勝手にメディア社会論

メディア論、記号論を武器に、現代社会を社会学者の端くれが、政治経済から風俗まで分析します。テレビ・ラジオ番組、新聞記事の転載あり

セレブは熊本地震被災地にどんどん支援を!

「支援という形をとって偽善を行うセレブたち」というモノノイイ

熊本地震にまつわるセレブの対応についてのネガティブな意見がかまびすしい。
たとえば「偽善」「売名行為」といった類いの非難がその典型。さらに穿った見方に「配慮に欠ける」というものも。これは人の不幸を利用して自分の利益を獲得しようとするハイエナ的な行動という意味だろう。藤原紀香、紗栄子、上地雄輔、ダレノガレ明美、西内まりやなどなど、被災地に対し個人的に寄付などの支援をした芸能人がネットを通じて(とりわけソーシャルメディアを介して)批判に遭っている。また熊本在住の井上晴美は自らの被災状況をブログで逐次報告し続けたことに非難が殺到。井上は発信をやめてしまった(4月26日再開)。

「偽善パワー」を炸裂させましょう!

こういったセレブの行為について非難を加えること。はっきり言って馬鹿げている。偽善?売名行為?、は?どこがいけないの?ボランティアというのは辞書調べればわかることなんだけれど「自発的」って意味で,好き勝手でやっていること。それで,相手が助かれば何ら問題はないはず。それが結果として自分の知名度や好感度を上げたって、それはそれで構わないでしょ?いちいちケチをつけて,こういった援助を蔑ろにしてしまう人間の方が、かなり常軌を逸しているだろう。こういうケチがつくことを百も承知の高須クリニックの高須克弥院長の発言が興味深い。震災直後、早速自ヘリによる支援物資の提供を宣言をしたが,その際「僕はみなさんから募金を募りません。資材をばらまくだけです。信用なんかいりません」とツイートした。これ、要する「自発的に」、つまり勝手にやっているだけ。「信用なんかいりません」というのは、どうみても「どうせ偽善と言われるんだろうが,そんなことは知ったことではない」という、いわば「偽善、どこが悪い?」と開き直った発言だろう(個人的には高須氏に拍手を送りたい)。


炎上、非難をする輩は全体の0.5%という究極のマイノリティ

で、こういったセレブたちの支援に対する罵声、非難。実は全然気にすることなんかないのだ。

慶応大学経済学部の田中辰雄准教授らがつい先日出版した『ネット炎上の研究』(田中辰雄、山口真一、勁草書房)の指摘は注目だ。残念ながら現在,僕はロス在住中で現物を手に取ることが出来ていないゆえ、サイトのチラ見を参考にさせていただいたのだが、とにかく帯布でその要点は語り尽くされている。曰く「炎上参加者はネット利用者の0.5%だった」。これ,ブログをアップして、しばしば炎上を被っている自分からすると納得だ。実際、炎上が発生している時、これに誹謗中傷等の書き込みを続けてくる人間は限られているからだ(BLOGOSブロガーの場合、マイページでPVを確認できるので、それと誹謗中傷系のコメント数を比較すれば一目瞭然。本当にマイノリティで、しかも同じ人間が何度も繰り返すことも多い。紗栄子も自分への誹謗中傷社がマイノリティであることを突き止めたという)。それが0.5%の中身ということになる。ただし,こちらとしては田中氏の文面(どのような統計的手法を採用したのか)をきちんと改めていないのでなんとも言えないのだが、少なくともこのパーセンテージはブログのコンテンツによって微妙に変わってくることも留保する必要があるだろう。ただし,炎上させる人間が実に実にマイノリティであることは、まあ間違いはない。

だから,セレブのみなさん。ブログやソーシャルメディアで、みなさんがおやりになっている支援活動にケチをつける輩を気にすることなど全くありませんよ。ごくごく少数の意見ですから、気にせずどんどんやってください。ということは,井上晴美さんがブログを再開させたことは完全に正解です。

みなさん、どんどん「偽善パワー」を発揮しましょう。因みに間違えないでくださいね。ここで「偽善」といっているのは,あくまで非難している人への皮肉ですから。みなさんのはただのボランティアと、僕、そして一般のほとんどの人は思っていますよ。安心してください。

その他の最新記事

すべて表示

ビートたけしを創始者に見立てたカップヌードル新CM「OBAKA's大学に春が来た! 篇」が新しい。津田大介は「ネットとTVの融合って本来はこういうことじゃないかな」とツイートしているが、その通りだと思う。今回は、このCMの新しさにつ ...すべて表示すべて表示

パーク内で販売されているTシャツ。ストームルーパーも西海岸=ディズニーの一員になりました。 スターウォーズで埋め尽くされたトゥモローランド 前回のブログでカリフォ ...すべて表示すべて表示

スゴい数のアトラクションが休止中! 3月26日(米時間)カリフォルニアにあるディズニーランド・リゾートを訪れた。 ディズニーランドパークに入ってみると、ものすごく混雑している。まるでハッピーニューイヤーの時のような混み具合で、マ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事