テイスティングコメント

すべて表示

Hermitage / du Colombier

イメージ 1
 
ここ数年来様々なルートを介して購入しているのがコロンビエールのエルミタージュ。
1999VTを試した時の感動は今も忘れてはいない。熟成を重ねて味わいの要素の全てが調和している優しさ、柔和な果実味が爽やかなアロマと共に鼻腔を抜けるのが官能的でさえあった。J.Lシャーブの場合はもっと華やかな香りが前面に出るのだがコロンビエールはあくまで慎ましやかな印象で一年を通してのベストワインと思った。
 
ま〜たタマタマ1995VTが海外在庫市場に出てるじゃないか!って年末に発見。直ぐ様ズベて買い入れ・・・って言ったって6本しか無いのが悲しいけどね。さてさてこれが如何様なるパフォーマンスを演出するか?でコロンビエールと言う造り手に対し真摯な評価ができそうだ。

その他の最新記事

すべて表示

2016年現在のRAYAS銘柄の価...

2016/4/5(火) 午前 0:39

ラヤス銘柄の高騰が酷い、とこのブログでは再三述べている。一昨年にCave de Oyaji店頭でラヤスのバックビンテージを販売した際の価格と最新のラヤスの諸々のワインの上代価格を比較するとその違いは歴然、と言うか馬鹿馬鹿しいほどの差異である。 2007年シャトーヌフ・デュ・パプ ¥48,000 ピニャン ¥26,000 フォンサレット ¥16 ...すべて表示すべて表示

ワインのスタイル考40「Chate...

2016/4/5(火) 午前 0:24

ラヤスやボーカステル、アンリ・ボノーなんて皆追いかけるがそれは本当の意味でスペシャル・キュベの範疇であってそうそうお気軽に楽しむ性格の銘柄では無いだろう。 ローヌのワインを十二分に楽しむ事を目指すならばスタンダードなCNDPを10年ほど寝かせて飲むのが最も安上がりでもありお気軽な手法なんだけどね。皆、市場に出てくるとさっさと飲んじゃうでしょ?それが間違 ...すべて表示すべて表示

シダンゴ山トレッキング

2015/1/5(月) 午前 1:56

年末、それもクリスマス直前の天皇誕生日が余りに 良い 天候で丹沢山系のシダンゴ山を尾根つたいに縦 走して来た。 小田急線の新松田駅で下車、路線バスで寄(やどりぎ)行の終点まで30分程である。此処には登山路を印刷したパンフレットが入手出来るビジターセンターもある。 要注意なのがトイレでシダンゴ山のハイキングコー ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事