素敵なハウステンボス(ナイト)ライフ のんべ風カヌー添え

HTBは立派に成人し順風満帆な様子。HTBの今後がますます楽しみです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
1月25日26日に吉翠亭の冬の美食の会が開催されました。26日に参加してきましたので、簡単にご紹介したいと思います。
いつもより早めにご紹介するには理由があるのですが、それはレポ後に
 
イメージ 2
 
 今回のメニューは
                      冬の美食会
                 〜和食 無形文化遺産記念〜
日本三大珍味祝い肴  : 金子この腸 雲丹煮凍り 自家製唐墨 蟹砧巻き 
                 鮒鮨 豆富味噌漬け 慈姑二種
御椀物   :  甘鯛梅香蒸し 白子豆富 鶯菜 梅麩 柚子 銀箔
御造り   :  鯛松皮造り 鮪アボガド巻きキャビア添え 福オリーブオイル風味の炙り 季節のあしらえ
御蒸し物  : このこ蒸し 柚子 
御家喜揚げ物  :  九絵付け焼き 汐子粕漬け 黒豆 鶴大根 蟹東寺揚げ 
              芥子蓮根 松葉素麺  葉地神
御蓋物   :  すっぽん蕪蒸し 松笠慈姑 竹苣塔 梅人参 鱶鰭餡 露生姜 振り柚子
御飯物   :  牡蠣御飯 牛汁 京漬物三種
甘味   :  琴海竹島農園の苺のデザート
 
イメージ 3

 

食前の飲み物

イメージ 4
イメージ 5

HOT DRINK はちみつジンジャー
 
 美食会は飲み物付きですが、今回用意されていたものは
                        DRINK MENU
=Sake=
 *繁桝 特別本醸造 超辛口
 *繁桝 特別本醸造 福来る

=Wine=
 *Red : フジクレール メルロー2011
 *White : ティンポット・ハット マールボロ・ピノ・グリ

=Codktail=
 *ジンジャーハイ
 *ヨーグルトトニック

=Soft Drink=
 *長崎ミカンジュース
 *ウーロン茶

=Non Alcohol Cocktaio=
 *柚子ソーダ
 *桃ソーダ

=Hot Drink=
 *はちみつジンジャー

日本三大珍味御祝い肴

イメージ 6
イメージ 7
 
日本三大珍味祝い肴  : 金子この腸 雲丹煮凍り 自家製唐墨 蟹砧巻き 鮒鮨 豆富味噌漬け 慈姑二種
 
 日本三大珍味というと、いろいろな説があるようですが、一般には「このわた」、「うに」、「からすみ」を江戸時代から日本三大珍味というとされています。農林水産省の消費者相談でその様に回答していますから、お墨付きでしょう。「うに」のかわりに「くちこ」を入れるという人もいるでしょうし、全国に珍味はいろいろとありますが、ここでは、三大珍味を中心に珍味三昧を楽しめます。
 
イメージ 8
 
鮒鮨  慈姑二種  蟹砧巻き
 鮒鮨の陰に隠れていますが、その向こうに慈姑二種のうちの1つ(こちらは炊いたものだったかと)と、蟹砧巻きがあります。
鮒鮨は「卵の入ったメスのフナを腹開きにして、腹腔内に塩を詰めて数ヶ月から1年ほど塩漬けにする熟れ寿司のひとつ」で、滋賀県名産(朝廷にも献上された逸品)の珍味。非常に臭いが強い(食べられない人も多いと聞いていました)とのイメージがありましたが、それほどでもなく、ウィキペディアによると納豆より少し臭いが強い程度とか。乳酸発酵に基づくのだと思いますが、酸味(と塩気、旨みも)がかなり強い味わいでチーズをいただく感覚で美味しくいただけました。
 好みの別れる食材であるのは間違いないでしょうが、鮒鮨って美味しい♪というのが、今回の個人的な発見です。いい肴です。お茶漬けにしても美味しそう。
 
 原料となる鮒が琵琶湖湖水の水質の悪化や護岸のコンクリート化等による産卵場所の減少や外来魚の影響等により漁獲量が少なくなっており、かなり高価なものとなっているようで、今回いただいたものも、この1切れで原価750円ほどするのだとか。
 
イメージ 9
 
豆富味噌漬け 
 豆腐の味噌漬けは京料理ではよく使われるのだとか。ここでは白味噌と赤味噌に別々に漬けたもの2種を組み合わせていただきます。いずれもいい味わい、いい肴です。
 ちなみに、左上に少し写っているのが蟹砧巻き。桂むきにした大根や蕪、キュウリ、薄焼き卵などで、白身魚やえび、鶏肉などを芯にしてクルクル巻いた料理が砧巻き。
 
イメージ 10
 
自家製唐墨  慈姑二種
 吉翠亭ではおなじみの自家製唐墨。長崎が誇る珍味ですね。左手に慈姑二種のうちの1つで、こちらは煎餅になっています。
 
イメージ 11
 
金子この腸
 金子はなまこの乾物ですが、トロットロにやわらかく調理されています。それにこのわたの味わいが加わっています。
 
イメージ 12
 
雲丹煮凍り 
 塩うにと生うにを使った贅沢な煮凍りです。
 一品一品がそれぞれに持ち味の違う、いい肴でのんべにはたまらん!です。
 

日本酒

イメージ 13
 
 

御椀物

イメージ 14
イメージ 15
 
御椀物   :  甘鯛梅香蒸し 白子豆富 鶯菜 梅麩 柚子 銀箔
 白子豆富の上に、甘鯛の梅香蒸し、梅麩、鴬菜をのせ、柚子と銀箔をあしらったもの。蓋をとると柚子の香りが漂ってきます。甘鯛は昆布を敷いて酒蒸しにしたもの。鴬菜は小松菜や水菜などの小さいもので、鴬の鳴く頃にとれるものだから、鴬菜というのだとか。
 香よし、風情よし、味わいよしの御椀物です。

日本酒

イメージ 16
 
 味もですが、縁起のいい名前に七福神のラベルが1月の美食会にふさわしいですね。
 

御造り

イメージ 17
 
 御造りも三宝柑(縁起のいい名前ですね)を使った素敵な盛り付けです。
 
イメージ 18
 
御造り   :  鯛松皮造り 鮪アボガド巻きキャビア添え 福オリーブオイル風味の炙り 季節のあしらえ
 
イメージ 19
 
鮪アボガド巻きキャビア添え 
 美しい鮪でアボガドを巻き、キャビアが添えてあります。贅沢なお造りですね。
 
イメージ 20
 
鯛松皮造り 
 鮪の向こうに盛り付けてあるのが鯛の松皮造り。鯛の身だけでなく、皮や皮下脂肪、皮と身の間の旨みまでをも味わえる御造りです。
 
イメージ 21
 
福オリーブオイル風味の炙り 季節のあしらえ
 福はふぐですね。オリーブオイル風味の炙りというのがまたいい感じで。梅に鶯も愛らしく。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事