ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫全体表示

イメージ 1

行合の空(ゆきあいのそら)

夏の入道雲と秋の鰯雲。去る季節と訪れる季節が一つ空で行合う頃。
季節が行合う空の下では、蝉の声に混じって秋の虫の声が聞こえ始めているはず。

■古今集の夏歌の最後は

  夏と秋ゆきかふ空のかよいぢは
    かたへすずしき風や吹くらむ  『凡河内躬恒』

 夏の雲と秋の雲が混在するように、空では夏と秋が行き交っているのが今の
 時期のようです。
 このような時期を表す言葉に「ゆきあい(行合)」という言葉があります。





処暑(8/23)

「暑さが止む」の意味の処暑。
夏の暑さも薄らぎ始め、秋の気配を感じる頃。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事