オーガニックマイムJIDAI の「身体」「表現」考

オーガニックな身体の使い方、表現についてのいろいろ。時々、甘いもの。

表現って

すべて表示

「技法」と「作品」

今回のプレゼンテーションで
「アートマイムとは?」

をお話させていただきましたが、
気をつけなければいけないことがあります。


それは


「技法」と「作品」を


分けて考える必要がある


ということです。



前々回の記事でお伝えしたように、

技法は、

全ての人に開かれています。


感情と身体の繋がりといったものまで含めて、です。


これは、普遍的な感覚を扱っているが故です。


固い、重いといった、物理的、肉体的なものでも、
怒る、悩むといった、感情的、内面的なものでも、
その本質的エネルギーは、誰にでも共通です。

(「悩んでいるとき、頭の中が澄み切っている」は成り立たないということです。)


一方、
作品は個人的なものです。

JIDAIの作品は、あくまでJIDAIの世界の表れであり、
アートマイムが必ずしも、

このような世界を表さなければいけないということではありません。

私JIDAIは、他の誰かがアートマイムで、
私とは全く違う世界を見せてくれる時が来るのを、
楽しみにしているのです。


そんなことを踏まえて、こちらの感想をお読み下さい。

JIDAIがアートマイムという技法で生み出す世界に対して、
(私の耳に入ってくる範囲では)
多くの方が、この方のような感覚になっているようです。

....................................................................................


JIDAIさんのアートマイムを観た感想、、、
これが難しいのですよね。

言葉にすると多すぎて、それでいて足りない、、、
と云うだけで無く、

アンビバレンスな感情や感覚が多分にあるのです。

(※アンビバレンス・・・
同一の対象に対して、相反する感情を同時に持ったり、
相反する態度を同時に示すこと。
「両価性」「両面価値」)


今回の 作品『切(せつ)』 で云うと、


主と従、支配と依存、目的と手段、理解しているが止められない、

美と醜、堕ちていく悦楽 etc… 


様々な感覚、感情が湧いては消えて行きます。


この相反すると思われている様な事柄が、
実はそうでは無いのでは、、、
と云う考えになってしまうのです。

上下関係、二項対立、と云うツリー状などでは無く、
リゾームで地下茎の様に複雑に入り組んでいて、

特定の中心は無く、全ては並列的である。

(※ツリー・・・
一つのものから派生していく系統図のように、
上下関係や二項対立の特徴を持つ、
整然とした階層構造。)

(※リゾーム・・・
階層、中心、始まりや終わりを持たなず、不
確定な状態にある諸要素が相互横断的に錯綜した
ネットワーク構造。)


今までの価値観が変わってしまうのです。

これを言葉にする事は難しく、
言葉にするなら新しく言葉を作らなければなりません。
もしくは非言語での提示。

初めてアートマイムを観た時、
思考停止の様な感覚になったのはこの事があったのかもしれません。


アンビバレンスともう一つ、毎回感じる事があります。


それは "問われている" と云う感覚。


作品の内容から来る物も勿論ですが、
根源的な生を問われているような感覚です。

漫画"北斗の拳" のケンシロウの、


「お前はもう、死んでいる。」(お前は生きているのか!)


と同じで、ある種、畏怖の様な感じがあります。


なので公演の後、毎回少しへこまされます。
まあ、圧倒的なんですよね。
だからこそ足を運んでしまうのですけど。



....................................................................................

以上です。

現状、アートマイムの作品はJIDAIしか発表していないので、
どうしても、アートマイムの世界=JIDAIの世界
と捉えられがちですが、そんなことはないのです。



いえ、そんなことがあってはいけないのです。


(同じ世界観であっても、構成などの見せ方が異なるということはあると思います。)


JIDAIの世界は世界として、
アートマイムという技法に興味をもって、身につけたい!
と思っていただけたら、うれしいのです。


※ 2月14日発売の武術系雑誌『月刊 秘伝』3月号で
丹田特集の記事のひとつを、書かせていただきました。
ぜひ、手におとり下さい。



※ 先日の公演 作品『切(せつ)』の写真です。




公演


5月31日
       

『マイミクロスコープ 

〜夜のアートマイム劇場〜』

  





ワークショップ




2月12日 

『つながる身体(相手とつながる  物とつながる)

https://www.facebook.com/events/203205220152085/




2月16日
 

『声(音)を身体に響かせる





2月19日
 

『痛めない膝

https://www.facebook.com/events/156025344886610/





2月23日
 

『なめらかに動く(コンタクト・インプロのように)





2月25日
 

『自分の音と呼吸に触れる
https://www.facebook.com/events/1858790524363536/



  
2月26日 

『原始歩き同好会




     
  
2月26日 

『刀と体捌(さば)き

https://www.facebook.com/events/1783096958633121/


3月のワークショップ情報は

下記レッスンサイトで


『和の身体』『バレエ(西洋)の身体』

など、ご活用下さい。



     
               
レッスン


Body,Mind&Spirit 

本当の自分の身体は天才だ!







マイムから心と身体の平和を


ホームページ 

Twitter  
ORGANIC_JIDAI

Facebook 


日本アートマイム協会

ホームページ 

その他の最新記事

すべて表示

運動でも踊りでも、歌でも楽器演奏でも、 科学的・物理的な理論 って、 どれくらい有用なのでしょうね? 例えば、発声に関して、ほんの少し勉強するだけで、 やたらと細かな人体の仕組み・作用の話が出てきます。 ...すべて表示すべて表示

教わる側は、指導者の言葉よりも、 指導者が見せる動き、あるいは、 聞かせる音に 大きな影響を受けます。 例えば、 今月14日発売の 武術系雑誌『月刊秘伝 3月号』 で 特集で ...すべて表示すべて表示

身体は、ある意味で、自分から見て 他者 です。 自分の思いで 一方的 に、身体を動かそうとしていないか? 思うように動けないのは… 身体に対して攻撃しにいっているのかもしれません。 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事