ここから本文です
若い僧侶がギターを弾き、紙芝居を見せ、女性の有髪の尼さんが歌を歌って仏法を広めようというニュースがあった。
「説教と話芸」(関山和夫著)によれば、昔は説教僧という専門の僧が居たのです。話術は芸人以上で多くの聴衆が集まった。大説教者服部三麿が、日本一の名声高い桃中軒雲右衛門の客を浚ったという話があります。大説教者はそれだけの人気者だったのです。これらの説教者は話術の鍛錬をして聴衆に仏法を説いた。楽器や歌で仏法が広まるものかどうかではなく。

さんま、が「生きてるだけで丸もうけ」と言って娘に「いまる」と名前を付けた。朝ドラでこの言葉の入った台本を貰った、スター女優さんが感激して泣きだしたのを私は見ています。言葉、が胸に深く沁みこんだからです。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事