ここから本文です
メタリングのミュージックライフ(時々映画)
メタル、プログレ、クラシック等の音楽と地味〜なイギリス映画が好きです
昨日の「David Bowie is」の中で、面白いものがありました。
これです、ジャーン
イメージ 1
ボウイ周期表!

回顧展のフェイスブックによると・・・
「この『THE PERIODIC TABLE OF BOWIE』は、ポール・ロバートソンというアーティストの作品で、V&Aの依頼からボウイを取り巻く人々の相関図を周期表に見立てて表現した、何ともクレバーでユニークな作品」だそうです。

ボウイとの関係性によって色分けされており、基本元素のところはボウイに影響を与えた人物、ボウイと(対等な)親交のあった人物。パントマイムのリンゼイ・ケンプから始まって、リトル・リチャードやエルビス・プレスリー、ボブ・ディランから友人のジョン・レノンやミック・ジャガー、アンディ・ウォーホル、ルー・リード、ミック・ロンソン。ベルリン時代の盟友であるイギー・ポップやブライアン・イーノ、ロバート・フリップにトニー・ヴィスコンティ。ジミー・ペイジやフレディ・マーキュリーの名前もあります。希ガスのところには妻であるイマン。他にも元妻アンジーなどなど。
ランタノイド、アクチノイドの部分には、ボウイから影響を受けた人物が列挙されています。レディ・ガガ、マドンナ、ピーター・マーフィー、ビヨンセ・・・。
ショップにはこの周期表のクリアファイルもあったらしいのですが、気付かなかった!残念。



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事