林正樹のブログ

思いついたことなど適当に書いてます。 HP: http://hayashimasaki.net/

全体表示

[ リスト ]

ゴッホ展の感想1

先日、国立新美術館へゴッホ展を見に行ってきた。一応、ここに感想を思いつくままに書きとめておくことにする。

かつて僕が初めて見たゴッホ展は1985年のこと。あれ以来、ゴッホ展は、小規模であれば何回かやっていたように思うけど、結局、それらへは一度も行かなかったような気がするな。今から25年前に、当時25歳だった自分が見たあの衝撃的な彼の絵画の数々で、もうほとんど十分だったともいえるし、いや、むしろ、今から15年前にゴッホに関する本を書き上げて自費出版した時点で、もう、彼の絵を改めて見る必要もなくなってしまったということかもしれない。

それが、今回は、久しぶりのことでもあるし、まあ、行ってみようかな、と軽い気持ちで出かけたのである。なので、特に期待することはなく、気楽に彼の絵を見ることを楽しもう、というわけである。

平日の昼だったので幸い待ち時間もなく入れたが、会場内はさすがに混雑していた。順路にしたがって一枚ずつ見ることはせず、よさそうな絵を見つけては列に適当に割り込んでながめた。ところで最近は、あの例の説明用ヘッドフォンをつけた人が多く、そのせいもあって列の混雑がなかなか掃けない感じもあるね。ま、別に文句言うつもりはまったくないのだが。

展示会場は、一応、描かれた絵が年代順に並んでいたのだけど、入り口を入ってすぐのところに、一枚だけ、彼の晩年の絵がかかっていた。さすがの自分も、会場に入ってすぐに目に入ったこの絵の前に立ったときは、ほんの短い間だったけど心が震えたね。すぐ平常に戻ってしまったが、そこが25年前と違うところだ、当時は、ほとんどずっと茫然自失状態だったっけな。

イメージ 1

ゴッホが晩年に住んだ土地は、北フランスのオーヴェール・シュール・オワーズというところである。まあ、彼は自殺して死んだので、晩年というのも変な感じだ。その前にいた土地は南仏のサン・レミで、そこでは彼は精神療養所にほとんど監禁状態で、ただ絵を描くことは自由だったので、日がな、ひたすら絵を描いて過ごしていたのだった。そして、あるとき、療養所を出る決心をし、やってきたのがここオーヴェールだった。監禁状態から開放された彼は、オーヴェールの土地に降り立ち、そこで、まさに開放された自由な空気をいっぱいに吸い込んだのであった。

オーヴェールで絵を描いていた期間はほんの三ヶ月足らずなのだけど、ここで描かれた画布の数々をオレはどれだけ愛していることだろう。それも、それほど有名でない、変哲ない、ほとんど名も無い画布とでもいえそうな作品に素晴らしいのがあるのだ。

今回、心が騒いだのは、そのオーヴェールで描かれた変哲ない積み藁の絵だった。この色彩は見れば見るほど、心底、素晴らしい。縦長のカンバスの上から、空の白、積み藁の黄色、水溜りの青、地面のくすんだ緑が縦に並んでいる。この絵、黒い線で引かれた2,3羽のカラスと題名がなかったら抽象画にしか見えないかもしれない。

オーヴェールで描かれた絵は、どれもこれも同じ色で描かれている。どんな絵でも、どんな主題でも、何であろうと、すべて同一のコンポーネントの組み合わせだけで構成されている。なので、たとえばこの積み藁の黄色の筆触は、別のまったく主題の異なる絵でも、そのまま使われている。このころの彼は、あらゆる絵画の内容をすべて同一のスタイルに還元して表現してしまう。しかも、そのやり方が、これが本当に呆れるほど正確なのだ。

この絵、かなりしばらく見ていたが、やはり、色彩の美しさと、その色彩が、主題とまったく思いがけないような仕方で結びついている様子が、神秘的そのものだ。

そんなわけで、この晩年のゴッホ、このオーヴェールのゴッホは、目の前の主題である「自然」をたった一つの「視覚」で絵画に移し変えているのじゃないのだ。独特のやり方で、創造主のような視点で、自らすべて造り出しているように見える。彼がその世界を創り出すときに使っているほんの数えるほどの部分品が、例の色彩だったり、筆触だったり、構図だったりしている。

いや、それにしてもね、たとえばこの絵の一番下の土の部分に塗った4つほどの中間色を見てよ。なんと絶妙にこれらが調和していることか。それで、それが、あの大きな画布の隅々まで調和しているんだからね、たいしたご馳走の山だ。

さて、一枚だけ飾られたオーヴェールの絵の後は、彼の昔のオランダ時代の絵が並ぶ。寒々しい北方の風景、炭鉱の絵や、百姓の絵など一貫して暗い色彩で描かれていたころの絵だ。

その中でも自分的になんじゃこりゃーと思ったのは籠いっぱいのジャガイモを描いた絵だ。籠もジャガイモも背景も、すべてが「泥色」で描かれている。このジャガイモは、かの大地に生え、そこにまるで家畜かなにかのように土地に縛り付けられた百姓と呼ばれる人間たちがいて、彼らが泥まみれになって引き抜いて収穫してきたジャガイモだ、君たちにこの意味が分かるか? とでも言いたげな風なジャガイモの姿が目の前にある。絵に託したモチベーションが大きすぎ、絵がもうあまり絵じゃなくなっちゃってるように見える。

イメージ 2

このジャガイモは、もう、ほとんど、泥の塊だ。ここに描かれたジャガイモだって、蒸かして中を割れば白く柔らかな中身が湯気を立てて、塩でもかけて頬張ればとってもおいしく食べられる、はずなのだけど、この絵はそういう方向へは決して向かっていない感じだ。

ジャガイモという対象に対して彼が覆いかぶせるモチベーションが大きすぎるのだ。そのモチベーションは、聖書にある「なんじの額に汗をして食うべし」という文句そのものだ。そのせいで絵が絵じゃなくなってしまっているようだ。この事情は、このジャガイモの絵だけじゃなく、その横に並んでいた、農夫の頭部も、風景画も、ジャガイモを食べる一家の絵も、全部だ。これらは、すべて絵というよりは頑なな情熱のかたまりにも見える。

実は、展示会の最初に目に入った晩年のゴッホがオーヴェールで完成させたあの一枚の絵と、この初期のジャガイモの絵の2枚の絵を見て、比べて、思うところがあった。それは、彼が対象に被せた「何か」が大きすぎる、ということだ。そして、その事情は初期も晩年も実は変わっていなかったんじゃないだろうか、ということだった。初期では聖書の文句だったが、晩年ではそれは彼が理性をすり減らすような絶え間ない画家としての努力の中から取り出してきた「色彩」だったからだ。

彼の芸術は、やはりどこかが分裂している。初期においては対象と人間的思想、晩年においては対象と画家的スタイル、これらの関係で後者、つまりモチベーションが大きすぎて対象を壊しかねないところまで行ってしまっていることだ。

初期のジャガイモの絵では、このジャガイモは食うことがかなわないような代物に変じてしまっているし、晩年の積み藁の絵では、この風景の中に人がいてもくつろげないような特殊な光の世界に変じてしまっている。

そんなわけで、やはり、ゴッホの絵というのは、どことなしに解体を思わせるところがある。「対象」を「解体」するという構図をどうしても思わせてしまうものがある。当時、セザンヌやルノワールなどがゴッホの絵を認めなかったのはさもありなんと思う。たしかルノワールは、ゴッホの絵には画家が絵筆によって対象をいたわっているところが無い、みたいなことを言っていたはず。

実際の話、ゴッホのそんな解体を思わせるところが、極めて現代的だともいえる。かの時代ではこれは早すぎたのであろう。

しかし、ゴッホの立ち位置の微妙なところは、芸術界が解体へ向かって行くそのちょうど始まりのところに位置していて、「解体を予感させる」というところにあくまでも留まっているところだ。

あと、絵画芸術に対する大きすぎるモチベーションを、無邪気にもっとよい意味で捉えれば、それは絵画の表す文学的な情熱の大きさと純粋さ、ということになり、非常に一般受けするモチーフになる。そこに解体を見るのか、文学的情熱や野心や純粋さを見るのかで、ゴッホへの反応は正反対にも変わるように思える。

僕は後年の表現主義の、たとえばフランシス・ベーコンが実は好きだが、明らかに彼はゴッホの仕事に「解体」を見たのだと思う。

考えてみると、ゴッホという人は変な人だ。弟のテオはヴィンセントを評して、彼の中には正反対な二人の人間が同居している、心優しく寛大な人間と意地悪くいらいらした人間だ、みたいに言っているが、ゴッホの創り出した芸術にもそういうところがあり、後世の人々がヴィンセント・ヴァン・ゴッホから受け継いだものも、そういう正反対な二面性が見て取れるように思う。

さてと、その後には、今回運ばれた絵の中では一番有名だと思われる、南仏のアルルで描かれた「寝室」がかかっている。

イメージ 3

ふん、これは、見事だ。他に言いようもない。

前述の、ジャガイモの絵と積み藁の絵に現れた解体的なものは、実はこのアルルでの一連の絵の中にはあまり感じられないのだ。思うに、やはり、ヴィンセントその人が、ここアルルでの生活が「幸福」だったからではないだろうか。もちろんアルルの熱狂はゴーギャンが到着して最高潮に達し、ほんの二ヶ月ほどで、破局、耳切り事件、精神病疾患、という最悪の事態で幕を閉じるのだけど、この「寝室」も含め、アルル時代の傑作は、ほとんどことごとくヴィンセントが熱狂と幸福の絶頂にあった期間に生まれた作品なのだ。

例の「解体」はこの「寝室」の絵の中にも、よくよく見れば見えないことはないけど、それより何より幸福感から来る「充実した明晰さ」みたいなものが絵を支配していて、そちらの力の方がはるかに大きい。

へ続く)

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

絵の好きなひとの各文章って、深みがありますね。寝室、みたことありますが、なんか小さい絵だなあって感じでした。ファン登録させてください。

2010/12/13(月) 午前 0:07 [ nshikishouten ] 返信する

顔アイコン

今ごろの返信ですが、ありがとうございます! たまには更新しないといけませんね〜

2011/1/12(水) 午後 10:30 [ 林正樹 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事