そうさいにっし

死別日誌過去ログ 2006.03が一番古いです。ジオログであったため古い記事からお願いします。プロフに詳細あり。
たくさん泣いて
たくさん悔しくて
たくさんさびしくて

あの日と 変わらない想いのまま

2013も終わります。

最初は いつかこの「そうさいにっし」を
閉鎖しようとおもってました。でもね
まだ気持ちは記事削除には至りません。

ちっぽけなわたしの生涯の中で
亡夫と出会って突然死別するまでの
13年間は 2度ない 貴重な時間でした。
コンプレックスの塊みたいな私の
手を とってくれて カン太とメイを
わたしのところにおいて いってくれました。

これからも 実は 結構泣いて
悔しくて悲しくて

でも


うん ここ 凍結します。
今しばらくは日常日記のblogに
リンクをおきますが いつか消すことが
できる気持ちになったら そっと消します。


今 手の届くところに 大切な人が居る人が
本当にうらやましい。でもね がんばってみるよ
だいじょうぶ 多分(笑)

今までありがとうございました。


みかんとあそぼ♪
2013.12.30

この記事に

開く コメント(0)

オモテ にも かきましたが ゆーちゃんにヤラれてます。
旦那殿 今年のお盆は 盛大に墓掃除から迎えにいきますぞ(笑)

意見には個人差がありましょう 
でもね 私には 響きすぎで ひたすらにダダ泣き

どんなに はなれてたって
どんなに あえなくたって

絶対 笑顔で なんとか がんばってやる!!

と また想いなおしました。

さびしいけどね。
会えないまんまの毎日はね。

ゆーちゃんの 音楽は私には元気をくれるのさ。
意見が違う方もたくさんいらっしゃるようだけど
いいの 申し訳ない あたしゃ そういうおばちゃんです。

++ 遊助くんの「He is me」はこちらから ++

♪どんなにはなれてたって なんとか大丈夫…

♪どんなにあえなくたって なんとかやってる…

♪いつでもここにいる いまでも楽しんでるから…

この記事に

開く コメント(0)

なつ

また なつがきた

亡夫と出会って結婚するまでの夏は1コだけだったんだけど
誕生日に一番近かった一緒のお休みに 最寄駅ではない
イッコとなりの駅前でまつように言われた。

うん

もう 大昔の話。


よくわからないまま でかけてみたら
抱えきれないくらいの おっきな花束もって立ってた。

もうね 今 思い出すと笑っちゃうけど
一生涯 そんなバカなことする人 亡夫しか
いないってわかってるから うっかり思い出して

ばかばかしいくらい うきうきしてた夏をおもいだす。


ばか だよね 自分。


ま いっか。
なんで ここにいるのかわからなくならないように。
そんな日も あったことを 書いてみたくなっただけ。


アホだよね 自分。

この記事に

開く コメント(0)

ええと ^^;

♪恨みは水に流したまえ と 

彼の君も歌っていらっしゃいますが
あたくし なかなかに執念深いもので

許せないままのことが あります。

「旦那さん死んじゃってるんだからいいわよね」

という フレーズを ときたま使われます。
意味がわたしには まったくわかりません。
こういう言い方をする人への怒りかたも忘れてしまいました。



「いいじゃない これからどう夫婦ですごすとか考えないですむんだし
 いいなあ うちもどっかいっちゃってくれないかしら」


は??? はー???? もう しらんよ。



いろんな人がいます。
こういうこといいにくる人には
なにか事情があるのでしょうね でもね

まあ きっと 人の命は長さ最初からきまっていて
それは私たち自身がしらないだけで だから
なにを言われても どうもないけれども


本当に凍りつくんだよ。
修行がたらないか (~_~;)


大丈夫。
自分は 言わない。



この記事に

開く コメント(0)

ええと あんまり真剣に向き合わないようにすごしてました。

年末に職場でいろいろあって めためたにまた忙しくなって
ばばあ 扱いされて いや本当にふけてるし仕方ないんだけど
ミタメが 汚いからいろいろあるのに 気が付けば
バカにされながら頼りにされる という(笑)
使いやすいばばあ を 自ら選んでおり
それでも 亡夫があれほどそれより前の職場より
採用されたとき喜んでくれて 急逝した日も
私はあの売場で仕事していた。あの 子どもたちからの
電話のときすらも。正社員ではないしでも おいてくれてる
それだけでも感謝だから なんだって やってきたけど
このまま大丈夫なのかなーと 思いつつ

忙しいと そんなに旦那のいない時間を
寂しいと思わなくてすむのですが どかーんと
キテしまうともう 浮上できません(笑)

いや いい歌なんだけどね 

そう なんかもう亡くなってるのに
多分元気なんじゃないの?と思うのは
変なんだけどさ やっぱり なんか
まあ この原曲は 生きてるなくした人なのかもとは
思うんだけども うん ごめんなさい。

どんだけ泣いてももう 逝ってしまった本人の心とは
かけ離れたところで私自身が手前勝手に泣いてるだけだと
自分の 不安だけなんだと わかっちゃてるのに
アホなもんで おそらくもうこの状態より
振り切ってしまうことは できないだろうとおおよそ
自分でわかっていて あはは ダメだ今晩は^^;
ま でも仕事は今日もがんばるから許してくださいな。

========================================================

幸せですか、元気でいるねきっと
僕が愛した人だから
温もりを決して忘れない君の
面影色褪せない

一つだけ残った心の愛は
今はなき君のもの
十三夜

さだまさし 作詞 「十三夜」より歌詞一部引用

==================================================


Gyaoで 鈴木雅之さんが歌う「十三夜」配信してるのね♪ ギター、まっさん

 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事