大室寅之祐の鍔(旧本館)

新ブログは http://blogs.yahoo.co.jp/blog_yamanashi_2 です

全体表示

[ リスト ]

三島由紀夫最期の絶叫と「檄文」

イメージ 1


[http://www.youtube.com/watch?v=egaf8ALM_84 三島由紀夫最期の絶叫(転載)

コメント26件中5件(字数制限もあり、他割愛)



1 三島由紀夫を初めて知ったのは小学生の時ですが、「え、昭和の時 代に切腹?!」と衝撃
を受けたのを記憶しています。その後、大人 になって「檄文」を読むと、三島の予言が
殆ど現実になっているの で、「三島ってすごい!」と戦慄してしまいます。
実際、彼の絶叫 は、この平和な日本にこだましています。三島由紀夫は「生きてい る」
のです。

2 最後に森田必勝と共に叫んだ「天皇陛下万歳」も録音されているは ずなのに何故カット
したのか。関係者の方お願いします。完全版を 公開してください。

3 作家・三島由紀夫として自己韜晦の煙幕を張り続けた男は、寿命を 全うして後世のバカに
理解されるより、日本人の喉仏に永遠に刺さ り続けるとして、我々の中で生き続けること
選んだのでしょう 。

「言葉にされたものは片付けられてしまう」
三島が生前愛読したT・マンの言葉です。


4 三島亡き後、日本はますますテイタラクの道をばく進中。
三島由紀夫の最期を述べた書籍は多い。
けど、檄文すら載せたものがロクに無い。

5 この最後の演説を全文掲載した書は、知る限りではたった一冊だ。
今初めて「最期のうったえ」を聴いた。
痛々しい・・・ でもこんな真剣さが欲しい


三島事件について

この肉声を以前聞いた時に一度取り上げてみたいと、思っていました。
この動画に関してもコメントも載せました。肯定・否定両論併記が原則ですが
肯定的な意見というより、個人的印象に残ったコメントを載せて於こうと思います。
39年前の1970年11月25日の事件でした。

僕はこの事件がどう理解されてるのかは解かりませんが、少なくとも、どう捉えられ
様とも、日本を憂慮していた事は間違い無いと信じてます。
当日撒かれた檄文を改めて読むと
今の日本を予言していました。
8番目の動画を観てもそう思えます。憲法や自衛隊について、或いは天皇について、
三島氏について今一度考えてみようと思います

以前、学習院時代に書いた生原稿の字体
が凄く綺麗で驚いた事も有りました。

その他、色々三島氏の動画が有りましたので、纏めて於きます.




関連動画一覧 10本


1 news movie "the death of Mishima Yukio" 1970

news movie "the death of Mishima Yukio" 1970




2 大義のために死す 暗示する様な発言があります。

大義のために死す 三島由紀夫 誕生の日



3 a case of Yukio Mishima 三島由紀夫事件 前日の様子

a case of Yukio Mishima 三島由紀夫事件



4 三島由紀夫

三島由紀夫


5 三島 vs 東大全共闘

三島 vs 東大全共闘



6 Yukio Mishima....Rare 1969 Interview

Yukio Mishima....Rare 1969 Interview In English





8「果し得ていない約束」 三島由紀夫が遺せしもの 井上豊夫



9 日本・「過去と未来をつなぐ・三島由紀夫とは?」 解かり易いです。

日本・「過去と未来をつなぐ・三島由紀夫とは?」(転載)


10 Yukio Mishima - documentaire en fran巽ais p1 フランス語 葬儀映像あり

[http://www.youtube.com/watch?v=xdn3klj8T1I Yukio Mishima - documentaire en fran巽ais p1





三島由紀夫 二つの仮面
三島由紀夫氏をその1からその9まで全般に渡り描いています。

三島由紀夫 二つの仮面 その1

三島由紀夫 二つの仮面 その1


三島由紀夫 二つの仮面 その2

三島由紀夫 二つの仮面 その2


三島由紀夫 二つの仮面 その3

三島由紀夫 二つの仮面 その3


三島由紀夫 二つの仮面 その4

三島由紀夫 二つの仮面 その4


三島由紀夫 二つの仮面 その5

三島由紀夫 二つの仮面 その5



三島由紀夫 二つの仮面 その6

三島由紀夫 二つの仮面 その6



三島由紀夫 二つの仮面 その7

三島由紀夫 二つの仮面 その7


三島由紀夫 二つの仮面 その8

三島由紀夫 二つの仮面 その8



三島由紀夫 二つの仮面 その9

三島由紀夫 二つの仮面 その9




関連サイト




「人物・日本」書庫の記事一覧

閉じる コメント(10)

わっ!これは特集状態ですね。
時間がある時に全部ゆっくり観たいです。

三島由紀夫の最期の時、ほとんど誰も彼の発言を聞いてなかったみたいですね。

高校の時の熱血な国語の先生からの話なんですけど、彼と彼の支持者の若者達が自決した時、みんなすぐには死ねなくて、随分と痛ましい最期だったと言ってました。

何か今の日本とか日本人からは想像できない状況。。。

2009/11/26(木) 午前 1:56 [ AKIKO☆ ]

akliko さん
そんな熱血先生がいらしたんですね。
三島氏の行動に本当に賛否両論あると思いますし、それはそれで
いいと思います。
こんな事をして如何しようというんだ!という気持ちとこの国を
憂いての行動なのか・・・
評価は様々でしょうね。ただ余り知らなかったのですが、この
『檄文』を読んで見ると、妙に今の現実を見通していた様にも
思えてなりません。
最後はどう表現していいものやら・・・少し困りました。

痛ましさは有りますが本望だったのか、何とも云えませんね。

2009/11/26(木) 午前 8:51 大室寅之祐

顔アイコン

自殺を擁護することになり、また暴力で民主主義を冒涜するものであり、
私はバランス感覚に欠如した危ないものだと思いますが・・・・・。

憂国といっていってもそれは自分の才能の枯渇を隠すだけのもの。
自殺した作家はすべて感性を磨くことを失念して精神のバランスを崩したのです。

生命の畏敬、尊敬、慈しみを感じる感性があれば、自殺など出来ないはずです。目先のことに意識が集中しすぎることが精神の断絶を生む可能性を高くしてしまいます。何事もバランスです。

日本の文学は基本的に私的な感情の吐露であり、人類の理想的な生き方を敷衍的に描く欧州小説とは異なり、とても子供たちの教育に使えるものではありません。

そこのところをシッカリ理解したうえで楽しんでください。

子供にそんな自殺は暴力の美化であり、
そんなことを教えては決していけません!!!

2009/11/26(木) 午前 9:55 [ こころが立派になればいい ]

顔アイコン

それほど彼のことを学んだわけではありませんが、現代にはいない異端児であることは間違いないですね。善し悪しは別として、自分の信念を貫く姿には共感します。

今は会社なので、家に帰ったらゆっくり拝見します。。。

2009/11/26(木) 午前 11:37 ZOLA♪

顔アイコン

そーいえば三島の首と胴体はなれた現場の写真みたことあります。一回で首切れなくて、人変わって切り直したんじゃなかったかしら。戦国時代でも人間の体って脂あるからそんな簡単にスパッって切れてないそうですね。その間お腹切ってる本人はかなりもだえたそうですよ。
奇異は駄目です。あたしもつくばさんの意見に賛成です。

2009/11/26(木) 午後 2:14 [ gongongonkun ]

つくば眞學會 様
いつもご親切なコメント感謝しています。

三島事件はその衝撃性と極めて政治色がも強くまた自衛隊を
曲りなりにも占拠する、ある意味大事件だったと思いいます。
ご指摘の自殺の件、仰る通り死を美化する事でもあり、私など
一度たりとも考えた事は有りません。
三島氏の死に方は、非常に確信的であり受け入れる事が出来る
ものではありませんね。
ただ疑問として残るのは、猪瀬氏の指摘の通り、何を問い掛けて
死んでいったのか?その辺がまだ少し個人的課題です。
戦後25年経た平和な時期に命まで賭けて訴えたかった事とは
何だったのか?
調べても、考えても納得出来る答えは出てはきません。
飽く迄個人的ですが・・・

日本の文学は子供たちの教育に使えないとの、ご指摘。
全くの素人なので良くは判りませんが、三島作品もやはり
教科書に用いるには適していないんですね。
最近は文学も小説も楽しむ事が少なくなって仕舞いました。

これからも清濁、賛否、表裏等心がけていきたいですね。

2009/11/27(金) 午前 2:49 大室寅之祐

ZOLA さん
僕もそれほど詳しくも何でもありませんよ。
ただこの言葉はうなずけました。
「言葉にされたものは片付けられてしまう」
ナルホド・・・

自分に信念が有るかもわかりませんし、この様な行動
が褒め称えられるとはまだ思いません。

本人が言っていたとおり、自分の為だけに生きるのはすぐ
飽きて仕舞う・・・
僕にもそんな言葉がいえたら、いいんですが

2009/11/27(金) 午前 3:11 大室寅之祐

ゴンちゃん!
コメントありがとう御座います。
着々準備は済んでいますか?
マイペースでよかったです。後はあれを取り戻すんだね。

三島氏の御遺体も写真でみました。初めてみたので驚き
ましたが、当時新聞写真に掲載されたと聞き及び、二度
驚きました。
戦国の世、やはり大将クラスの首は奪い合いになって仕舞い
ますからね。首実検の描写を読むと、そうおもいます。

三島氏の話にコメント貰えて嬉しいです。

2009/11/27(金) 午前 3:27 大室寅之祐

顔アイコン

政治結社皇国憲政党です。

三島由紀夫は、立派な人です。

三島由紀夫の檄文は、素晴らしいです。

三島由紀夫の檄文を利用して

瀬戸内寂聴ばばあの腐敗堕落を訴え

剃髪尼僧教団打倒を訴え

禅宗曹洞宗の腐敗堕落を訴え

禅宗曹洞宗僧侶の打倒を訴え

クーデター決行しましょう。 削除

2012/9/10(月) 午後 10:11 [ 政治結社皇国憲政党 ]

顔アイコン

政治結社皇国憲政党さま
三島由紀夫氏の記事にコメント頂きありがとう御座います
自衛隊の出動要請は日本からは来ない・・・と将来起こりえる事
を見通していた事がその素晴らしさの一端を垣間見る想いです。
宗教も怠惰な部分もありますが、すべて人間がやる事なので・・・

2012/9/11(火) 午前 1:14 大室寅之祐

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

飲食店カテゴリの関連記事

※「練習用」カテゴリが登録されている場合は「飲食店」カテゴリを表示しています

もっと見る
Yahoo! Choctle

.
検索 検索

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者15359196
ブログリンク091
コメント09760
トラックバック0166

ブログバナー

【直近登録ブログ】

【各社・外部ブログ】

【 Twittr 】

【陰謀・欺瞞】

【海外・米国】

【海外・NY】

【海外・仏国】

【海外・伊国】

【海外・中国】

【海外・中東】

【海外・豪州】

【世界・全般】

【国際・政治】

【国際・軍事】

【国際・中国】

【政治・経済】

【政治・哲学】

【文化・作家】

【芸術・絵画】

【芸術・書家】

【料理・全般】

【歴史・文化】

登録されていません

【歴史・戦国】

【歴史・幕末】

【歴史・戦後】

【音楽・全般】

【音楽・DJ】

【音楽・JAZZ】

【音楽・HIP-HOP】

【評論・政治】

【評論・経済】

登録されていません

【医療・全般】

【書籍・古書】

【ブログ・全般】

【ブログ・友録】

登録されていません

【ネット・ブログ】

【教育・学術】

【地方・地域】

【芸能・歌手】

【植物・園芸】

登録されていません

【食品・農業】

【保守・評論】

【政治・政治家】

【アメブロ・伝統・文化】

【アメブロ・音楽・藝術】

登録されていません

【アメブロ・政治家】

【アメブロ・海外】

【アメブロ・経済】

【so-netブログ】

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事