怪しげなラジコンヘリの記録

Hitecなどの韓国模型用品不買運動実施中

小泊岬南灯台に行ってきました。

イメージ 1


先週の土曜日、この日はちょっとドライブでもという気分だったのに、県南地方は朝からヤマセのグズついた天気でした。

こんな天気の時は津軽地方は晴れていることが多いので弘前城のライブカメラでチェックすると案の定良い天気です。


以前から行ってみたかった小泊岬(こどまりみさき)を目的地に昼頃出発しました。

実は正確には小泊岬が目的と言うより、岬に建っている小泊岬南灯台を見たかったのです。



小泊岬は津軽半島の北端である竜飛岬から日本海側を10キロほど南下したあたりのピョコンと飛び出した岬です。

とても風光明媚な所なのですが10年ほど前の台風で遊歩道が崩壊してしまったこともあり、観光客も竜飛埼や十三湖へは行っても、小泊岬はスルーしている感があります。


イメージ 2



県道111号線を西に進むと、行き止まり地点に整備されたトイレ完備の駐車場があり、そこに車を停めて歩きます。

遊歩道は完全に崩壊していますので岩がゴロゴロの海岸線を15分ほど進むと遊歩道のなごりの陸橋があります。


イメージ 4



陸橋を渡って上を見上げると小泊岬南灯台が。

データでは海抜70メートルの地点に建っているらしいですが結構高く感じます。


イメージ 5



灯台の足元まで進むと更に高さを感じます。

この時点で午後6時をまわっていますので登るか否か迷っていては陽が沈んでしまいます。


近くで釣りをしていた人に聞くと梯子が壊れたりの危険は無いらしいです。

ちょうどそれまで吹いていた風がピタッと止んだような気がしたのでコプターを担いで登ることにしました。


イメージ 6



10分ほどかけてゆっくり上り灯台に到着。

下を見るとこんな感じです。


イメージ 7



登ってみると灯台の立っている場所はとても狭く、良くこんな場所に建てたものだと感服します。

近くで見ると塔高13メートルの小ささを感じさせない存在感のある灯台で、初点は昭和39年の11月になっていました。



イメージ 1

イメージ 8



これ以上ゆっくりしていると帰路の岩場が危なくなってしまうので1フライトだけして戻りました。



番号 1437
名称 小泊岬南灯台[Kodomari Misaki Minami]
緯度 41 07.5 N
経度 140 15.0 E
灯質 Iso W 6s 等明暗白光 明3秒暗3秒
灯高 78m
光達距離 14海里
構造 白塔形
塔高 13m
初点 昭和39年11月
塗色構造  白塔形

その他の最新記事

すべて表示

梅雨入り前の土曜日に田代平に行ってきました。 障害物の少ない田代平はコプターのテストにも最適なので、暫らく飛ばしてなかったAPM機を持っていきました。 3フライト目にオートパイロットで飛ばしたところ、高度の設定が間違っていたようで樹に刺さってしまいました。 落とそうと下から物を投げたりしてみましたが、枝とペラがからまっていて落ちて ...すべて表示すべて表示

Davinci1.0で汎用フィラメ...

2016/6/9(木) 午後 9:42

Arduinoのプログラムを辿っていくと、ずーっと下がった方にフィラメント残量とエクストルーダー温度を設定できる記述(スケッチと言うみたいです)があります。 Arduinoでは「//]ダブルスラッシュ以下の記述は無視されるので、解凍したままの状態では「120メートル」が有効になっています。 「240メートル」の前の「//」 ...すべて表示すべて表示

Davinci1.0で汎用フィラメ...

2016/6/8(水) 午後 4:36

Davinci1.0の欠点として高価な専用フィラメントしか使えない事を挙げましたが、私がやっている安価なフィラメントを使う方法を書きます。 これまで半年以上やっていて特に不具合は起きていませんけど、故障や誤作動については一切責任は持ちませんので自己責任でお願いします。 またXYZ社からは多種の3Dプリンターが発売されていますが、当方所有のDa ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事