LEGOの機関車○●○

狭軌線路、試作・量産中・・・!!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

BBガーラット機関車をオレンジに組み替えていたら
いつの間にか貨車が完成したのでお披露目です!!(?)

オレンジをふんだんに使ったヲアカー(OreCar;鉱石運搬ホッパー車)です。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
線路が5ポッチ幅なので足回りの収まりが気に入っています!
車幅は6ポッチベース。


1作目の黒色ホッパーが形だけで製作
イメージ 19

2作目の紅色ホッパーは横組み+下部のハッチ開閉で荷降ろしギミック
イメージ 20

今回の3作目のこいつは実際にハンドルを回すとハッチが開き、荷降ろしギミックが可能となっております≡
イメージ 4
この黒いハンドルを時計回りに回すと奥の黒い棒も一緒に回ります。

中身↓
イメージ 11

イメージ 17

イメージ 5
右下の斜めのオレンジの排出口ハッチは灰の歯車と繋がってます。
さっきのハンドルと黒い棒のさらに奥に歯車が反時計回り(ハッチ開く)に回転しないように
灰の部品がつっかえてています。

①ハンドルを回す→②歯車のつっかえ部品が上に持ち上がる→③歯車動けるので重力で斜めのハッチが下に下がる→④排出口開いて中身出る
見たいな順序です。

ちなみに排出口閉じるときはハンドルを触らなくても②の部品と歯車がカチカチとラッチになるので
指で閉じるだけで勝手にロックが掛かる!

イメージ 6
排出口閉じ

イメージ 7
排出口開き


上からのアングルで排出口開いたとき
イメージ 8

底から
イメージ 9


パーツは大きく3つ
ホッパー部、車体、ボギー
イメージ 10

線路がオリジナル幅なのでボギー台車も新しく組んでみました!
釣り掛け式ボギーです!!
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
茶色はサスペンションのつもり


車軸は長さ3のバーをテクニックのパーツに差し込んで軸をつくり
灰色のスペーサーを挟んで車輪がずれないようにしてます。
イメージ 15

イメージ 16
車輪が小さく、軸が丸棒なのでトレインホイールに比べると転がり抵抗おっきめな感じ。


車体サイズと形が結構お気に入りなんで量産させます!
イメージ 18
手持ちのパーツでざっと10両くらい出来ればよいかと・・・
やっぱり貨車は同じヤツを沢山繋がないと≡≡≡


つづく

この記事に

開く コメント(0)

曲線のナローゲージレールもバラスト付きでユニット化してみました!
イメージ 1

イメージ 2
以前製作した直線との対比です。
カーブは車輪の関係からあまりキツく作りたくはないのでこの程度の角度で。
曲線8本で半周分です。

裏は迷った末にシンプルに。
強度があまりないのでまた組み方を変更するかもしれません・・・
イメージ 3

最後に直線と繫げて。
イメージ 4
いい感じですっ!!


続く≡≡

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

って、題名かいてますけど「ナイツサイクル(Knight's Cycle)」でした!
そんな訳でクリックブリックのキャンペーンでネックスナイツのミニキット貰って来ました!!

イメージ 1
ジェットパックが出来ました!!

ナイトン王国の平和を守れるのはナイツだけじゃないぜ!!
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
シールドがなかなか良い感じに出来ました^^


おしまい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

以前試作していた鈍端ポイントの調整がうまくいきましたので
バラスト(砂利)付きのユニット化に向けて直線-右曲線分岐と直線-左曲線分岐の2種類製作しました。
曲線も量産・ユニット化に向けて試作始めました。

カーブに強いガーラットを走らせる予定とはいえ
小径車輪多様で走行性のが落ちるんであまり急な曲がり半径にはしないように
線路製作を進めていきたいです!

初めて直線、曲線、分岐を全て合わせてみました↓
イメージ 1
鈍端ポイントの稼動部の調整が終わったばかりで曲線が一周分できていないのです。
敷設イメージを掴むた為に繋いでみたのですが
見た目はなかなかgoodではないでしょうか!?

イメージ 2
曲線半径は蒸機に貨車を数両牽かせてみて最小径を決める予定でございます。

走らせる車両も通常ゲージを崩して5wナローゲージに調整・再ビルド中です。
蒸機も出来ていますがボディの色が決まっていないのでお披露目はまたいずれにでも。

つづく

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

試作の蒸気機関車の乗せ台に使っていた5ポッチ幅ゲージの直線線路ですが
レールと枕木だけでは部屋の中を移動するときにすぐ分解するので
将来も見越して軽くユニット化してみました。

それがこちら↓
イメージ 1
濃灰色のパーツをバラスト(砂利)に見立てて組んだ「道床付き線路」
色の表現が簡素過ぎて個人的に違和感が残る(^^;
バラストを灰・濃灰のバラバラ2色混同やタン、茶色、黒なんか混ぜたり変更してみてもいいかもしれませんー

線路は簡単素早くかつ確実繋げるよう1ポッチの凸と凹。
イメージ 6
道床の幅と高さも鈍端ポイントが完成すれば調整予定

ちなみに1ユニットの長さは純正線路2本分としました!
レールパーツとして1x8タイルを使用しているので片レールあたり4枚、1ユニット8枚使用です
イメージ 5

繋げ方は凹凸をひねって繋げます≡
イメージ 3

イメージ 4
繋がれば当然段差はありません!
線路の色が単調でパっと見るとどこが繋ぎ目かわかりません!!

2ユニット分
イメージ 2

そのうち広い場所で曲線やポイント線路も繋げて、SLを走らせたいですね〜

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事