オヤジたちよ一緒に走ろうぜ!

子供のころあんなに夢中だった自転車で風を切る快感。いま再び走り出すぜ!

ロードバイク

すべて表示

2017年度サイクルチャレンジカップ藤沢

 今年も来ました『サイクルチャレンジカップ藤沢』

イメージ 1

地元で開催される公道エンデューロレースです。

昨年はゴール地点を間違えて計測チップを回収して
正式タイムが公表できないという大失態でしたが
今年はコースを変更して対策してきました(笑)

6時30分に会場である慶応大学藤沢校舎の駐車場
開門と同時にブルーシートを交代ポイントの近くに
設置しメンバーの到着を待つのですが地元イベント
であるという安心感か、みなさん来るのが遅い。。

イメージ 2

今年、湘南浪漫からはソロ4人・2人組3チーム・
3人組3チーム・4人組2チームの総勢27人が
参加です。

会場を見回すと今までは参加していなかった横浜の
ペダリストや厚木のSBCなどのショップチームからも
多数の参加者が出ている。

湘南浪漫の速いメンバーでも表彰台が難しくなり
そうな感じですね。

  9時に藤沢市長のホーンと同時に一斉にスタート!

イメージ 3

数百人が狭い第一コーナーに殺到します。

このコーナー本当に狭い上にマンホールは有るし
横断歩道のペイントはあるし抜けた先には
グレーチングは有るしと危険この上なし!

危険なコーナーだなとは思っていましたが、まさか
2時間半後に自分がココで落車するとはこの時は
全く考えず(笑)


イメージ 4

MERIDAは、turboMANさんとよしのさんとの男女混成
3人組チーム。
第三走者なのでスタート後50分ほどで第一回の出走
です。
まず感じたのは去年よりキツイコースになっている。

交代ポイントから第一コーナーを過ぎて慶応大学構内
を抜けるまでの3%前後の坂が意外ときつく感じる。

また1周して大学構内に戻る登りのストレートもかなり
キツイ感じ。

イメージ 5

1周目でヘトヘトになるとアドレナリンが出てくるのか
2周目3周目と軽くなり次のよしのさんと交代。

50分後に第二回の出番が来て走り始めるが、
この辺でマジで走っているチームとレクレーション
レベルのチームが完全に2極化している。

走っていても遠くからラチェット音や風切り音が
近ずいて来るので後ろを見なくても速いのが
来たのが解るくらい。

イメージ 6

自分の受持ちを終わらせて休憩していよいよ
3回目の出走。
2周だけ頑張って最終走者のturbomanさんに
最終周を廻ってもらうつもりで走り始めた。

交代ポイントのストレートを抜けて第一コーナー手前で、
やたらに遅いローディーが前に居る。
タイミング的にコーナーで抜く事になり危険なので
真後ろに付いて抜けてから登りで一気に抜こうと
考えながらコーナーに入ると。。

                いきなりソイツはバンクしながら減速した!

イメージ 7

あわてて軽くフロントブレーキをかけた瞬間、白線に
乗っていたフロントが一気に滑って右側からバリアに
突っ込んでしまった。
腹を打ちながら上半身がバリアを乗り越えた形で
止まった。

幸い身体も軽い打ち身とロードバイクも壊れていないのでスグに走り始めた。
いよいよ最終走者のturbomanさんに代わる予定で
正門の坂道を登ると何とピットロードが閉鎖されている。

あらら。最後まで走らなければならないみたいだ(笑)

イメージ 8

仕方がないのでペースはボロボロだが頑張ってもう
1周まわり終了!
計測タグを回収箱に戻してブルーシートに戻る。

時間は12時なので表彰台に関係ない人達は次々に
帰って行く。

ヨッシーさんたちは湘南ライフタウンの人気ラーメン屋
夢中に行くとの事なので自分もシートを片付けてから
車で直行。

6人で美味しいラーメンを食べて終わったのでした。
イメージ 9

イメージ 10

 落車したけど楽しく走れて良い1日になりました(笑)






.


みんなの更新記事