風のように生きる

しなやかに 爽やかに 淀みなく 風のように

ベジタリアンになろう!

[ リスト | 詳細 ]

ヴィーガンを楽しむ
記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

米国産牛 輸入緩和 消費者不安 解けぬまま(東京新聞「核心」) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo143/msg/483.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 2 月 04 日 00:20:01: igsppGRN/E9PQ

http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-7988.html
2月2日 東京新聞「核心」 :「日々担々」資料ブログ


 牛海綿状脳症(BSE)対策で実施されていた米国産牛肉の輸入規制が1日、緩和された。これまで感染の危険性を避けるため生後20カ月以下に限っていた輸入対象を30カ月以下にまで広げ、この規制緩和で輸入できるようにした牛肉は、今月下旬には店頭に出回る見込みだ。消費者の信頼を損ねずに、牛肉の消費拡大につなげられるだろうか。 
(伊東浩一)


■拡大

 東京都北区の西友赤羽店は、規制緩和に先立ち先月三十一日から米国産カルビ牛肉を、従来の百グラム百二十七円から九十七円へ、二割余り値下げした。

 売り場で買い物中の男性(62)は「牛肉が安くなるのなら、ありがたい」と歓迎。一方「心配なのでしばらく様子を見る。きょう買うなら国産牛」と話す女性客(66)も見られた。

 西友は親会社の米大手流通ウォルマートによる調達力を生かして米国産牛肉の入荷量を増やす見込みだ。今後、食品を扱う全店で平均25%の割引を続け、需要喚起を狙う。担当者は「おいしい肉を安く提供すれば消費拡大につながる」と話し、今年の米国産牛肉の売り上げを倍増させる目標を掲げる。

 ダイエーやイトーヨーカ堂も、米国産牛肉の輸入量を増やす考えだ。値下げについては「市場価格の動向による」(イトーヨーカ堂)。イオンは輸入牛の大半を豪州の直営農場から仕入れており、米国産牛肉の販売量を増やす予定はない。

■期待

 米国産牛肉は、輸入牛の中でも適度に脂が乗り、肉質が軟らかいとされる。吉野家ホールディングスの担当者は「再びあの味が提供できる」と、今回の規制緩和を歓迎した。あの味とは、BSE問題によって二〇〇三年十二月に米国産牛肉の輸入が禁止される前の牛丼の味だという。

 〇五年十二月、生後二十カ月以下の牛に限って輸入が再開されたが、入ってきたのは主に十五カ月前後の若い牛が多かった。「今後はもっと、適度に脂が乗った牛肉を提供できる」と期待する。

 一一年度の米国産牛肉の輸入量は十二万四千トン。農林水産省は、規制緩和によって輸入禁止前の〇二年度の輸入量(二十四万トン)まで徐々に回復すると予測する。ただ、価格については米国での飼料の高騰や、円安が進んだことを背景に、「大きく値下がりすることはないだろう」との見方だ。

■懸念

 しかし、消費者の米国産牛肉への不安は消えていない。輸入再開以降、米国から届いた牛肉の中に、BSEの原因物質がたまりやすい特定危険部位が混じっていたり、生後二十カ月を超える牛の肉が紛れていたりする問題が十七件起きているためだ。

 主婦連合会の山根香織会長は「米国のBSE検査体制や月齢、生産履歴の確認方法には疑問点が多い。規制緩和で消費者の不安は増すだろう」と話す。

 こうした消費者側の不安を、北海道大大学院の一色賢司教授(食品安全)は「BSE発症の危険性は小さくなっているが、日本政府が米国から催促され続け、国民の不信感を解きほぐさないまま、規制緩和に踏み切ってしまったことは問題だ」と解説する。

 規制緩和への対応を名古屋大の竹谷裕之名誉教授(農業経済)は「消費者の不安を解消するため、小売業や外食産業は産地表示や検査方法開示に努め、消費者から安全性を問われたら、詳しく説明できるようにしておくべきだ」と指摘している。

<牛海綿状脳症(BSE)> プリオンと呼ばれるタンパク質が異常化して中枢神経などに蓄積、脳組織がスポンジ状になる牛の病気。1986年に初めて英国で確認された。感染牛の肉や骨が原料の「肉骨粉」を飼料として与えたことで感染が拡大したとされる。日本では2001〜09年にかけ計36頭の感染が判明している。人にもまれに感染する「人獣共通感染症」で、人の場合は致死性の変異型クロイツフェルト・ヤコブ病を発症する。


       ◇

牛肉輸入緩和を通知、国内検査も見直し BSE対策で厚労省
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130201/trd13020115440013-n1.htm
2013.2.1 15:43

 厚生労働省は1日、牛海綿状脳症(BSE)対策で実施している米国産牛肉の輸入規制を、牛の月齢で「20カ月以下」から「30カ月以下」に緩和する改正通知を検疫所長に出した。

 カナダとフランスからの輸入も「30カ月以下」とし、オランダは同国の意向で「12カ月以下」とした。フランスとオランダについては、日本はこれまで輸入を認めていなかった。

 また、同日付で省令を改正し、国内の食肉処理場で実施しているBSE検査の対象を「21カ月以上」から「30カ月超」に引き上げた。施行は4月1日。


関連記事
米国牛輸入制限緩和は安倍訪米の手土産か (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo143/msg/407.html

この記事に

開く トラックバック(0)

米産牛肉、輸入緩和を決定=来月実施―厚労省

転載元:時事通信 1月28日(月)16時24分配信
 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会は28日、BSE(牛海綿状脳症)対策について議論し、米国産の牛肉輸入規制を2月1日に緩和する厚労省案を了承した。輸入できる月齢を現行の「20カ月以下」から「30カ月以下」に引き上げる案で、厚労省は同審議会の了承を踏まえ正式決定した。
 厚労省によると、現行の20カ月以下では、米国で食肉処理される牛肉で輸入対象となるのは半分以下だが、30カ月以下に緩和すると9割以上が輸入可能になる。 
 

この記事に

開く トラックバック(0)

溺れそうな子ヤギを助けるブタ
 
このブタくんだけが、とくべつなのではないようですよ。
英国では飼い主を助けるために人を呼びに行き、いのちを救ったブタが表彰されたそうですから。
 
もともとブタは清潔好きで、知能もイヌ以上。
およそ人間の3歳程度との研究結果が。
 
ちなみに我々が普段食べているお皿の上のブタ肉も、このブタさんと同じです。
 

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

転載元:本当の食品 放射能汚染http://kaisyosite.blog135.fc2.com/blog-entry-463.html

 

【放射能】神奈川県の豚肉「桜もち豚ももかたまり」からセシウム

【神奈川県の精肉「桜もち豚ももかたまり」からセシウム】

7/24マルエツ公表の放射能の検査結果によれば、
神奈川県産の豚肉「桜もち豚ももかたまり」から、
1キロあたり9・9ベクレルの放射性セシウムを検出したということです。

加工日は7月15日とあります。

(ソース)
・マルエツのHP:取扱食品の放射性物質の自主検査結果報告書(PDFファイル)
 (2012年7月24日)
 
http://www.maruetsu.co.jp/brand/pdf/kensa120724.pdf

なお、今回の検査の放射線測定器については、NaI(TI)シンチレーションスペクトロメータとされています。


【福島のセシウム汚染の豚肉、「稲わら」が原因】

福島県産の豚肉から、5月に基準値を超える放射能汚染が検出されました。
福島放送などの報道によれば、原因は「稲わら」だったようです。

豚は何でも食べてしまうので、放射能汚染の対策が難しい面もあるようです。
 
以上転載部分終わり
 
この際、生活習慣病予防、美容、環境保全、飢餓、どれを取っても効果てきめんのヴィーガンに挑戦しませんか。
 
出処がはっきりしているという意味では、野菜、果物、種実類、穀物類のほうが安心では?
肉、魚は、その餌まで特定できませんから。
 
それに、肉や魚、卵、牛乳など、動物性食品をいっさい摂らないほうが人は健康に生きられるのだから、何も無理して食べなくても。。。
 
そんなのウソ!
というあなたには最新の医学論文をちょっと調べてもらって、、
と言っても長くて難しいので
「葬られた第二のマクガバン報告(The China Study)」や、「100歳まで元気に生きる!」などの良書が日本でも翻訳出版されていますのでお勧めします。


この記事に

開く トラックバック(0)

 
たった数週間、数ヶ月限定で、屠殺目的で、良い環境で育てることが人道的なはずがない。
 
動物に感情がある限りそれは不可能。
 
たとえばブタも、犬と同じだけの知能があるが、それではなぜ、犬を食べるのが残酷で、豚を食べるのは平気なのだろう。
 
それでは植物は?
植物だって感情があるだろう?
 
よく質問される。
 
そう、だから、フルータリアンという人たちがいる。
実だけを食べる。根の付いたものは犠牲にしない生き方。
 
たしかに色々な生き方がある。
 
けれど人間は、動物性食品を一切摂らなくても、もっと健康で、もっと美しく、もっと環境によい生き方ができるという証拠が山ほどあるとしたら?
それに関する山のようなエビデンスも出されているとしたら?
 
ちょっと調べてみると、ほんとうの情報は簡単に手に入る。
 
それではなぜ、わざわざ無駄な殺生をして、肉、魚、つまり、命を奪おうとするときに
自分の意志で逃げることのできるように自然が創ったものを、むりやり捕まえて食べるのだろう?
 
いただきます、という言葉は、命をいただくことへの感謝だよという言い訳を簡単に信じるのだろうか?
 
 
 
 ポールマッカートニー氏も言うように、「屠殺場がガラス張りで中がすっかり見えるなら、誰だって肉を食べられなくなる」。
 
 
今、世界中で、週一ベジーデーが盛んだ。
日本だけがその輪の外にある。
 
なぜだろうか。

 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事