全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

今日はヒマワリの豆知識です。

皆さんはヒマワリと言えばどのような光景が思い浮かびますか?

僕はちょっと目をつぶってイメージしてみたのですが、
幼稚園のヒマワリ畑で大きな花に圧倒されつつもせっせと種を食べている
光景でした。(当時は種とかスリッパとかなんでも口に入れてました。(^▽^)/)

とにかくひまわりは印象的なお花です。
ヒマワリ畑の迫力は一度見たら忘れられません。
ゴッホの「ひまわり」なんかを連想する人も多いかもしれませんが、
ゴッホに限らず、古今東西ひまわりに魅せられた人は後を絶ちません。

英名のsunflowerからも想像されますが、古代インカ帝国では太陽の花と尊ばれいました。
そして、時が流れ、コロンブスの新大陸発見によって
大西洋を渡ったヒマワリはヨーロッパでも太陽の花として人気を博すようになりました。

フランスのルイ14世は「太陽王」の名の通り“ 太陽の花 ”ひまわりをこよなく愛し、
自分の紋章に向日葵をあしらいました。
その名残でベルサイユ宮殿の正門には今でもひまわりが植えられているそうです。

最近、僕は癒し系のアイテムにばかり目が行ってしまいがちですが、
休みの日には写真のようなすがすがしい向日葵の光景を見に行って
スカッとするのもいいのかもしれませんね。

太陽をジッと捉えて離さない向日葵の力強さがうらやましくもあります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事