ここから本文です
ちょっと港へ行ってきます!
とうとう客船系のネタを独立させちゃいました!
イメージ 1

3月23日木曜日、五日市岸壁へ伊コスタ・クルーズの「Costa Atlantica」が入港しました。
コスタのフリートはこれまでも入港予定に上がることはあれど、実際に寄港するのは初めてではなかったかな?

ところで今回の寄港、予定されていたけどギリギリまで調整がつかなかったのか、それとも中韓関係の悪化などの理由でクルーズの目的地が変更されたのか、とにかく入港の発表があったのは数日前のこと。
早くからわかっていたら有休を取るところですが、忙しい年度末ですから直前に休むわけにもいかず。もっとも、「〜Atlantica」は一度博多港でお目にかかっているので(コチラ)、今回は諦めることにしました。

とは言いつつも、この日の仕事はどうにか18時に切り上げることができたので、出港だけでも見に行くことができましたよ〜♪

イメージ 2
カメラを構えたのは仕事場から15分ほどで行ける夜景スポットとして有名な高台の某公園。
日没後のマジックアワーも終わり頃からの撮影ですが、対岸の宮島も薄っすらとブルーモーメントに浮かび上がってイイ感じでしょ?

イメージ 3
外国客船にしては珍しく、予定時刻の19時ぴったりに離岸を始めました。

ちなみに、今回も期待していた花火は上がらず…。
まぁ準備もお金もかかるし、急な寄港なら仕方ないですわね。

イメージ 4
少し速力が上がるともうブレて撮れたもんじゃないので、これにて打ち止め!

国内発着のクルーズも数多く催行していながら、なかなか広島には寄ってくれないコスタの客船ですが、これを機に寄港回数が増えてくれると嬉しいですね。


「Costa Atlantica」
全長:292.56m 全幅:32.20m
総トン数:85,619t
船客定員:2,680名
2000年竣工


この記事に

イメージ 1
今年も広島へお越しくださった「Queen Elizabeth」。

今年も岸壁での歓迎イベントや船内見学会が実施されましたが、船内見学は 抽選に外れたので 昨年に体験済みなので他の希望者に権利を譲ることにし、日中はチョット浮気して、この日被った海上自衛隊の幹部候補生学校卒業式での練習艦隊の出港を見届けるのに江田島へ。

帰る道中、思ったより呉市内の流れが悪く、広島市内へ戻って五日市岸壁へ到着したのは出港予定の17時30分まであと15分といったところでした。

イメージ 2
結構ギリギリかと思ったのですが、乗客の皆さんの帰りが遅いようで、出港までまだまだ時間がかかりそうです。

イメージ 3
船首の赤い「CUNARD」の文字。小さく書かれているようでも、こうして見ると結構大きいです。

イメージ 4
ふと見上げると、ブリッジから信号旗が垂れ下がっています。「1」を意味する旗のはずですが、日の丸のつもりで出してくれていたのなら、なかなか粋な計らいですね。

イメージ 5
日中はクルーズセミナーとか物販とか、色々とイベントが行われたようですが、出港時は広島県警音楽隊の演奏が行われました。

イメージ 6
乗客の皆さんも演奏の曲ごとにスカーフやらタオルやら振り回して、結構ノリノリでしたよ(笑)。

イメージ 7
なかなか予定通りに出港しないのは外国客船にありがちなのですが、夕陽もそろそろ沈みつつあり、このままだと明るいうちに出港してくれるのかチョット心配。

イメージ 8
客室に大麻を所持していた乗客が連行されるとか、すったもんだがありましたが、6時を過ぎてようやくタラップが格納されました。

イメージ 9
エスコートするのは入港時と同じこの2隻。
船首側には「ひろ丸」。

イメージ 10
船尾側には「珠島丸」。

この2隻もスタンバイOKです!

イメージ 11
予定時刻から遅れること40分、少し低いが品のある3つの汽笛とともに岸壁から離れ始めました。

イメージ 12
全長300m弱、ようやく全体がフレームに収まるくらいまで離れたところで回頭が始まりました。

ちょうどこの頃に音楽隊の演奏も終わり、その返礼でしょう、もう一度長音が3つ鳴り響きます。
こういったやり取りって、何かイィですよね。

イメージ 13
後姿はやっぱりヴィクトリアの方が良いかなぁ。ろそろそヴィクトリアにも来て欲しいなぁ。

イメージ 14
「Queen Elizabeth」× 宮島
「珠島丸」が被ってるのは愛嬌ということで…。

イメージ 15
真後ろショットいただきましたが、堅気のギャラリーからも「真四角」って言われてました(笑)。
船は『女性』なんですから、やっぱり丸みがあるデザインの方が『らしい』ですよね。

イメージ 16
夕焼けの瀬戸へと出てゆくシーンを期待していたのですが、宵の口も悪くないもんです。
白と紺のコスチュームを纏ったキュナードの客船は、瀬戸のしまなみの風景にも似合うと思いませんか?

結局、来島海峡の通航どころか花火が上がることもありませんでしたが、今年も寄港してくれただけでも光栄なことですね。

キュナードのサイトによれば、来年のワールドクルーズでも日本各地への寄港、瀬戸内海や関門海峡の通航も予定されています。
あまりあっちにもこっちにも寄港されると、何だかありがたみが薄れてしまいそうですが(笑)、来年はどこで撮ろうかと今から楽しみです。

また来年お会いするまでUW…航海のご無事をお祈りします。


この記事に

イメージ 1

勢いで長崎まで来てしまいました!

しかし、一週間ほどの間にキュナードのフリートが2隻も来るなんて、エラい時代になったもんだ!

詳細はまた後日…。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事