こうして彼は保守合同で生まれた自民党の中の政治家と連携を深めていく。CIAの対日工作機密文書によれば児玉は「情報活動のできる能力などまったくない。カネ儲け以外に関心がない」男として記録されている。

航空自衛隊の幕僚長を経て参議院議員になった源田実という男がいる。彼は元は海軍参謀だった。彼の立てた作戦はことごとく失敗している。特攻作戦は源田が考えだして大西が実行したとも言われる。源田は当然児玉をよく知っている。大本営参謀だった瀬島のこともよく知っている。源田も瀬島も次期戦闘機FX選定で暗躍したが、そもそも、瀬島を児玉に紹介したのが源田だった。

児玉がロッキード社の秘密代理人としてロッキード事件で暴かれるまでは、旧軍・政財界と児玉のもちつもたれつの関係は継続していく。中でも、統一教会の文鮮明を頭に岸信介・児玉誉士夫・笹川良一らが「勝共連合」を作ったこと、安保闘争のとき岸の要請で全国の右翼やヤクザの連合体を児玉が作ろうとしたことなどは注目された事件だった。

児玉がロッキード裁判の最中脳溢血の発作で倒れて死んだあとはこういうフィクサーとしての右翼は消えたかに思われたがそうでもなかった。児玉誉士夫亡きあと「最後の黒幕」と言われ児玉の仕事を引き継いようなことをやっていたのが西山広喜だ。彼は戦後の大物右翼と言われ「室町将軍」と異名をとった三浦義一に師事した。三浦義一は戦時中は東條英機と親しかった。戦犯容疑で収監されるが病気を理由に釈放される。GHQ内部の対立をうまく利用しGSケーディスをスキャンダルで追い落としG2に評価され米軍とのコネを築いた。また戦後の財閥解体で困っていた三井家を助けたことから三井のトラブルに介入し力をもった。そこで日本橋室町の三井ビルに事務所を構えた。この三浦の片腕として西山は力をつけやがて児玉誉士夫の代理人のようなことまでやるようになった。

当時、伊藤忠には防衛商戦で必要な人材として防衛庁の職員をスカウトしていた。その中に庄司春男という男がいた。彼は「参院選に出馬するから資金を出してくれ」と言って伊藤忠商事を脅しにかかった。断られると第二次FX選定の内幕を暴露する記事を雑誌に発表した。折しも東京地検が自衛隊の機密漏洩事件に絡んで伊藤忠本社を家宅捜索した。これがもとで防衛庁空幕防衛課長の川崎が逮捕され。その上司の部長の山口が自殺した。慌てた伊藤忠は瀬島を通して児玉誉士夫にこのもみ消しを依頼した。

児玉はこの仕事を西山に任せ西山は庄司を説得してカネでうまく解決した。これで西山の評価はぐっと高まった。こういう仕事は弁護士ではうまくいかない。大金をもらうがもししゃべったらいのちはないぐらいの気にさせないとできないことだ。しゃべらないように監視しなければならない。西山は自分が経営する「やまと新聞」に連れてきたそこにおいておいた。これを西山に言わせればこういうことになる。

「どこにも行くところがなくて、西山先生の門下生として出直します、と言うからやまと新聞に入れたら、半年ぐらいでだんだん出社しなくなった。たまに来てもぼーっと腕組みしているだけだった」

ということになる。庄司は一年後にはまったく姿を見せなくなり91年に病死した。この一件で今度は西山と瀬島のきずなが深くなった。

西山はこのようにして児玉を継ぐフィクサーとして暗躍するが2005年病死する。スケールは小さくなったがフィクサーとしての右翼は今でもいるだろう。政財界からの要請があるかぎりフィクサーの温床はなくならないだろう。

この記事に

閉じる コメント(2)

戦後右翼の潮流がよくわかりました。政治の裏舞台で暗躍する右翼の存在は今も変わり無いですね。政治家が小粒になった分、右翼も小粒になったのかな?
民族派右翼の動向はどうなのでしょうか?

2011/2/20(日) 午後 1:58 [ そふぃあ のブログ ] 返信する

顔アイコン

そふぃあさん、たしかにすべてが小粒になりました。民族派右翼と言われる人たちも今は勢いがない。言論では残っていても政治的な行動目標のようなものがないのではないかという気がします。ありがとうございます。

2011/2/21(月) 午後 1:45 [ masahito2117 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事