素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 こちらもご報告が(いつものことながら)遅くなりましたが、10月2日に行われた吉翠亭、秋の美食の会について、簡単に振り返ってみたいと思います。
 
イメージ 2
 
 受付を済ませた後、開宴の時を待ちながら食前酒をいただきます。この日は柿ベリー。柿リキュール・グレープフルーツ・クランベリーを使ったカクテル。
 
                 4周年記念 秋の京懐石 〜中秋の宴〜
【日時】平成23年10月2日 午後12時受付開始 午後12時半開宴
【料金】1人¥15,000(料理・飲物、税・サービス料込)
 
 
イメージ 4
 
 この日のメニューは。。。
                  4周年記念 秋の京懐石 御献立

 前菜   菊花寿司 菱蟹袱紗焼き 柿玉子 唐墨チーズ 炙り鯵かぼすジュレ掛け 茶樹茸御浸し
       小大根 天魚甘露煮 紅葉煎餅
 吸い物  松茸・秋鱧 銀杏南瓜 楓人参 芽葱 輪柚子
 造り    天然鯛 本鮪黒豆湯葉巻き 菊花烏賊 才巻き海老 季節のあしらえ
 焼き物  かます杉板焼き 焼き松茸 栗芋 銀杏 零余子 酢橘
 揚げ物  甘鯛丹波揚げ 舞茸の天麩羅 小茄子 万願寺 松葉素麺 煎り出汁
 蓋物    落ち鮎煮浸し 公孫樹長芋 海老芋 焼き目湯葉 紅葉麩 振り柚子
 食事    秋鯖茶漬け 山葵 香の物
 水菓子  特製和菓子嵐山 マロンプリン 有りの実 ミント
 
 
イメージ 5
 
 まずは祝盃。本陣 ひやおろし です。
 この会は飲み物込みで、飲み放題。のんべには嬉しいいいお酒がいろいろと用意されていますし、飲めない方にもノンアルコールカクテルがいろいろと用意されています。この日用意されていたのは。。。
 
                  秋の美食の会 お飲物
【日本酒】
 本陣 ひやおろし     潜瀧酒造・長崎
 本陣 純米吟醸      潜瀧酒造・長崎
 本陣 ふるさと讃歌    潜瀧酒造・長崎
【白ワイン】
 ブレッドブラザーズ
   ピュイ・フィッセ・クリマ・ラ・ロッシュ 2009
【赤ワイン】
  ドメーヌ・シャンドン・ド・ブリアーユ
    ペルナンヴェルジュレス・プルミエクリュ・イル・ド・ヴェルジュレス 2003
【カクテル】
  洋風ざくろ (白ワイン・ざくろシロップ・トニック)
  柿ベリー  (柿リキュール・グレープフルーツ・クランベリー)
  りんご梅  (梅酒・りんごジュース・トニック)
  柿トニック (柿リキュール・りんごジュース・トニック)
  ヨギぶどう (ヨギリキュール・ぶどうジュース)
【ノンアルコールドリンク】
  ウーロン茶
  オレンジジュース
【ノンアルコールカクテル】
  ざくろジンジャー (ザクロシロップ・ジンジャーエール)
  ゆず酢トニック  (ゆず酢・トニック)
  洋ナシソーダ   (洋ナシシロップ・りんごジュース・ソーダ)
  ザクロオレンジ  (ザクロシロップ・オレンジジュース)
  りんごグレープ  (りんご・グレープフルーツ・オレンジ・洋ナシシロップ)

前菜

イメージ 6
 
前菜   菊花寿司 菱蟹袱紗焼き 柿玉子 唐墨チーズ 炙り鯵かぼすジュレ掛け 茶樹茸御浸し
       小大根 天魚甘露煮 紅葉煎餅
 
 見た目も素敵ですね。
 
イメージ 7
 
炙り鯵かぼすジュレ掛け 
 
 脂がとってものった鯵の旨味と、さっぱりとした味わいのかぼすジュレとが混然一体となった美味しさ。
 
イメージ 8
 
茶樹茸御浸し
 枯れた油茶樹の幹に自生する珍しい茸・茶樹茸は、シャキシャキした食感と野趣ある味わいが魅力。右手にぼんやり写っているのは紅葉煎餅。さつま芋をスライスして食紅で色づけしてあるようです。
 
イメージ 9
 
菊花寿司 
 トラウトサーモンを菊の花の形にカットして上にイクラをのせてあります。愛らしく美味しい一品。
 
イメージ 10
 
菱蟹袱紗焼き 柿玉子 唐墨チーズ 
 上が唐墨チーズ。パウダー状にした唐墨をチーズとあわせて成型したもので、ねっとりとした食感で風味が良くちょっと面白い一品。中央右が柿玉子。西京味噌に漬けた卵はねっとりとした食感で実に美味。小品ですが、大好きな一品。手前左が菱蟹袱紗焼き。渡り蟹が使われており、ふんわり焼き上げられた玉子焼きのような感じでしょうか。
 
イメージ 11
 
小大根 天魚甘露煮 
 
 いずれもキチンと仕事のされた一品揃いで、実にお酒が進みます。
 

日本酒

イメージ 3
 
本陣 ひやおろし
 今回用意されていた日本酒は佐世保江迎町にある潜龍酒造のもの。
春に誕生した新酒が、一度だけ加熱殺菌されたあと、暑い夏をひんやりした蔵の中で眠って過ごす中で熟成が進み味が馴染み、秋に目覚め再び火入れをすることなく出荷されるお酒を「ひやおろし」と呼ぶのだとか。
頃合いに熟成した「ひやおろし」は円熟した秋に旬のお酒。秋の味覚との相性も抜群とされています。
 本陣 ひやおろしは、秋限定の純米生原酒で500本限定のお酒。
 
イメージ 12
 
本陣 純米吟醸
 
イメージ 13
 
本陣 ふるさと讃歌    
 私の記憶違いでなければ、このふるさと讃歌はワイングラスでいただきました。香り立つ日本酒はワイングラスでいただくのも素敵です。
 
イメージ 14
 
 大吟醸 ふるさと讃歌は平成23年全国新酒鑑評会で金賞を受賞したお酒。美味しい肴に美味しいお酒。ご機嫌です。
 

吸い物

イメージ 15
イメージ 16
 
吸い物  松茸・秋鱧 銀杏南瓜 楓人参 芽葱 輪柚子
 この時期脂がのって美味しい秋鱧。鱧と松茸の出会いは、この時期の日本料理の醍醐味の1つですね。香たち味わい深いお椀でした。
 

造り

イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
 
造り    天然鯛 本鮪黒豆湯葉巻き 菊花烏賊 才巻き海老 季節のあしらえ
 
イメージ 20
 
  厚めに切られた見事な本鮪は黒豆湯葉で巻いてあります。
 
イメージ 21
 
 醤油の小皿も風流に。
 
イメージ 22
 
 実に綺麗な本鮪ですね。
 
イメージ 23
 
 菊花烏賊も実に見事。
 吟味された食材と、匠の技が光ります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事