発注書

1月に工事を実施するのですがそれに基づく書類を作成しています 例えば 発注書ですが これをきっちりもらっていないと後でもめた時に大変です。何もなく口頭で動いていると言った言わないの水掛け論になるので エビデンスをしっかり取ることが重要です。そのエビデンスのとりかたにもコツがありますね。しっかりとしたエビデンスを出してもらうには 多少時間がかかりますが それまでの間 口頭で動かなければなりません。その間は自分のリスクとなるわけですが その結果として 相手に安心感を与えられるということもあると思います。契約書でがんじがらめにしてしまうと お客さんの方も警戒心を出してくるので、そういった意味では ゆるい契約にもとづいて部材の手配などをするのが一番良いと思います。そのような内容を考えた発注書を整備しておくことが 今後の仕事に役立つだろうと考えておりすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事