多肉植物&サボテン

我が家の多肉植物&サボテンを紹介しております。

全体表示

[ リスト ]

私が考える多肉植物の育て方〜管理編・水やり〜

多肉植物にとって水やりは重要なポイントです。普通の草花は毎日の水やりが大切ですが、多肉植物は過剰な水やりで根腐れを起こしやがて株全体に広がります。
私の場合は春と秋の成長期には1週間に一回、夏は腐れの被害が多いので2週間に一回あるいは状態を見て1ヶ月に1回、冬には断水したり、月一度の水やりで済ませています。
鉢の中が長い間濡れていると良くないのでなるべく晴れた日の朝に水やりをするのがお勧めです。
エケベリア等ロゼット状になっているものは芯に水がたまらないように注意して腐れを避けましょう。
種類によって成長期が異なりますので、その種類の成長期を把握することによってより上手な水やりができます。
めんどくさがり屋な私は大きく分けて春〜秋に成長するもの(エケベリア、ガガイモ類、セダム、クラッスラ、ユーフォルビア、ハオルチア等)と秋〜冬に成長するもの(コノフィツム、リトープス、アドロミスクス等)に分けています。夏は特に要注意ですので基本的にすべての種類において水はかなり減らしています。
 
春には多くの植物が成長しますので鉢底まで乾いたらたっぷりと水を与えます。
大切なのは鉢底からから流れ出るまで与えること。多肉植物は一般の観葉植物のように葉水ではいけません。
夏には水やりの回数を減らすと腐れ死の被害が少なくなります。鉢底まで乾いていても我慢して成長を留めるのが良いと思います。1か月に一回の水やりで十分だと思います。ただし夏休眠の種類は断水しても良いと思います。
夏に休眠していたものも動き出す時期です。
はると同じく鉢底まで乾いたらたっぷりと与えると冬を乗り越えるための力が付きます。
氷点下になると凍死の恐れがあります。凍死しないためには加温するのが一番ですが、水やりを減らすのも大切です。植物の水分を減らすことによって凍ることを避けることもできます。
水やりは晴れた日の朝にたっぷりと与えるのがよいです。月に1回のペースでよいと思います。ただし成長期の植物には鉢底でまで乾いたら与えるとことをお勧めします。
 
まとめ
 
水やりは晴れた日の朝
過剰な水やりで根腐れを起こす
種類の成長期を知ることで管理がしやすくなる
夏場はすべての種類において節水
芯に水がたまらないように心がける
イメージ 1
 

「私が考える多肉植物の育て方」書庫の記事一覧

閉じる コメント(1)

顔アイコン

すごいで量の多肉ですね。自分なりに培養土の粒子のサイズは決めました。まだまだいろいろ培養土の種類はあるので使って研究します。 削除

2012/7/11(水) 午前 10:10 [ キム ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

ガーデニングカテゴリの関連記事

もっと見る
Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者1181474
ブログリンク04
コメント023
トラックバック00

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事