小池農場での独り言 一過性から保続性へ 実践的私的理念整理の為に

農業を通して人間と自然、その関係としての生産を考える。 自己批判を通じた自己改革のために。isho

全体表示

[ リスト ]

10月21日(日)快晴 3度18度 13.2kwh3283kwh
快晴が一日続いた。
 
イメージ 1イメージ 2
収穫開始時は寒い思いをしていたが、どんどん温度が上がり、上着は脱ぐは股引?は脱ぐは、結局お昼には真夏と同じ格好。
 
堪らず日陰で食事だが、下着姿では風が冷たい…何とも日差しが強いというか、極端というか、
 
だからモロッコも陽のあたる片面が日焼け気味で…お疲れさんというところだ。
 
イメージ 3
イメージ 4
露地モロッコはもう一度か二度収穫せねばならないか…
 
畑1
寒冷紗雨除け降ろしモロッコ収穫
4kg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
まだまだ元気な株には素直なモロッコがぶら下がっている。
 
 
 
いよいよ意を決してパプリカの仕分けに本格的に取りかかる。
 
まあ、買い物袋の中でこれだけ放置すれば相当傷んでいるだろうと覚悟したが、今年は特に痛みが少ない感じだ。結構抵抗力をつけさせることに成功したのだろうか…露地の高冷地でパプリカ栽培など趣味扱いされたが、温暖化効果に、更にモロッコとの組み合わせでこれだけ痛みが少なく貯蔵がきくとすれば、割に合うところまで来たようだ。しかし単価がハウスものに引っ張られて安すぎる感あり。まして適度な直射日光と正道の有機栽培、色艶の鮮やかさはハウス物など比べ物にならないのに…今のところその希少さを認めてくれている人は少ない。私から積極的に言うことももうないが…
 
イメージ 7イメージ 8
 
畑1
露地
雨除け
モロッコ収穫
 
0.5キロ
 
 
明日にしようと思ったが、大きめのものだけざっと収穫してみる。
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
佐久市の雑貨ショップで保温マグを買う。
 
というのも、畑でケリーケトルでお湯を沸かしてコーヒーを入れるのは良いが、なんせ余裕無き身にて、一口飲んでは直ぐ腰を上げるパターン。
 
結局冷めたコーヒーを飲むことになる。夏場はそれも良かったが、凍えることが多くなってきたこの頃では、チト堪える。
 
で、保温効果のあるマグを大金?はたいて買ってみた。
 
いけるずら! 半日程度であれば、十分暖かいと感じながら飲むことが出来た。二重蓋付きで、つまみを回転させれば蓋付きのまま飲むことが出来る。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事