松下宏の見たクルマ、乗ったクルマ、会った人

東奔西走を続ける自動車評論家・松下宏が見た、触れた、乗ったクルマと、出会った人たちのほか、見た映画について随時書いていきます。

自動車業界最新ニュース

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全531ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

18日は青山と銀座の試写室で映画を2本ハシゴ。映画をハシゴしたので橋悟(ハシゴ)で坦々麺かなと思いつつ、そういえば風見の酒粕ラーメンがかねてから懸案になっていたのを思い出し、銀座6丁目の路地裏へ。

小料理屋かと思うような小ぎれいな店に入ると、食券の自動販売機には酒粕濃厚そばと書かれていたので、これと海苔をトッピングで注文しました。980円+150円です。

私は酒を一切口にしないので、酒粕も特に好きなわけではありません。さて、初めて食べる酒粕そばがどんなものかと思いましたが、意外なくらいに行けました。酒粕の味はしますが、それが強く主張しすぎることはなく、それでいて味の強さはしっかり強いという感じのラーメンでした。なかなかのラーメンです。


最近は、健康が気になりだして、塩分と油分の多いラーメンはあまり食べなくなり、錦糸町では牡蠣ラーメンの佐市に行くくらいになってしまいましたが、この日に酒粕ラーメンを食べて、ラーメンもけっこう良いなと改めて思いました。ただ、健康第一なので慎重に行かないと。


錦糸町の自宅の前に鯛ラーメンの麺魚がオープンして1年以上になりますが、最近はネット情報に加えてテレビでも繰り返し紹介されているらしく、常に行列ができています。

普通の日で20人〜25人くらい、週末には時間帯によって100人近くが並んで食べるまで3時間とも言われています。

私はオープン直後の混雑が終わったあたりのタイミングで1回食べたきりです。行列が嫌いなので、なかなか2回目を食べる機会ができません。たまに並んでいる人が少ないときには、私がほかで食事をしてきたばかりだったりして、タイミングが合わないのです。


カレーも最近は外で食べることが少なくなりました。入手したレトルトのカレーがたくさんあって、まずはそれを消化しなければならないからです。


映画のほかにラーメンとカレーも機会があれば書いていきます。

■松下 宏のCORISM最新試乗レポート










■CORISMピックアップ
















この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

イメージ 1

16日は先週の金曜日に充填をし損ねた水素の充填に東京ガスの千住水素ステーションに出かけてきました。ここは東京ガスの工場の敷地内にあるため、入門時に守衛所でクルマのナンバーなどを記入しなければなりません。ちょっと面倒です。

またまだ72MPa対応でなるため、あまり水素を充填できません。前回は潮見公園のエネオスでは82MPaで充填していますから、満タン法による燃費が妙な数字になってしまいます。

今回は199kmの走行で1.60kgの充填でしたから、124.4km/kgもの燃費という計算になってしまいます。何回かの分を平均しないと正確な燃費が出ません。

なお、実際よりも良い数字が出る傾向にある車載の燃費計は98.6km/kgを記録していました。またこの日までの走行距離は2万3487kmで、最近はちょっと走行距離が伸びなくなっています。試乗会などに出かけることもなくなるので、この調子だと3年で3万kmに達するかどうかという感じになってきました。


一旦錦糸町に戻り、ちょっと時間があったのでチャンスとばかりに墨田区体育館のプールに向かったら、何と月に1回の休館日でした。毎月第三月曜日が休館日であることは前にも1回空振りになったことがあるので知っているはずでしたが、うっかり出かけてしまいました。トホホ。

夕方からは六本木の国際文化会館でAJAJの理事会に出席しました。書記役を担当しているので熱心にメモを取り、夜に錦糸町に戻った後は速攻で議事録をアップしました。私の前任の書記だった藤島知子さんが、毎回その日のうちに議事録をアップしていたので、私も負けるわけにはいきません。取り敢えず明け方までにアップできました。

■松下 宏のCORISM最新試乗レポート










■CORISMピックアップ
















この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

この週末は気合を入れて映画を見ようと思っていたのですが、体調不良で寝込んでしまったため、思ったほどは見られませんでした。

2日間寝ていたら元気になったので先週後半に見た2本について。

●ザ・スクワッド
フレンチ・ノワールというか、刑事モノのフランス映画です。主演は複数の日本の自動車メーカーのCMに出演したこともある大物俳優のジャン・レノでした。映画そのものは大作というほどではありませんが、そこそこ楽しめる犯罪映画・刑事映画だったのは確かです。

ジャン・レノは伝説の刑事でパリ警察の特殊捜査チームを率いるチーム・リーダーという役回りですが、ジャン・レノに現場の刑事役をやらせるのはもうちょっと無理かなという感もありました。

映画でパリ市外で大々的な銃撃戦が展開されます。銃撃戦となるとリアリティが薄れてしまうのはいつもの通りですが、この映画では両方が打つ射撃がなかなか当たらないという点でリアリティありました。

警察内部の人間関係などもうまく描かれているので、それなりに面白い映画でした。

都内はヒューマントラストシネマ渋谷で公開中です。


●マン・ダウン
試写会で見てきました。マン・ダウンというのはアメリカ海兵隊員の合い言葉で味方の隊員が傷害を受けたときなどに発する言葉ということでした。映画の中で海兵隊の兵士が息子の約束の合い言葉として使われます。

厳しい訓練を受けた海兵隊隊員がアフガン戦争に従軍し、その戦地で起きた事故というか、起こした事件というかが重いトラウマになり、帰国後のアメリカで起こす事件が描かれます。

前にも書いたことがありますが、第二次世界大戦後の戦争は、朝鮮戦争から、ベトナム戦争、アフガン戦争、湾岸戦争、イラク戦争など、大半が“アメリカの戦争”です。戦争という名前は付いていませんが、レバノン内戦、コンゴ動乱、ドミニカ共和国内戦、グレナダ侵攻、パナマ侵攻、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争、コソボ紛争、リビア内戦などにも米軍が絡んでいました。

これらの戦争には従軍する多数の若い兵士がいて、その兵士たちの中には従軍歴がトラウマになり、帰国後に社会に適合できなくなる人間が多数いるとされています。そんなアメリカ社会の病理を描いた映画として、良くできた映画でした。

主演のシャイア・ラブーフはどちらかというとナイーブな印象で、屈強な海兵隊員というイメージではないのですが、従軍歴がトラウマになる兵士としては絶好のキャスティングだったともいえます。

東京では2月25日から新宿武蔵野館で公開されます。

■松下 宏のCORISM最新試乗レポート










■CORISMピックアップ
















この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

私は昨年いっぱいで自動車評論家の仕事に区切りを付けました。暮れに65歳の誕生日を迎えましたので、自動車評論家の仕事を終わらせることにしました。長い間、つたないブログを読んでいただきありがとうございました。

といっても、完全にすっぱりとうワケにはいかず、1月には昨年中に約束をしたスバルの雪上試乗会とスイフトの試乗会の2件だけは取材に出向きます。また昨年までに取材をしてまだ出力していないネタがたくさんありますので、それを順にこなしていきます。

もうしばらくは、いくつかのメディアに名前が出ることになりますが、それも段々に少なくなっていきます。

今年になってからは12日のBMW5シリーズの発表会を欠席したほか、16日のマセラティ・クワトロポルテの発表会&試乗会、17日のティグアンの発表会など、いずれも欠席です。あるいはC-HRの試乗会、ティグアンの試乗会、JAIAの試乗会なども欠席します。

今年からは基本的に仕事を止めてのんびり生きていきます。昨年までの“クルマの原稿も書く映画好き”が、今年からは“単なる映画好き”になります。

このブログでクルマのことを書くことはほとんどなくなると思いますが、ブログのタイトルはこのままで見た映画のことを随時書いていくつもりです。松下の動静を知りたい方は、ときどきブログを見に来てください。

本当ありがとうございました。

■松下 宏のCORISM最新試乗レポート










■CORISMピックアップ
















この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

13日は忙中閑ありという感じで、少しばかり暇があったので群馬県にある川魚料理の専門店へ。かねて気になっていた店で、なかなか行く機会がなかったので、わざわざ出かけてきました。せいぜい3000円〜5000円程度の食事をするために数千円の交通費をかけて出かけるのはどう見ても間弱に合わないのですが、そうでもしないとなかなか機会がなくていけません。

なかなか立派な構えの店でしたが、料理は期待値には届きませんでした。以前から行こうと思っていて期待値が高くなりすぎていたためかも知れません。

問題は帰りです。実は今、水素ステーションが厳しい状況になっています。自宅から最も近いエネオス潮見公園は、1月7日から31日までの年次点検中です。次に行く機会の多いイワタニ水素ステーション芝公園も1月10日から23日まで定期点検中です。

なので水素の充填に苦労する状況なのですが、この日は東北道方面に向かうので、帰りに東京ガスの千住水素ステーションに寄れば良いかと簡単に思っていました。ところが、川魚料理店から帰るとき、千住水素ステーションを目的地に設定し、念のために水素アプリで稼働状況を確認したら、何と3時から休業となっていました。

この時点で2時を回っていますから、千住での充填は無理。次に近いのが九段のニヒモスなので、そちらに向かったのですが、途中で念のために電話を入れるとこの日は営業を終了しているとのこと。九段のニヒモスはトラックによる移動式のため、そうたくさんのクルマには充填できないようです。

わざわざ九段に向かって遠回りになりましたが、仕方ありません。この日は充填を諦めて月曜日に千住に行くことにします。

年初は各水素ステーションの定期点検が重なるようで、イワタニ水素ステーション埼玉戸田は1月6日から19日、目黒の水素ステーションも1月24にから2月14日までという具合に、あちこちで点検のため長期の休業になります。

■松下 宏のCORISM最新試乗レポート










■CORISMピックアップ















この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全531ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事