MOON&LIPS

お気に入り登録される際はゲストブックへ一言お願いいたします。無断登録の場合拒否の対応をとっております。

全体表示

[ リスト ]

銀バラ復刊!!

昨日は興奮のあまりなかなか寝付けず、高熱が1日ですっかり下がったうりうりこです、こんばんは☆
 
 
きました!
きましたよ〜!!
 
銀バラが角川社ビーズログ文庫から新刊でます!
↓こちらがその公式サイトです♪
 
 
 
まだ何も詳しいことは載ってませんが、ついに完結へ動き出すのね。。。と20年もおあずけをくらった身としては感無量のひとことにつきます。
 
去年はモンスターシークレットを読みながら『シャルルファンはいいなぁ〜』なんて思ってましたが、今年は全ての銀バラファンが報われるのですね(≧∇≦)
 
さすがに出版社が違うから、イラストも新装なのかなとか、既刊はどこまで出してくれるのかなとか色々知りたいことは山ほどあります。
 
しかし!
 
本物の鈴影さんやユメミたちをまた読める!
 
これほどの喜びが他にあるでしょうか、否、ない!!
 
 
 
この年ですてきな「お年玉」をもらった気分です゚+。゚(・∀・)゚。+゚
 
 
わーい、4月が愉しみだなぁ☆
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・と、喜んでばかりもいられない。
 
公式サイトでは「堂々の完結へ」となっています。
 
そして、一体何冊出るのかもまだ不明。
 
そうなると、今書いている『紅い三日月の夜』はどうなってしまうのだろうか。。。という問題。
 
私の中の『紅い三日月の夜』の設定は銀バラでは『緋のチェイカー』、マリナシリーズでは『シャルルに捧げる夜想曲』でとまっています。
 
その状態のまま、『紅い三日月の夜』を書いていたわけです。
 
新刊が出るということは設定が変わったり、今までの伏線が回収されて新たな事実が明るみに出たり。。。ということも十分ありうるのです。
 
だとしたら・・・・私、『紅い三日月の夜』を書いていて大丈夫なのか?? という疑問が。
 
 
 
ここで対策は以下の3つです。
 
1. 銀バラが完結するまで更新をしない
 
2. 今の設定のまま書き続ける
 
3. 原作が出る以上、「その後」を書く必要がないので、ブログを閉鎖する
 
 
 
 
 
 
正直、迷ってる部分もあります。
 
私が銀バラの二次創作を始めたのは、おそらく未完のまま終わるであろう銀バラのその後を見たかったから。
 
せっかく新刊がでて、しかもきちんと完結してくれるなら、もうお話を書かなくてもいいのじゃないの? と。
 
でも、それはしたくない。
 
できればきちんとこのお話は終わらせたい。
 
原作と今の設定に相違点や矛盾が出てくると、お話も破綻してしまうのではないか?
 
だからといって、「やーめた」というのはあまりに無責任だし、私自身それを望んでいないのです。
 
 
 
で、今日一日、ずーっと考えていたのですが。
 
私が書いている『紅い三日月の夜』は、もともとは『烙印の夜』の過去編であり、「もし鈴影さんが見かけどおりの高潔な人物でなかったら?」という疑問からはじまったお話です。
 
ダーク総帥というあだ名を戴き、大人の鈴影さんとその貴女ユメミという形で書いています。
 
それ以外にも、騎士位や銀のバラ騎士団の設定など、かなり自分の妄想で補完した部分もあります。
 
これが「赤いモルダウ」の謎解きのお話でしたら、さすがに更新はできないとあきらめるところですが、原作よりも未来のお話で、原作ではありえない真っ暗なお話として書いていました。
 
なので。
 
二次創作という性質上、もしかしたら原作を無視する形になる可能性は非常に心苦しいですが、『これもひとつの想定された未来』ということで、書いていくことにします。
 
また、二次創作の醍醐味が「原作ではないカップリングもアリ」、「原作にはない設定もアリ」という自由さもあることが、今回の決断の決め手でもあります。
 
とはいえ、新刊以降の流れとそぐわなくても、既刊の設定からは外れないようにしていますので、読んでいる方にはご理解いただけたらいいなぁと思います。
 
 
 
私もね。
 
ひとみ先生の手で完結してもらえるなら、もう書く必要ないかも? とかちらっと頭をよぎったのです。
 
でも、二次創作だからといって、書きかけのものをほったらかしにすることはできないし、したくない。
 
また、鈴影さんの闇の部分をがっつり書いてみたいという気持ちもあります。
それを受け止めるユメミの姿も。
ヒロシや冷泉寺さんや光坂くんがどうするのかも。
 
 
それに、正直言って、新刊が出るまでの間、何もせずに待てませんよ(笑)
そわそわしちゃって(>_<)
 
なので、『紅い三日月の夜』と番外編はきちんと終わらせるつもりです。
 
二次創作の自由さ、醍醐味を堪能する意味でも、更新をやめることはしたくないなぁと思っております。
 
また、銀バラが完結しても、きっとその後のエピソードもまた気になるだろうとも思うのです。
 
そうなると・・・二次創作としての余地はまだまだありそうですしね。
 
 
 
しかし、私の更新停滞中の『サラマンドラの聖冠』は、これで完璧にお蔵入りになりました・・・・。
 
その分、今までの謎や伏線をすべてひとみ先生が明らかにしてくれることを楽しみにしつつ。
 
今夜はこのへんで、おやすみなさい☆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(14) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

うりうりこさま。

明けましておめでとうございます!

去年はうりうりこさまの創作に溺れた一年でございました( ´艸`)
今年もどっぷり溺れるつもりであります。
どうぞ今年もよろしくお願い致します!

てか!復刊!!

お知らせ頂きありがとうございます!

ビックリです。

そして考えました。
一瞬で答えはでました。

私は、うりうりこさまの「紅い三日月の夜」を読みたい。読ませて下さい。
どうか書いて頂きたいのです。

去年は私的に天地がひっくり返るようなことの連続でしたが、うりうりこさまのサイトへは毎日のようにお邪魔していました。

私にとって、うりうりこさまの創作は、そして書き続けて下さる努力と費やして下さる時間は、宝ものになりました。

私はうりうりこさまの物語が読みたいのです。
どうしても。

2013/1/3(木) 午前 2:05 [ すみれ ] <<コメントに返信する

あれー?

内緒コメと混じってしまいました(°°;)

オープンでよろしくお願い致します!

失礼致しましたー!

2013/1/3(木) 午前 2:20 [ すみれ ] <<コメントに返信する

うりうりこさま、こんばんわ★
昨日はリアルタイムで喜びを分かち合えてとても嬉しかったです(*^^*)
銀バラ復活\(^o^)/本当に嬉しいし生きてて良かったと思うんですが、もしかしたら、ひとみ先生が完結するなら…と、二次創作を止めてしまう方がいらっしゃるんじゃないかと、昨日からちょっと不安でしたが、こちらの記事を見て安心しました。
わたしはうりうりこさまの書かれる、ダークな総帥も、妄想力をかきたてられる美しい文章も大好きです!
これからも是非、うりうりこさまの世界に酔わせて頂きたいと思っています。
…なんだか何を伝えたいのか分からない文章になってしまいましたが(汗)これからも更新楽しみにしてると伝えたかったのです…

でも本当に、4月まで楽しみですね!
こんな喜びを共有できるなんて、ブログやってよかったぁぁ(>_<)
オフ会は厳しそうですが、チャットは是非参加させて下さいね〜!お身体お大事になさって下さい★

2013/1/3(木) 午前 2:29 ハト <<コメントに返信する

うりうりこ様、おはようございます。

私も他の皆様と同じように、うりうりこ様のお話の続きが読みたいです!
たとえ先生の書かれる設定と違ったとしても、続きが読みたいです。

二次創作の数だけ、設定があってもいいのでは?と思っています。創作した事のない人間の戯れ言ですがσ(^◇^;)
私はいろんな設定で、キャラやストーリーを楽しみたいです。

2013/1/3(木) 午前 9:11 [ よっちゃん ] <<コメントに返信する

序章は「総帥レオンハルト」で、毎月刊行、秋には一時お休みされるそうですが、一年間で完結される予定みたいですね。

緊張…

2013/1/3(木) 午前 11:42 [ すみれ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

すみれさま、いらっしゃいませ☆

いつも熱烈なコメント、書き手として本当に励みになります。
復刊&新刊のニュースで、とても嬉しくて嬉しくて。。。
しかし、未完であることから二次創作をはじめた私は、これからどうしようかな、とも考えることになりました。
でも、こちらの総帥&貴女は大人ですし、もし銀バラが20年前に完結していたとしても「こういう未来もあるかも?」という意味で書いていたかもしれないので、やっぱりきちんと書いていこうと決めました。
そして、やはり中途半端で終わらせるのはこうして楽しみにしてくださっている方がいて、自分も書きたい!と思える以上は書いていってもいいのだな、とも。
こうして後押ししてくださる方がいるおかげで、へなちょこうりうりこは頑張れます(≧∇≦)
すみれさまにはいつも素敵コメントと励ましを戴いてます、ほんとうにありがとう!!
そのうちチャットもオフ会もしたいですね〜( ´艸`)
今年は銀バラファンにとって激動の1年になりそう♪

続きます☆

2013/1/4(金) 午前 8:13 [ うりうりこ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

続きです☆

そして、新刊情報ありがとうございます!
うおー、4月まで持つのかしら、私の心臓。。。
それまでそわそわしながら、『紅い三日月の夜』をがんばって書いていきたいと思います!
とはいえ、今ちょっと熱が微妙に下がらなくて、しんどいので更新ができていません。
もうしばらくお待ちくださいね(>_<)

2013/1/4(金) 午前 8:14 [ うりうりこ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

すみれさま、補足!!

内緒コメントは、こちらでは解錠できないのですよ〜(>_<)
でも、しっかりお気持ちは受け取りました!
ほんとうに嬉しい(≧∇≦)
こうして二次創作をしていて報われるなぁと思える貴重な瞬間をいつもありがとうございます!

2013/1/4(金) 午前 8:15 [ うりうりこ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

ハトさま、いらっしゃいませ☆

『シャルルに捧げる夜想曲』の続きを書いていた書き手様達は、もしかしたら更新が止まるかもしれませんね。
私は幸いにも『ダーク総帥』の設定で大人のふたりの未来の話でしたから、なんとか更新してもよさそうな設定でよかったのですが。。。
正直、原作が出ることで安心して更新が滞るかも? という不安感もあるのですよ。
4月に新刊が手に入ったら、私どうなっちゃうんだろう、と。
でも、自分ひとりでPCに書いていただけでなく、多くの方に見てもらって励ましてもらって書いていたものを、途中で放り出すのはやっぱりしたくないしできないな、と。

私もブログをやっていなければ銀バラの新刊が出ることなんて絶対に気づかなかったですよ!
しかも集英社でなくて角川からですから、自分ひとりだったら本屋で見かけるまでは知らずにいたんだろうなぁ。
こうしてファンのかたとどきどきしながら新刊を待てるなんて、学生時代のリアル中毒の時のようで、とても懐かしく、またどれだけ自分がこの日を待っていたのだろう。。と驚かされます。

気にかけてくださってありがとうございます!
おかげ

2013/1/4(金) 午前 8:23 [ うりうりこ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

よっちゃんさま、いらっしゃいませ☆

そう言っていただけると、これからも頑張れます。
書かれていらっしゃるとおり、二次創作には「いろんな設定もアリ」なんですよね。
それこそ、マリナシリーズならシャルマリはその最たる物なわけで。
こうして原作と平行して二次創作できる日が来ると思ってませんでしたが、中毒再燃の時期にファンの方と新刊を一緒に待つことが出来るのも素敵なことですね!
よっちゃんさまも、いつも素敵コメントを戴いて。。。助けられてます、本当にありがとう☆
ただ、今ちょっと熱がでて体調が思わしくないので更新がなかなかできません。
もう少しお待ちくださいね(>_<)

2013/1/4(金) 午前 8:28 [ うりうりこ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

2013/1/3(木) 午後 8:41の内緒コメさま、いらっしゃいませ☆

今年もどうぞ宜しくお願いいたします!

内緒コメさまのそのコメント・・・鋭いですね!
ああ、そうかもしれません。あの時のファンが、編集部やひとみ先生に働きかけることが出来る世代になっているのですね、年齢的に。

そして、ビーズログ文庫もまたコバルトと同じティーン向けのようですし、そうなると大人のダーク総帥や、ふたりの夜の描写は可能性が低そうですね。
そういう面で考えていなかったので、目からウロコでした。
案外、読み手様のほうが冷静に状況が見えているのかもしれませんね〜(・∀・)
書き手としてはそういっていただけると、二次創作としてまだまだやっていけそうで、安心できるというか。。もう、いつもそうやって声をかけていただいて、書き手冥利につきます。
ほんとに、私ひとりで読むのがもったいないくらいのコメントをいただいてます、感謝です☆

4月の新刊までそわそわしつつ、一緒に銀バラを堪能していきましょう!
コメント、ありがとうございます(≧∇≦)

2013/1/4(金) 午前 8:34 [ うりうりこ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

2013/1/3(木) 午後 10:48 の内緒コメさま、いらっしゃいませ☆

おお!
お久しぶりです、お元気ですか!?
今年は銀バラファンにはたまらない1年になりそうです。
4月まで、動悸息切れが治まらなかったらどうしよう(笑)

いつも言っていることですが、こうしてへなちょこうりうりこは読み手様に支えられて活動しているのだなあと実感しました。
あくまで二次創作ですし、原作に到底及ばないのは承知しているので、原作が出てくれるのなら。。と活動の休止も頭をよぎりました。
でも、ここまで色んな方を巻き込んで書いていながら突然やめるのはねぇ。。できないですよ、絶対に。
それに、二次創作の醍醐味を考えると、カップリングの自由や設定の自由もある意味魅力なのですよね。
原作がどういう展開を迎えるにせよ、私は私の「鈴影さんとユメミのその後」を書いていけたらいいなーと思えるようになりました。
これも、内緒コメさまをはじめ、いつもご訪問してくださる方のおかげです。
4月の新刊まで、どきどきしながら待ちましょうね!
コメントありがとうございます!!

2013/1/4(金) 午前 8:42 [ うりうりこ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

おはようございます(*^^*)
何気なく遊びに来たんですが……
銀バラが復活する!と知って一瞬 目を疑いました
嬉しい!嬉しいです!
本当に待っていたかいがありました
またレオンさんに会える…… こりゃあ何が何でも生きてなくちゃ!

こんな私が言うのも烏滸がましいですが うりうりこさんの世界観は大好きです
続く限り読ませていただきたいですし 本編とは違う&できない設定が楽しめるのは二次作品のみですよね!
あんなダークで人間味に溢れているレオンさんは絶対にお目にかかれないですよ!
あ〜 4月まで心臓が持つだろうか(^^;) 削除

2013/1/4(金) 午前 9:29 [ カイコ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

カイコさま、いらっしゃいませ☆

そうなんですよ〜!!
20年も待った甲斐がありましたよ、うううう(T△T)
4月に近づくほど、挙動不審になりそうな自分が非常にコワイです(笑)

そして、私の世界観をそう言っていただいて、ありがとうございます!
やはり原作の鈴影さんがいちばんなのですけれども。。。銀バラファンも今は30代が多く、こういうダークな総帥もアリだといっていただけて、二次創作してよかったーと思ってます。
そして、いろんな形で表現するのもまた、二次創作の醍醐味ですものね。
原作がどうなってしまうのか、もうハラハラドキドキです☆
一緒にリアル中毒時代のように、発売を待ちましょう♪
あーん、愉しみ♪

2013/1/4(金) 午後 11:27 [ うりうりこ ] <<コメントに返信する

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事