いばらき解体新書。

お気軽にコメントどうぞ('◇')ゞ(要ログイン)

全体表示

[ リスト ]

今はやりのタブレット端末「nexus7」を買ってきた。





 買ってしまった・・・・

 今どき流行のタブレット端末、「ネクサス7」を買ってしまった・・・・。パソコンショップ「PCデポ」で格安で販売しているところを人目惚れしてしまったのだ。(✪ฺ艸✪ฺ

 タブレット端末とは、既に存知だとは思うが簡単に言うと、まるでノートPCの液晶画面をもぎ取ったかのような画面だけの小型な端末で、インターネットや動画再生などパソコンのように様々な機能を持つ。タブレット端末の存在は以前から知っていた。しかしどうもパソコンのモニターを持ち歩ってるような、画面をぺこぺこ触る不思議なスタイルがどうも気に入らなかった。
 タブレット端末のアップル社の「iPad」が発売された当初、まるで、「画面」を持ち歩っているその様に自分は「なんだこれ。こんなの売れんのか?ぎゃはは(≧∇≦)ノ バンバン! 」とおかしく笑っていたが、今、こうして実際に流行しているわけだ。スマートフォンやタブレット、まさかこんなものが流行るとは。時代とは不思議なものだ。



                        タブレット端末↓↓
イメージ 1







 自分はタブレット端末にあまり興味が無くノートPCの購入を検討していた。外出先でインターネットや動画再生、書類を閲覧する為だがしかし値段が高い。安くても5万以上はする。省電力の自作小型PCでも作って無理やりモバイル化して車のコンセントで使用するか、というような荒手な作戦を考えた事もあったが、いかんせんPCは消費電力が高いゆえ車のコンセントでは起動せず、安定した電源が無くては使えん。
 
 ちょうどその頃。立ち寄ったPCデポでタブレット端末が、アマゾン社の「キンドル・ファイアHD」と、グーグル社の「ネクサス7」が格安販売しているところを発見した。値段は「キンドル・ファイアHD」の16GBモデルが1万5800円、32GBが19800円。ネクサス7の16GBが2万円、32GBが24800円。ネクサス7の方が5千円高い。値段の安いキンドルファイアHDにするか悩むところだ。(ー`´ー)うーん
 しかし、キンドルファイアHDもネクサス7も機能的にに大きな違いは無いもののキンドルファイアHDはアマゾン社によりカスタマイズが施されているため、豊富な種類のアプリを用意している「Google Play」でのアプリがインストールできない。そのかわりに「キンドルファイアHD」のアプリの専用の調達先であるアマゾン社のアンドロイドストアからダウンロードとなるなるわけだが、アマゾンのアンドロイドストアはアプリの種類が少ない。大衆的なアプリの調達先であるグーグルプレイからダウンロードさせずに、自社で配布しているアプリしか使わせないとは、こいつはちょっとくせ者であるヾ( ̄o ̄U) 
 加えて、ネクサス7は4コアのCPUと12コアGPUを搭載しておりハイスペックなタブレット端末である。


 


で、迷わずネクサス7に。





 16GBと32GBのモデルがあるが、キンドルファイアHDもネクサス7もSDカードスロットを搭載していないという事なので、ここは容量の大きい32GBを買う事にした。しかし、ネクサス7に関してはグーグルプレイから別途有料のアプリをダウンロードすればUSBカードリーダーやUSBメモリの使用が可能になる。





イメージ 2



イメージ 3






IPSディスプレイで高画質↓↓
イメージ 11










nexus7をスマートフォンとテザリングでネット接続


 ここで一つの問題が起きた。

 スマートフォンであれば電波が圏外でない限りどこでもインターネットへ接続できるだろう。しかし、ネクサス7などタブレット端末は無線LANアクセスポイントに接続する必要がある。ネクサス7を外出先でもインターネットを接続したいっっ!!! ヽ(>_<)ノ!

タブレット端末が無線LANアクセスポイントに接続してインターネットをするにはいくつかの方法があるがいくつかの例とそのデメリットを挙げてみる。






_板軻發量祇LANに接続する方法→ しかし家から遠ざかると当たり前だが電波が圏外になる。

公衆無線LANに接続する方法→  公衆無線LANサービス「wi2 300」や、セブンイレブンが提供している無線LANスポットに接続する方法があるが、しかしその場を離れると圏外に。田舎では常時圏外。

➂ドコモなど各携帯電話会社やイーモバイルなどデータ通信会社と契約して接続する方法→ 毎月4500円前後の契約料がかかり、2年契約の場合途中解約すると数千円から約1万円の違約金を請求される。別途端末代(モバイルルータ代)もかかる。

ぃ咤稗優ードを提供しているデータ通信会社と契約する→SIMがどうとか複雑で難しくてよう分からん。却下(爆)

ゥ好沺璽肇侫ンでテザリングする方法→プランによってはパケット定額料金内に収まらず高額になる場合がある。ごく最近発売された機種にしかテザリング機能がついていない。







 見ての通りどれもデメリットだらけで既に絶望的である・・・・。タブレットにネットつなげようと思ってもとにかく金がかかる。そこで、比較的通信料のかからないイ痢屮謄競螢鵐亜廚農楝海垢詈法を試してみる事にした。
 テザリングとは、携帯電話回線に接続されたスマートフォンなどをモデムまたはルータのように用いて、他のコンピューター等をインターネットに接続することである。テレビで言うところの分配器といったところか。


イメージ 4



 あいにく自分のスマートフォンは2年前くらいの古い機種「ギャラクシーS SC-02B」なので、テザリングの機能はついていないのだが、なんとか策はないかと3日3晩寝食を惜しんで必死で検索しまくっていると、ある方法でテザリング機能が無い機種でもテザリングの機能を使用可能にする裏ワザみたいなものを発見した。









 まず、テザリング非対応のアンドロイドスマートフォンに「FOXFI」と「PdaNet」いうアプリをGooglePlayでダウンロードしてインストール。ネクサス7には「PdaNet Tablet」をダウンロードしインストール。








 そして、スマートフォンにダウンロードインストールした「PdaNet」を起動し、〔Activate Bluetooth DUN〕の項目にチェックを入れる。↓↓
イメージ 5








 すると次のような画面が表示されるので〔はい〕を選択して、120秒以内に次の操作を行う。
イメージ 6















 次は、ネクサス7にダウンロードインストールした「PdaNet Tablet」を起動し、〔configure〕のボタンを選択。

イメージ 7









 次に〔Andoroid(Bluetooth)〕を選択。 ↓
イメージ 8










〔Tap here to start scanninng ...〕と表示されている文字のところをタップすると交信可能な機器をスキャンしたのちスマートフォンとの同期が開始される。スキャンが成功するとスマートフォンが表示される。

イメージ 9







            ↓↓






 そうしたら最初の画面に戻って今度は〔Connect〕を選択する。その際は、以下のように自分のスマートフォンの名前が表示されている事を確認する。ブルートゥーステザリング通信に成功すると「ビョゴーーン」という変な効果音が鳴る ↓↓
イメージ 10














 これでテザリング機能無しの旧型のスマートフォンでもテザリングを行う事ができた。が、このアプリはある通信容量をオーバーすると自動的に回線が切断され「引き続き通信を続けたければ有料版を買え、無料版でいいならもう一回接続しろ」みたいな感じの内容が表示される。
 どうやら無料版はある程度の通信を行うと自動で切断されるらしい。さすが、いい商売をしているなと・・・。再び〔connect〕のボタンを押す事で通信が開始されるのでまた問題なく使える。

 話は戻り、タブレット端末やノート型パソコンが外出先でもインターネットをやろうと各通信会社と契約すると月々に4500円もかかるし、2年単位の契約で途中解約金が数千円とか一万円とかを請求してきやがるとは。
 はっきり言おう。これはもう通信会社の陰謀である!!(爆) しかも、LTEとか高速通信をうたっておきながらある一定容量を超えると通信速度を落されるのである!!しかも、Androidではバージョン2.2より標準でテザリングが利用できるとしているが、日本メーカーで発売されるスマートフォンなどではこの機能を通常の機能設定メニューに表示されなかったり、機能があっても使用ができないなどしていた。同じ製品のスマートフォンでも海外向けはテザリング機能があったりする。こんな事をブログで書くと高額請求きたり裏ワザテザリングが禁止になっちゃったりして。とにかくもうちっと携帯代安くしてくれ〜〜。毎月の携帯料金4000円以内でおさまっていたmova時代が懐かしい。今では毎月9000円。


 そんなわけで、このブルートゥーステザリングならば通信速度こそは遅いが、携帯の契約しているパケット通信プラン上限額内で収まるので、タブレット端末を使う人で月々の通信料金を節約したい人はこのテザリングをお勧めしたい。その際の注意事項としてはwifiテザリングの場合なんかだとパケット定額料金を超えて「外部機器を接続した上限額」というのが適用され、その契約している料金プランにもよるが9000円近くまではね上がるのでご注意していただきたい。むむっこれも陰謀か!?(爆)いえ、あ、いつもお世話になっております(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

 

 テザリングにはいくつか方法がありwifiテザリングという方法もあるようですが、あえて今回はブルートゥーステザリングで行いました。

 次回は、スマートフォン&タブレット端末nexus7のおすすめアプリでも紹介しようと思います( ̄▽ ̄)ノ



                     次号に続く⇒

この記事に

開く コメント(36) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事