ここから本文です
雑音の中から拾う愛の音 紋章
第70回記念太宰府梅まつり川柳大会(太宰府天満宮・主催)
(西日本新聞社・後援、福岡川柳倶楽部・協賛)にきています。
200名近い参加者で賑わって、そろそろ始まります。会場は
太宰府天満宮内の余香殿。13:00
最終 参加者190名

イメージ 1

イメージ 2


題は9つ、18句揃えはしたが
抜けるやら?

番傘本社から森中恵美子さんが
選者で参加。前日のセントラル福岡では座談会(森中惠美子氏と
ふあうすと主幹の赤井花城氏との川柳談義)とパーティが開催
約70名が参加されたようだ。

イメージ 3


●「昔」 森中恵美子 選
特選
昔から手紙が好きで人が好き (北村あじさい)
佳作5
風呂敷に包んだままの昔です  (間瀬田紋章)

●「気分」 平田 朝子 選
特選
ケータイを忘れて今日は山頭火  (平井 義雄)
 
春キャベツさくさく切れる恋ごころ ( 西岡 南風)
気がつけば私も丸くなっていた   (間瀬田紋章)

●「得意」 永石 珠子 選
特選
女です得意なものは握り飯    (森中恵美子)

●「破る」 梅崎 流青 選
特選
水ごくり五臓を破る音がする   (横尾 信雄)

常識を破る桜の咲く頃に     (間瀬田紋章)
玉砕の島に日本語だけ残る    (西岡 南風)

●「こなす」 古谷龍太郎 選
特選
生きる日のノルマをこなす蟻の街 (井手 典生)

二人分こなして母は眠らない   (間瀬田紋章)

●「ショック」 堤 日出緒 選
特選
寒風を突いて届いた訃のメール  🌺(西岡 南風)

学校のショックを詰めるランドセル ( 間瀬田紋章)

●「ぐんぐん」 渡邊 桂太 選
特選
人間になろうぐんぐん乳を吸う    (永石 珠子)

●「そっと」 植村 克志 選
特選
終章の余白でそっと潤うか      (山口由利子)



特別課題
●「みやげ」 赤井 花城 選
特選
もう一つの生き方見つけ終わる旅   (梅 流青)
佳作1
みやげなどいらぬ一度帰らんね    (間瀬田紋章)

お土産は無事に帰って来るあなた   ( 江藤九州男)


イメージ 5





16時半閉会
太宰府を出て高速へ
しばらくすると、連休最後の日、
20キロ渋滞。益城から対面1車線
イメージ 4

時速5キロ、
御船から通常になったが今度は八代で横転事故渋滞また1時間渋滞。宮崎に0時過ぎ、8時間もかかりました。疲れてしまいました。




◆掲載句については、聞き取りなので、発表誌で確認をしてください。




本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事