Mt. Rubble

いろいろ書きたい・・・
イメージ 1
春の北条鉄道を見に行ってきました。
北条鉄道はローカル感漂う路線ということで、
撮り鉄ではないがいつか行ってみたいと思っていました。

北条鉄道で特に有名な駅は法華口だそう。
さらに桜シーズンということもあり駅ホームはカメラマンだらけ・・・。
嫌気がして、今回は法華口は完全スルーしちゃいました。

いくあてもなく電車に乗っていると、
沿線に何やら神社らしき建物が!

妙に惹かれたので最寄りの長駅で下車しました。
イメージ 2
長駅、なかなかいい味出してます。
ちなみに昔は駅長室だったと思われる部屋が婚活相談所になってました。
今度行こうかな(笑)

とりあえず駅を後にし、気になっていた神社らしき建物を目指しました。
しばらく道なりに歩いていくと・・・

イメージ 7
あった。
田園のなかにポツンと、
しかも線路を堂々横切ってくださいと言わんばかりの場所に。
あ〜〜〜こういうロケーション最高〜〜〜!!

しかも社の後ろには桜の木。
もうなんとも言えない美しい景色・・・

イメージ 3
鳥居もいい感じ。

イメージ 5
大歳神社というらしい。

イメージ 6
時間の流れが急にゆっくりになったような錯覚。
昼寝でもしたいくらい・・・

イメージ 4
静寂を破る電車の音・・・

イメージ 9
遠目で惜しみながらも神社を後にしました。
また夏にきてみたいなぁ。

イメージ 8
神社に行く途中にも大きな桜の木がありました。
あぁなんてきれいなんだろう。

イメージ 10
こういう踏切とかあまり見かけなくなりましたが、
なんだか少年時代を思い出します・・・

イメージ 11
どことなくローカルな感じ。

イメージ 12
水仙も咲いていました。

イメージ 13
春爛漫の一日で、
気持ちのいい時間を過ごせました。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
夜の伏見稲荷に行ってきました。
時刻は19:20。
この日は天気が良かったが、気温7度くらいで寒い・・・。

イメージ 2
まずは有名な千本鳥居に向かう。
夜の闇のなかにうっすらと朱色の鳥居が出現・・・。
すでになかなかの不気味な雰囲気。

イメージ 3
千本鳥居。
ここの鳥居の密度は半端ない。


イメージ 5
千本鳥居を越えると奥社奉排所があり、その右奥に有名な「おもかる石」がある。
願い事をして石灯籠の上のおもかる石を持ち上げると・・・
ふぅ〜、○○かった〜笑
ちなみにすぐ後ろにいたカップルは二人ともおっもーと言っていた。
この先もお幸せに・・・

イメージ 6
な、なんという鳥居の数・・・

イメージ 4
千本鳥居で驚いてはいけない。
稲荷山はこれからだ。
その先も鳥居をひたすらくぐる・・・
それにしても赤い鳥居と夜の暗闇のコラボは素晴らしい。

イメージ 7
鳥居に守られながら登っていくと、
ようやく四ツ辻に到着。
辻とは道と道が交わる十字路のこと。
稲荷山にはこの先も何か所か辻があり、ここを踏み間違えると
神隠しにあってしまうのだとか。

そんな筆者も実のところ
この先で道に迷ってしまい・・・

気づいたら鳥居もない山道を歩いており・・・
そばを流れる小川の水の音が妙に気味悪く、
おまけに木々の漆黒の闇からは「くぅぉ〜ん、くぅぉ〜ん」という謎の鳴き声・・・。

歩いて行った先は・・・

イメージ 8
ひときわ古びて苔生した石碑や鳥居・・・
なんとも言えない冷やりとした空気感・・・
あとで調べてわかりましたがここが清瀧という場所だそう。
四ツ辻あたりは夜でも人がいたが、
この辺までくると本当に誰とも会わなかった。
冗談ぬきで神隠しにあうというのも過言ではないかもしれない・・・

イメージ 9
やっと鳥居のある場所まで戻ってきた。
鳥居のある安心感。。。
鳥居はまさに参拝者を守っているように感じた。

イメージ 10

イメージ 11
そのさきもひたすら鳥居をくぐりながら進む・・・

イメージ 12
ごくりッ・・・

イメージ 13
ふぅ〜ようやく四ツ辻まで戻ってこれました。
いやぁ〜戻ってこれてよかった。

イメージ 14
夜空に輝くオリオン。

イメージ 15
夜の稲荷山は、昼間の賑やかさを一切伺わせない雰囲気を醸し出していた。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

これまで自作のヘッドフォンアンプの電源は、秋月の12VACアダプター+低ノイズ電圧レギュレータ(AE-TPS7A)で適当に与えていたが、やっぱり微妙なノイズが気になっていた。
そこで、試しにトロイダルトランスを使ったオーディオ用電源を作ってみることにした。
今回はとりあえず買ったパーツをメモしておく!

・トロイダルトランス HDB-25
・電源ユニット用アルミパネルセット
・アルミケース   Type106-190 _106(W)×56(H)×190(D)mm
・電源ユニット用アクリルパネル WP-803
・アクリルパネル用ロングネジ 4本入 WP-810
・電源ユニット用パーツセット WP-804
・ダイオード 30PHA20(SBD)
・抵抗 2.2kΩ1W 金属皮膜
・音響用コンデンサ 16V4700μF

 

この記事に

開く コメント(0)

スペイン旅行の3日目、美食の街として知られるサンセバスチャンに行きました!
サンセバスチャンは意外と情報が少ないかもしれないので、
日本人の皆さんの役に立てばうれしいです〜

朝8時、マドリード・チャマルティン駅からビルバオ行きの電車に乗りました。
片道約5時間半の長旅ですが、Preferenteという一等席だったのでわりと乗り心地はGood。
ちなみに乗車前にX線検査があります汗
イメージ 1

なかなかよい車窓〜〜
イメージ 2

サンセバスチャン駅から旧市街へ向かうとなかなか素晴らしい橋が出迎えてくれます。
イメージ 3

とりあえずホテルに直行。
今回、Casa Nicolasaというホテルに宿泊。
なかなかおしゃれでフロントの兄ちゃんも色々親切でとてもよかった!
そして、ここからが本番。
バル(バーの事)へ出撃!
一件目は、ホテルで進められた「Gandarias」というお店。
イメージ 7

イメージ 4

最初は注文に戸惑いボー然。
どうやら店員さんから「オラッ!」と声かけられるまでカウンタで待っていればよいみたい。
店員さんは英語通じる方もいれば全くの方も。
まあだいたいしぐさで通じると思われるが、飲み物だけは発音重要。
とりあえず以下の写真のようなピンチョスと呼ばれる単品をチョイス。
特にうまかったのが串にささった団子みたいなやつ。
実はマッシュルームみたいなきのことハモン(生ハム)の組み合わせで超うまい!!
素晴らしい!!
イメージ 5

飲み物は白ワインやら名物サングリアを注文。
イメージ 6

ひとまず腹ごしらえをしたところで、
近くのCastillo de La Motaと呼ばれる場所へGo。
イメージ 8

すばらしい眺めです〜〜
イメージ 9

大砲も至るところに。
イメージ 10



この記事に

開く コメント(0)

9月のシルバーウィークを利用して登山することになった。
登るのは日本三名山の一つ,立山!

立山は3000m級の山でありながら約2450mの室堂まではバスやケーブルカーで行くことができ,さらにはアルペンルートのうちに黒部ダムもあり,初心者にも大変人気のある山だそう。

早速,登山装備を揃えることにした。

・ザック
mont-bell チャチャパック30 ガンメタル/サンライズレッド \13800

・レインウェア
Marmot Rainstorm Drysuit \34200

・靴下
mont-bell メリノウール アーガイル ソックス NV/ネイビー L \1800

・ミディアムレイヤー
ユニクロ ウォームドライ ハーフジップT Wine ¥1990

・小分けバッグ
mont-bell ライトスタッフバッグ 10L \1000

こんなところですでに5万超え!!
あーなんてお金がかかるんだろう…
と思いつつも,ハイキングや渓流釣りにも使えそうかなと言い聞かせて買ってしまったのでした。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事