松下宏の見たクルマ、乗ったクルマ、会った人

東奔西走を続ける自動車評論家・松下宏が見た、触れた、乗ったクルマと、出会った人たちのほか、見た映画について随時書いていきます。

自動車業界最新ニュース

すべて表示

「愚行 録」はけっこう怖い映画でした

この週末に見た映画は一本だけでした。

●愚行録
1年前に起きた一家惨殺事件、そのネタを改めて追う週刊誌記者が、いろいろな人から話を聞くうちに被害者とその周辺の人物との関係がだんだんに浮かび上がってきます。

ネタバレになるので具体的には書けませんが、最後というか終盤の展開は意外性のあるもので、けっこう怖い映画です。

記者が周辺の人物にインタビューしていくものの、最初はだれが事件とどう関係していくのかがなかなか分かりません。それが話が重なるうちに段々に絞られてきて・・・という展開はなかなかでした。ただ、序盤から中盤にかけての良く分からない段階での話がちょっと冗長な感じもありました。

もう少しテンポ良く進んでも良いように思いましたが、そうするとじわりと迫ってくる怖さがスポイルされてしまうのかも知れません。


今週は日曜日の深夜、日付が変わる時間に出発する夜便でベトナムに向かいます。今年JAL修行をしている同業の鈴木直也さんが、修行に最適の安いツアーを見つけたと言っていたので、それに一口乗って同行(前後の沖縄往復は付けませんが)することにしました。ビジネスクラスで往復し、ホテル2泊が付いて11万円ほどというのはお値打ち価格だと思いました。初めてのベトナム・ホーチミンなのでどんな旅になるの、楽しみにしています。

.


みんなの更新記事