ここから本文です

書庫全体表示

虎姫一座を応援している「昭和歌謡レヴュー 虎姫一座!」という公開のフェイスブックページがあります。https://www.facebook.com/torahimeichiza
 
9月11日には、次のような記事が掲載されています。(抜粋)
 
  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇
 
少し前のことになりますが、毎日スポニチTAP-i 8月21日(水)号の特集・「浅草今昔」(上)に虎姫一座が取り上げられました。虎姫一座のプロフィールや「シャボン玉だよ!牛乳石鹸!!」が詳しく紹介されています。動画もアップされています。特筆すべき(?)は、プロデューサーで虎姫一座のマネージャーでもある伊藤理恵子さん(6月にアミューズの執行役員に就任。改めておめでとうございます!)が登場していること。いつも黒子に徹している彼女が肩書とともに登場するのはとても珍しいことですが、それだけこの取材が虎姫一座と浅草を正面からきちんと取り上げてくれようとしたのだと感じた次第です。
 
【毎日スポニチTAP-iに虎姫一座記事】
http://goo.gl/1ue7i6 (本URLはPC用です)
 
※中央下の▲でページを進めることができます。
通常の記事は有料ですが、今回の虎姫一座の特集は無料で購読できます。
 
  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇
 
まずは、まずは、この記事で取り上げられている http://goo.gl/1ue7i6 をご覧になってみてください。写真も満載で虎姫一座の魅力が見事なまでに紹介されています。
↓こんな感じの画面です。
 
イメージ 1
 
この毎日スポニチTAP-iに虎姫一座が掲載された記事を知ることができたのも、この「昭和歌謡レヴュー 虎姫一座!」というフェイスブックページのおかけです。
 
このフェイスブックページ(コミュニティ)は熱烈な虎姫ファンの方が作られ運営なさっているものです。私は当初、なんの疑問もなく虎姫一座の「公式フェイスブックページ」かと思いましたが、実はファンの方が作られているものだと知り、さらに驚きました。
 
作成されたのは昨年の9月下旬で、豊富な写真をまじえた、その丁寧なつくり、熱く愛情溢れる記述の根底に、豊かな知識・教養と、そして何よりも、とても温かく誠実なお人柄が感じられます。
こんな素晴らしいフェイスブックページを作成・運営されている虎姫ファンは、いったいどなたなのかとあれこれ考えましたが、しだいに、「“あの方”に違いない」、と思うようになりました(ご本人様には直接には「確認」していないのですが、きっとそうだと思います。その方の「フェイスブック」を読ませてもらっているとわかります。もちろん、「お友達」にさせていただきました(^_^))
 
ほんとうに素晴らしいフェイスブックページ(コミュニティ)ですので、もしまだの方はぜひご覧ください。もっとも「いいね!」が750以上もついていますから、当ブログにお越しの方なら、まだご覧になったことがない方は ほとんどいないかもしれませんが(^^)
 
「虎姫一座応援サイト」というべきものは、他にもたくさんあります。
今回は、特にお世話になっている方々のブログを(もう、ご存じの方がほとんどでしょうが、最近私のブログにお越しいただくようになった方々のために)紹介させていただきます。
 
▽ぴんくの○にさんのブログ
http://ameblo.jp/pink-no-wani/
「虎姫あるところに 必ず ぴんくの○にさん あり」と言われるくらい(^^)の方で、私も日頃から大変お世話になっております。
虎姫宣伝パレード(「チンドン」)の同行レポート・写真なども掲載。虎姫からも「明日の公演も(必ず)来ますよね!」と“当然視”されている(^^)、虎姫愛に溢れる「超常連」の方で、公演日程等の情報提供も迅速です。
 
▽タンクさんのブログ「日々つれづれ」
http://ameblo.jp/kimonoya/
情熱溢れる観劇日記を連載。虎姫だけでなく、数多くの意欲的なパフォーマンスグループを応援されていますが、特に虎姫一座は創生期から応援されてきた方です。
撮影された写真をふんだんに織り交ぜたその記事からは、虎姫の素晴らしさが臨場感たっぷりに伝わってきます。
(虎姫記事の一例を紹介させていただきます)
http://ameblo.jp/kimonoya/entry-11571485660.html
 
そして、なんといっても、この方を欠かすわけにはいきません。
 
▽AISさんのブログ「AIS-Blog.NET」
http://ais-blog.net/?cat=143 (※カテゴリー「虎姫一座」)
2年前、私に虎姫一座の存在を教えてくださった方です。
虎姫関連の記事だけで300本近く! だけでなく、虎姫草創期、いや、それ以前の「織り姫」の時代から、「一緒に歩んでこられた」方です。
芸術的とも言うべき豊富な写真満載の そのブログは、まさに「虎姫一座の歴史書」そのものであり、「文化遺産」とでもいうべき記録です。
(最近は、コシダカシアターにご無沙汰のご様子ですが、AISさん、お会いしたいです!)
 
虎姫草創期、いや、それ以前の「織り姫」の時代から、といえば、この方も。
 
▽akikazeさんのブログ「秋風のどこふく風」
http://ameblo.jp/choklog-akikaze/
「アミューズミュージアム関係」ということで、なんと虎姫一座創立以前の2009年の秋から記事を書いておられます。虎姫一座が結成され公演が開始された頃の経緯どころか、それ以前の、ゆきさん、しゅくさん、なおさんの「織り姫」時代の様子から、生き生きと記されています。まさに、「彼女たちと時を共にしてきた」といえる方です。
 
もちろん、他にも、たくさんの方々が虎姫一座を応援する記事を書いておられます。
私も、そうした先輩方の皆様のおかげで、この素晴らしき、愛する虎姫一座に出会うことができました。ほんとうに感謝しております。
 
私のブログも、いつの間にか、虎姫応援ブログの色彩がどんど強まってまいりました。(そして、もちろん(!)「あゆみさん大好きブログ」です!!(^^))
 
さて、今回の写真は、すべて8月17日に撮影したものです。
 
イメージ 2
 
花道で元気溌剌に踊るスクールメイツ!の ともこさん、あびちゃん、なおちゃん、まみちゃん
 
イメージ 3
 
ザ・ピーナッツの あゆみさん と しゅくさん。美しすぎます!
 
イメージ 4
 
あきらくんとゆうきくんが、また、キマっています! あっ、ゆうきくんの目線がバッチリ!(^^;)
 
虎姫一座に魅せられ、その思いを“ストレートに”表してきた(著してきた)、「私なりの」ブログですが、先輩方にはとても及ばずとも、読者の皆様に少しでも虎姫一座の素晴らしさを感じていただけたら、とても嬉しいです。
そして、ぜひとも虎姫一座の魅力を、多くの方々に、直接、目で観て、体で感じていただけたらと思っています。
 
 
これからも、なおいっそう、よろしくお願いいたします!

この記事に

  • 顔アイコン

    スクールメイツFANさんのブログ記事によってさらに虎姫座の魅力がより多くの人々に伝わっていると思います。

    [ RSM1973 ]

    2013/9/12(木) 午後 10:50

    返信する
  • RSM1973さん

    ありがとうございます!
    私も、少しでも そんな力になれたら嬉しいです(^_^)

    近いうちに、またテレビでも虎姫一座が取り上げられるようですよ。

    スクールメイツFAN

    2013/9/13(金) 午前 0:21

    返信する
  • 顔アイコン

    300mmの望遠レンズ持っていけば良いですか。ヽ(*´∀`)ノ
    いつかお邪魔したいと思っています。
    うーんとね、タイトルの中にあゆみさんへのラブログです。
    って入れてください。ヽ(*´∀`)ノ

    [ ボーダー・コリー ]

    2013/9/13(金) 午前 2:17

    返信する
  • シェルティーさん

    愛機ご持参で、どうぞ! ご予約、お待ちしております(^_^)
    もちろん、「握手会」も、あります!(^^)v

    >うーんとね、タイトルの中にあゆみさんへのラブログです。
    って入れてください。ヽ(*´∀`)ノ

    (ブログの)タイトルはともかく、ブログのいたるところ、“それ”で満ち溢れているような…(^^;)

    スクールメイツFAN

    2013/9/13(金) 午後 3:04

    返信する
  • 顔アイコン

    いやいや、誇大しすぎ(^^;

    [ - ]

    2013/9/14(土) 午前 8:21

    返信する
  • ↑と、ご本人は謙遜されていますが(^^)
    ぴんくの○にさん への虎姫たちの信頼は、絶大なものがあります。

    皆様、ぜひコシダカシアターへ!
    「5割くらいの確率」で、ぴんくの○にさん にもお会いすることができますよ(^o^)

    ぴんくの○にさん、これからも、ますますよろしくお願いいたします!(^_^)

    スクールメイツFAN

    2013/9/14(土) 午前 8:35

    返信する
  • facebookとても心暖まる記事ですね。
    写真もプロ顔負けで素晴らしい!
    9月8日の公演で、「あゆみさんが東京開催決定のニュースに触れて、期限の無いロングラン公演を通じて昭和歌謡を歌い継いでいく決意を新たにしました。」
    のところジーンと来ます。
    8/17には横浜プリンスのブッフェショーもあったんですね。行きたかったな〜。
    10月になったら行きますね!

    Bohemian78

    2013/9/15(日) 午後 9:16

    返信する
  • Bohemian78さん

    公開フェイスブックページ「昭和歌謡レヴュー 虎姫一座!」ですが、
    9月14日の「車椅子でも感激できます! 虎姫一座」の記事に、またとても感動しました。
    記事に対するファン(虎姫団)の方々のコメントにも、さらにまた、です!

    私は、この温かい人柄・ハートこそが、虎姫たちの最大の魅力だと思っています。
    だから、何度も泣かされました。だからこそ、ますます好きになってしまっています。

    虎姫のことを、より知ってくださろうとしたBohemian78さんに、また大感謝です!

    Bohemian78さん、また虎姫たちに再会して、なおさら惚れ込んでください!(^o^)

    スクールメイツFAN

    2013/9/15(日) 午後 10:12

    返信する
  • 顔アイコン

    コメントさせていただくのは、久しぶりでしたかー
    初めてのコメントなのか、忘れてしまいましたが・・・
    そして、大変出遅れたコメント失礼します。
    私自身がフェイスブックをやっていないので、コミュニティーは数回しか読んでいませんが、スクールメイツFANさんが書かれているものだと思っていました 違う方だったのですね・・・ 削除

    [ 秋風(りんりん) ]

    2013/11/1(金) 午後 1:11

    返信する
  • 秋風(りんりん)さん

    コメント、ありがとうございます!

    記事本文にも書きましたように、「昭和歌謡レヴュー 虎姫一座!」というフェイスブックページ(コミュニティ)は、私は当初、「公式ページ」なのではないかと思ってしまったくらいです。

    >私自身がフェイスブックをやっていないので、コミュニティーは数回しか読んでいませんが、スクールメイツFANさんが書かれているものだと思っていました

    虎姫ファン大先輩の秋風(りんりん)さんに、そんなふうに思っていただいていたとは恐縮です(^^;)
    いやはや、私が、例えば、9月19日の「虎姫一座を英文で紹介」するような記事を、とても書けるわけがありません^^;

    虎姫への愛情溢れる記述の根底にある豊かな知識・教養と、滲み出る温かく誠実なお人柄から、ある時から私は、“あの方”が書いておられるに違いないと思うようになっていましたが、「あの英文」で、それは、さらなる「確信」へと固まりました。

    秋風さんのブログ、「織り姫」時代の頃の記事から、あらためて読ませていただきました。
    今後とも、なおいっそうよろしくお願いいたします(^_^)

    スクールメイツFAN

    2013/11/1(金) 午後 6:08

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事